季語/秋耕(しゅうこう)を使った俳句

「秋耕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋耕」について

【表記】秋耕

【読み方】しゅうこう

【ローマ字読み】shuko____

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋耕を含む俳句例

秋耕は鍬の気侭に鳶の笛/松浦釉

秋耕の人に蹤く犬白と黒/杉本寛

秋耕や流るる如き鍬使ひ/西山泊雲

秋耕や風が煽れる畷の火/渡辺文雄

秋耕や芋づるもやす傍に/高浜虚子

夜明前なる秋耕の影動く/山田弘子

秋耕と古墳発掘一つ野に/井沢正江

孫の車来て秋耕の老帰る/小林波留

秋耕の弁当置くや溝の花/久米正雄

秋耕や四山雲なく大平ら/村上鬼城

秋耕のみち通じたる山泉/飯田蛇笏

秋耕の踏みゆく土に女の目/飯田龍太

秋耕の畝が入りくる家の中/宮坂静生

秋耕に放たれてあり紀州犬/山本洋子

秋耕の畔木に啼きて四十雀/石原舟月

秋耕の大地温か知命越ゆ/柴崎左田男

秋耕や馬いぼり立つ峰の雪/村上鬼城

秋耕や醜草土にくつがへる/高濱年尾

大いなる夕陽秋耕の鍬掬ふ/古市絵未

秋耕やも一畝と打ちすゝむ/高浜虚子

俳句例:21句目~

秋耕や胡藤黄なる遠並木/楠目橙黄子

秋耕の鍬軽やかに揃ひけり/松藤夏山

秋耕の鍬はねかへす旱かな/河野照代

秋耕のもろ乳垂るる嫗かな/松村蒼石

秋耕の一人となりて鍬光る/武嶋一雄

秋耕の遠くよりきて泉掬む/飯田蛇笏

秋耕の了りし丘を月冷やす/野澤節子

秋耕の父よ落日へ横すべり/遠藤秀子

秋耕の人大きさよ川向ひ/楠目橙黄子

蠅つるみとぶ秋耕の焚火空/飯田蛇笏

貧いさぎよし秋耕の鍬火花/津田清子

門内や秋耕の馬十五頭/竹下しづの女

秋耕に八角堂を置きにけり/大峯あきら

秋耕のおろそかならぬ音つづく/下田稔

秋耕のかへりゆく家野に見ずも/及川貞

秋耕のつぶさに移る日影かな/松村蒼石

秋耕の人に宇陀川瀬をはやみ/橋本鶏二

秋耕の打てばそばから乾く土/小林雑艸

離宮裏秋耕もまたしづかなり/丸山哲郎

秋耕の畝日と影と日と影と/後藤比奈夫

俳句例:41句目~

秋耕の終りの鍬は土撫づる/能村登四郎

秋耕の馬たくましや石狩野/大橋櫻坡子

秋耕の馬に銃創ありにけり/大橋櫻坡子

秋耕やあらはの墓に手向花/水原秋櫻子

秋耕やかそけく峡に老ゆるひと/及川貞

秋耕や火走る石にさはりけり/皿井旭川

秋耕や終りの鍬は土撫づる/能村登四郎

秋耕や雪ひだまでも見ゆる不二/及川貞

愛犬を乗せ秋耕のトラクター/麻植裕子

海荒れる日は秋耕の島ぐらし/山本圭子

秋耕にたゆまぬ妹が目鼻だち/飯田蛇笏

秋耕の石くればかり掘つてゐる/安東次男

秋耕の馬のうしろを畝をどり/長谷川素逝

秋耕の吉野へ来るや紀伊の雲/大峯あきら

秋耕の蓑うちはねて立ち憩ひ/島田みつ子

秋耕のひとりに遠きひとりあり/田村了咲

秋耕のときに顔あげ火炭曇り/宇都宮豊子

秋耕や山が目覚めてゐるうちに/堀川旦州

秋耕や牛のふぐりはきらきらと/加藤楸邨

秋耕の一人に瀬音いつもあり/深見けん二

俳句例:61句目~

対岸にドイツの秋耕きらきらす/奈良文夫

ゆきもどり秋耕やすむ手を見ずも/及川貞

秋耕の牛叱るこゑ炉にきこゆ/金子伊昔紅

秋耕や雲ながれきて日をつつむ/橋本鶏二

ばさばさと秋耕の手の乾きけり/飯田蛇笏

秋耕や高嶺を四方にしりぞけて/橋本鶏二

秋耕のふるさとびとに声かけて/宮本唯人

秋耕の夜の手に辞書の紙うすし/平畑静塔

秋耕のひゞきやすさよダムの上/馬場移公子

秋耕やこれから豆を蒔くといふ/高橋淡路女

秋耕のねんごろなるにたづね寄り/中村汀女

秋耕や富士をさへぎる山もなく/水原秋櫻子

秋耕の何かよばれて屋に入りぬ/能村登四郎

秋耕の人も見えなくなりにけり/楠目橙黄子

みちのくの秋耕に火の欲しきころ/鷹羽狩行

秋耕や土に脱ぎたるかぶりもの/高橋淡路女

秋耕のいちまいの田をうらがへす/長谷川素逝

秋耕の鞍のざぶとんまくれなゐ/竹下しづの女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ