季語/竹の皮脱ぐ(たけのかわぬぐ)を使った俳句

「竹の皮脱ぐ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「竹の皮脱ぐ」について

【表記】竹の皮脱ぐ

【読み方】たけのかわぬぐ

【ローマ字読み】takenokawanugu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・竹の皮(たけのかわ:takenokawa)

・竹の皮散る(たけのかわちる:takenokawachiru)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

竹の皮脱ぐを含む俳句例

三銭の鰯包むや竹の皮/正岡子規

竹皮を脱ぐ暁暗の風の中/行方克巳

竹の皮ひらと地上に人の酔/桂信子

竹皮を脱ぐ晩年の坂の際/近藤一鴻

皮を脱ぐ音静かなり竹の奥/如/洋

竹皮を脱ぐ少年の反抗期/小松絢子

朝月や竹の皮散る小督塚/相島虚吼

蝉の羽の軽きうつりや竹の皮/園女

竹皮を脱ぐや愚かな妻でよし/黛執

竹皮を脱ぐ黒潮の高鳴りに/渡辺恭子

竹皮を脱ぐ半分を脱ぎ忘れ/大橋敦子

竹皮を脱ぐ雪嶺に真向ひて/佐野美智

竹の皮散るよと見れば雀色/清水基吉

竹皮を干す寺に来て水貰ふ/萩原麦草

竹の皮脱ぐ音とらふ犬の耳/塩川祐子

竹皮を脱ぐ晩年の青写真/石川美佐子

竹の皮草に散り浮けり裏表/西山泊雲

夕わけて竹の皮散る酒の中/清水基吉

竹皮を脱いで一気に反抗期/杉山とし

尼寺やのこんの竹の皮脱ぎぬ/岸田稚

俳句例:21句目~

黄鶺鴒飛ぶ瀬を竹の皮走り/川端茅舎

竹皮を脱ぐや一夜に川濁り/長崎玲子

朝寒や幹をはなるゝ竹の皮/室生犀星

竹皮を脱ぐ女らのかこむ中/吉野義子

若竹の皮脱ぎをはる一番寺/中川克子

うつし身に竹の皮脱ぐ音ひびく/森重昭

乙訓の竹の器量の皮を脱ぐ/覚正たけし

木漏れ日の濃淡竹は皮を脱ぐ/鈴木定代

畑に出て皮を脱ぐ竹燈台村/田川飛旅子

三回も幹にあたりて竹皮落つ/今瀬剛一

乙訓の竹の器量の皮を脱ぐ/覚正たけし

皮を脱ぎまだ竹騒に加はらず/津森延世

今年竹皮剥ぐころの汗少し/鈴木真砂女

四五枚の竹の皮手に和尚かな/河野静雲

皮を脱ぎ竹壮齢となりにけり/宮下翠舟

皮を脱ぐ竹に逡巡ゆるされず/夏目英子

手も足も長くて竹の皮を脱ぐ/田中裕明

朝さむや幹をはなるる竹の皮/室生犀星

水湧けり水の香に竹皮を脱ぎ/宮津昭彦

夕立に吹きちる物や竹の皮/伊賀-沢雉

俳句例:41句目~

竹の皮散つて節節ひき緊る/阿波野青畝

竹の皮日蔭日向と落ちにけり/高濱虚子

竹の皮落ちてしばらく日の中に/桂信子

竹皮を脱ぎ禅堂を開け放つ/石丸しずえ

竹皮をぬぐ光陰もうとまれぬ/小林康治

竹皮を脱いで光をこぼしけり/真鍋呉夫

竹皮を脱ぎ恍惚としてゐたり/三好潤子

竹皮を脱ぎ月光に加はりぬ/鳥居美智子

風に翳見えて竹皮脱ぐ鬼無里/伊藤敬子

竹皮を脱ぐにあそべる烏骨鶏/野澤節子

竹皮を脱ぐ光陰もうとまれぬ/小林康治

竹皮を脱ぐ十節目が人の丈/奥谷亞津子

竹皮を脱ぐ太陽に会釈して/青木よしを

竹皮を脱ぐ音にゐてかたつむり/大串章

脱ぎ捨ててひとふし見せよ竹の皮/蕪村

藪神の脱ぎちらしたる竹の皮/荒井正隆

親竹に寄り添うて竹皮を脱ぐ/田中光峰

隠栖に似たりや竹の皮散るよ/清水基吉

鵜の側を竹皮迅くながれたり/萩原麦草

かぐや姫待つ竹皮を脱ぎきつて/満田春日

俳句例:61句目~

竹皮を脱ぎたるあとの昼の闇/櫛原希伊子

扇乱せし如く散りしけり竹の皮/西山泊雲

二三枚ぶらさがり竹皮をぬぐ/遠入たつみ

姫子国のびいどろ割りや竹の皮/加藤郁乎

弱竹の皮せんけんと脱ぐところ/後藤綾子

竹皮を脱ぐかたはらに女身かな/岩城久治

竹皮を一枚ぬぎて夜の明けし/山崎朝日子

竹皮を脱ぐにぎやかにこどもごゑ/下田稔

竹皮を脱いで青さを伸ばしけり/藤崎久を

竹の皮道にストンと落ちにけり/相島虚吼

竹皮を脱ぐ倣ふものなきなかに/宮津昭彦

竹の皮落ちて音する人のごと/松本たかし

竹皮を脱ぐならはしよ見て涼む/村越化石

忘られし安らぎに竹皮を脱ぐ/堀之内和子

竹の皮散り七賢の一人も居ず/阿波野青畝

竹皮を脱ぐひとときの退屈に/宇多喜代子

破竹いま放下の皮を脱ぎにけり/大竹欣哉

竹の子の細きは小さき皮を脱ぐ/坂五十雄

竹皮脱ぐ少し迷ひのあるように/摂待信子

竹皮を脱ぐべき丈となりにけり/池田秀水

俳句例:81句目~

竹皮を脱ぐやこどもはいつも旬/辻美奈子

竹皮を脱ぐや遠くに時計鳴り/猿橋統流子

ばりばりとむき竹の皮捨てるだけ/平間裕子

ひと来りひと去り竹の皮落つる/長谷川素逝

竹皮の脱ぎつぱなしへまたも脱ぐ/能村研三

竹皮を脱ぐ押し合ひし光かな/長谷川久々子

竹の皮脱げるをまばたかざる目もて/岸田稚

竹の皮脱ぎしばかりは濡れてゐし/岸原清行

竹の皮吹き飛んでくる牡丹かな/大木あまり

竹皮脱ぐまつくらがりに目をひらき/岸田稚

竹の皮落つるに間あり話し居り/富岡よし子

竹皮を脱ぐわれ何脱がば癒えむ/殿村菟絲子

しづけさやいづれの竹が皮を脱ぐ/斉藤小夜

竹皮を脱ぐやひよつこり帰りたし/村越化石

竹皮を脱ぐわれ何を脱がば癒えむ/殿村菟絲子

竹の皮むけて吹かれて朝たくまし/河野多希女

竹皮を脱ぐやひかりを撒きちらし/青柳志解樹

竹の皮おつる頃蛇すこやかなり/冬の土宮林菫哉

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ