季語/浮人形(うきにんぎょう)を使った俳句

「浮人形」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「浮人形」について

【表記】浮人形

【読み方】うきにんぎょう

【ローマ字読み】ukiningyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・浮いて来い(ういてこい:uitekoi)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

浮人形を含む俳句例

大空は虚しと眺む浮人形/如月真菜

置替へる盥の浪や浮人形/増田龍雨

水すこし腹に残れり浮人形/辻桃子

助けたるごとく浮人形抱く/茨木和生

夢の中浮人形となりにけり/星野立子

日暦に明日あるなり浮人形/木内彰志

桶揺つて水賑かや浮人形/大橋櫻坡子

水面にぶつかり浮む浮人形/星野立子

浮人形に雨強く来し盥かな/富安風生

浮人形沈めて近江言葉かな/関戸靖子

浮いて来い盥の水は母が足す/岩崎洋子

われに似し浮人形の夕ごころ/大野梢子

盥より出され砂場の浮人形/榎田きよ子

水底にまがり立ちをり浮人形/星野立子

江戸ッ子の九代目継がず浮人形/福島勲

文芸に近道はなし浮いてこい/鈴木栄子

寺の子の大きな盥浮いて来い/甲斐遊糸

浮人形侍らせて子の口達者/藤原かつ代

浮人形動かずなりぬ桶のふち/田中紫紅

夭折の母の一生浮いて来い/小野口正江

俳句例:21句目~

浮人形思はぬ方に浮かびけり/川村紫陽

浮人形母が知らざる一事あり/鈴木栄子

論ずるに千年早い浮いて来い/高澤晶子

放心のかたちに置かれ浮人形/小泉八重子

浮人形なに物の怪の憑くらむか/巌谷小波

浮人形売って男の暮らしかな/小林たか子

浮人形畳に置けばさみしけれ/大橋櫻坡子

浮人形真夜のしじまに立上る/加賀美子麓

浮人形見てゐて妻とはぐれけり/永澤/謙

浮いて来いいま浅草の空蒼し/今井杏太郎

風呂嫌ひ幾つも持ちて浮人形/斉藤たま江

夫の声子の声同じ浮いてこい/紅露ゆき子

恬然として乱れまじ浮いて来い/富田潮児

片肺のこたび片腎浮いてこい/中戸川朝人

戻るなり漁夫が浮人形つかむ/吉本伊智朗

遠囃子雨に聞えて浮いて来い/町田しげき

へたばらずさあ浮いて来いゴム蛙/後藤綾子

浮人形腹をかへして揺れ合へる/吉武月二郎

浮人形ある日はひとの言ひなりに/鈴木栄子

新内に耳かたむけて浮いてこい/坂本タカ女

俳句例:41句目~

杞憂派は君だけでない浮いて来い/鈴木紀子

水すこし飲んだる気配浮いてこい/綾部仁喜

浮いてこい瞬きひとつせぬひまに/佐藤和枝

螺子巻いて水を得たるや浮人形/窪田日草男

浮いて来い何が何でも浮いて来い/後藤綾子

をさなごの中に我見る浮いてこい/上田日差子

浮人形莫迦々々しくて買ひにけり/星野麦丘人

抑ふるを浮力としたり浮いて来い/中戸川朝人

浮いてこい浮いてこいとて沈ませて/京極杞陽

どうしても浮いてくるなり浮人形/藤田あけ烏

かあさんは元気ですかと浮いて来い/嶋田麻紀

疾く去にし日日よ祭よ浮いてこい/文挟夫佐恵

かくて世のどんでん返し浮いて来い/関戸靖子

かなしみの芯とり出して浮いてこい/岡田史乃

長子次子稚くて逝けり浮いて来い/能村登四郎

きやうだいの記憶の隙間浮いて来い/片山由美子

子はとうに吾を離れしよ浮いてこい/ふけとしこ

いのちまで取るとはいはぬ浮いてこい/堀米秋良

浮いてこい浮いてお尻を向けにけり/阿波野青畝

「シヌマデハイキテルンダネ」浮いてこい/熊谷愛子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ