季語/筍(たけのこ)を使った俳句

「筍」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「筍」について

【表記】筍

【読み方】たけのこ

【ローマ字読み】takenoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・孟宗竹の子(もうそうちくのこ:mosochikunoko)

・淡竹の子(はちくのこ:hachikunoko)

・苦竹の子(まだけのこ:madakenoko)

・のこめし(のこめし:nokomeshi)

・たこうな(たこうな:takona)

・たかんな(たかんな:takanna)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

筍を含む俳句例

筍や狢の穴の葎より/泉鏡花

筍や筍藪の柵の口/会津八一

筍の鋒高し星生る/中村草田男

筍やからげてかつぐ手傘/木導

名物の遅筍や峰の寺/野村泊月

筍のすへ筍や丈あまり/炭太祇

筍や皮つきこはし甲武者/智月

中庭に筍壁に墨竹図/大島民郎

笋の勢にこけたり鮓の石/李由

筍や物売船の朝の雨/会津八一

筍や甥の法師が寺とハん/蕪村

筍哉虞美人草の蕾哉/正岡子規

笋の露あかつきの山寒し/支考

筍を貰ひ酔歩を重くせり/林翔

筍の藪ぬけてきし一張羅/原裕

筍の天鵞絨の斑の美しき/風生

刃物あと粗き筍貰ひけり/舗土

筍を掟のごとく届けもす/汀女

更衣しんかんと筍をむく/原裕

筍や泣簑庵の垣のうち/龍岡晋

俳句例:21句目~

筍の皮のあまさよ初燕/龍岡晋

筍の育つ庭闇琴流れ/河野南畦

筍に識かりにくる庵主哉/維駒

客ありて筍掘の小提灯/高野素十

笋を堀部弥兵衛や年の功/炭太祇

堂裏の筍も見せ案内僧/川勝ミヨ

筍の今年は遅し天童忌/田中冬二

笋や古へは食客三千人/高橋睦郎

笋の藪の案内やをとしざし/蕪村

筍掘り掘り菫見つけた/北原白秋

良寛の筍天を目指す刻/佐川広治

初筍到来微恙臥し居れず/及川貞

峡深き家筍の皮すてゝ/右城暮石

筍の皮むく男歌もなし/会津八一

君が墓筍のびて二三間/正岡子規

嵯峨を出る筍売や遅桜/大谷句佛

孝行は筍よりも桜かな/正岡子規

筍の尖きが笑へる仏顔/河野南畦

清明の日の筍を賜りし/青木重行

熾んなる日の筍に鶏つるむ/石鼎

俳句例:41句目~

京都より筍着きて日は高し/素十

画狂老人真筆雪中筍狩/高澤良一

皆飽きし筍掘や一人掘る/森田峠

碧潭の上筍を掘る音す/内藤吐天

買物に行かじ筍雨に掘り/及川貞

筍の届く京都の土付けて/林照江

筍が好きで筍梅雨許す/後藤夜半

庖丁の怯む筍合掌す/殿村菟絲子

筍の根の紫の五月かな/野村喜舟

携へてきし筍のしろき鰓/中田剛

大盥月山筍の浸しある/鈴木貞雄

筍を掘る一鍬の勘どころ/友水清

筍や目黒の美人ありやなし/子規

筍を掘りたる跡も痛ましや/瓜人

筍と山椒味噌の青柳寺/田中冬二

若葉雨筍塚のぬれている/田中冬二

筍の脱ぎたる皮は一張羅/辻田克巳

結界に出し筍の皆太し/坂本/丘川

味噌汁の月山筍のかをりかな/楸邨

筍や径は明るく桑に出づ/原田種茅

俳句例:61句目~

筍藪歩むからだの重さかな/辻桃子

地をぬける筍に言あるごとし/純夫

筍掘る師に声援の女弟子/菖蒲あや

夜間飛行筍の皮獣めく/田川飛旅子

筍の堅きが上の煮〆かな/野村喜舟

大した資産筍を掘り配る/早坂澄子

妻ありき筍の青水に浸り/成田千空

筍や嵯峨しろがねの雨ふりて/月笠

筍の例えて云へば男気歟/高澤良一

筍の声か月下の藪さわぐ/西東三鬼

うす皮のうす紫や早筍/大橋櫻坡子

筍を発止と立てし大地かな/轡田進

筍を煮しめて妻の二日旅/加藤武夫

かぎろひの丘の筍五六本/細川加賀

笋や柑子をゝしむ垣の外/蕪村遺稿

筍の藪や俄に老いて入る/石川桂郎

旅終りぬどの筍に声かけん/原田喬

日を仰ぐとき筍の皮かざす/中田剛

筍を掘る一族の墓の前/猪俣千代子

筍の皮剥きをれば雨のおと/藤井瞳

俳句例:81句目~

昔男ありけり筍掘りにけり/見学玄

筍や墨信に人なつかしき/小川軽舟

時かけて初筍のひとり酒/石田波郷

時鳥筍どももよッく聞け/会津八一

庭こぶに筍の土残りけり/増田龍雨

とみき居の筍大盛赤絵鉢/細見綾子

笋はすずめの色に生ひ立ちぬ/素丸

筍を掘りたる穴へ土返す/藤松遊子

朝掘りと大きな札を筍に/森田公司

筍を掘つてゆがいて昼に酒/森澄雄

筍を抱へてあれば池に雨/田中裕明

笋に手触れ月日は光なれ/中島斌男

泥のまま筍かざる端午かな/龍岡晋

浄土図に筍供へ当麻人/肥田埜勝美

筍の皮この頃や牛の喰ふ/松瀬青々

黒土の匂ふ筍もらひけり/中里泰子

生気なり筍藪に漲るは/相生垣瓜人

雨あれて筍をふむ山路かな/炭太祇

わが郷へ筍掘りの一群団/柴田久子

筍の光放つてむかれたり/渡辺水巴

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ