季語/晩夏(ばんか)を使った俳句

「晩夏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「晩夏」について

【表記】晩夏

【読み方】ばんか

【ローマ字読み】banka_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・季夏(きか:kika)

・晩夏光(ばんかこう:bankakou)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

晩夏を含む俳句例

啄に似たる一椀晩夏光/原勲

夏深し山襞緑濃き夜明/福田蓼汀

縞馬は神の悪戯夏深し/岸田雨童

晩夏光牛の瞳に収まりぬ/西谷孝

晩夏なり瓦に雨の痕黒く/石嶌岳

魂やはた肉体や晩夏仏/和田悟朗

裏山に音立ちのぼる晩夏かな/原裕

蝦夷晩夏旅の若者脛長し/北野民夫

篠懸の大人然として晩夏/高澤良一

夏深し或る夜の空の稲光/井上井月

晩夏光石を砕けば石の花/木村敏男

諸蝉の声に独りの夏深む/藤森成吉

椿林を黒き蝶とぶ晩夏光/西村公鳳

草庵に五柳の景色晩夏光/小澤克己

白樺の林明るき晩夏かな/成瀬正俊

三行の旅信届けば卓晩夏/山田弘子

襟裳岬礁鏤めて晩夏なり/堀口星眠

晩夏晩年角川文庫蠅叩き/坪内稔典

臨界被曝耳元熱くなる晩夏/倉本岬

雲の頭に晩夏の茜泉暮る/川村紫陽

俳句例:21句目~

晩夏光足やむ友を遠近に/松村蒼石

崖に立つ母の羽交の晩夏光/徳弘純

真黒なソ連船泊つ晩夏かな/志城柏

人呼びて夏深むこゑ山鴉/飯田蛇笏

晩夏光犬の残せる敷藁に/原田青児

熊を彫る鑿は一丁晩夏光/北野民夫

焼茄子黄檗寺の晩夏かな/伊藤観魚

四辻に雀跳び居り夏深し/内田百間

晩夏光君を忘れて橋の上/塩見恵介

水地獄愁雲晩夏の山閉す/福田蓼汀

麝香草頭上晩夏の雲溜り/堀口星眠

遠くにて水の輝く晩夏かな/高柳重信

辣韮を齧るや晩夏確かなり/高澤良一

存在と時間とジンと晩夏光/角川春樹

わが晩夏広き汀に遊びけり/原田青児

宿古りぬ千鳥啼く夜の婢の溜り/晩夏

晩夏掃く大地に立てて竹箒/対馬康子

山間を雲ゆく晩夏の孫六湯/高澤良一

庭苔古り太宰の生家夏深む/河野南畦

晩夏光穂高の襞の雪よごれ/石原八束

俳句例:41句目~

晩夏光正座をくずす折失す/永末恵子

晩夏光畳の上にジャズ流れ/横山房子

木洩日の翳りの色の晩夏かな/坂井建

祈りとは膝美しく折る晩夏/攝津幸彦

あの鶏の卵巣は駅晩夏です/西川徹郎

うすうすと晩夏の髭の汗ばめる/原裕

白粥を吹きくれる妻晩夏光/目迫秩父

旅了る身に夏深む山河かな/飯田蛇笏

伊予晩夏右横書に庁舎の名/北野民夫

休暇果てむ晩夏の樹液手に粘り/林翔

うちつけて卵の頭蓋割る晩夏/皆吉司

白波のだだだと砕け島晩夏/本多令佳

蕗の葉に落暉晩夏の刻の影/下村槐太

生前や生後や晩夏の川流れ/柿本多映

夏深み真白き飯を夢みけり/林原耒井

爆音下鶏馳せ晩夏極まれり/大野林火

晩夏光夫に剃刀錆びやすし/嶋田麻紀

晩夏なり壁土ねつてゐる所/細見綾子

枕辺にゆれ落葉松の影晩夏/堀口星眠

鬼舞の朱に爛れて晩夏光/町田しげき

俳句例:61句目~

韻きあふものよ晩夏の雲と水/桂信子

無防備に横たわる彼晩夏光/高澤晶子

晩夏光ごりごりあるく礫道/石原舟月

深谷にいつの晩夏も幼な声/佐藤鬼房

地球儀を抛り晩夏の芥とす/木村蕪城

晩夏光ふるき畳に足まげて/岸風三樓

塩壺に塩ある晩夏母逝けり/佐川広治

塩釜や晩夏の帽を脇ばさむ/岩田昌寿

海晩夏流木躍りくるにあふ/田村了咲

晩夏なり陸を離れて沈む石/柿本多映

夏深き夜が動かぬ術後かな/塩田峯子

夏深き木々の梢を窓に置き/中村汀女

晩夏なる青き巻貝拾ひては/豊田都峰

夏深き蒼空鳶がすべるのみ/藤木清子

夏深くわれに傾く蝉の幹/殿村莵絲子

城濠を晩夏の蓮埋め盡す/下村ひろし

汐さして青葦沈みゆく晩夏/大井雅人

雑草が乳の汁もつ晩夏かな/細見綾子

晩夏光横切る鶏の首立てて/籠倉貞子

死病とは思ひ思はず夏深む/相馬遷子

俳句例:81句目~

酒を呑む隣に水を飲む晩夏/高澤晶子

鴎の白少し疲れし晩夏かな/石川文子

むかし汝に贈りし聖書晩夏光/三谷昭

楡の枝の夕星ひそと夏深し/村沢夏風

夏深し万岳すでに蒼を帯び/福田蓼汀

夏深く大音楽の夜となれり/和田悟朗

湖を二つめぐりし晩夏かな/瀧澤伊代次

湾岸道路分岐繰り返して晩夏/山根真矢

灼熱のびいどろを吹き夏深し/渡辺立男

燭更けて卓に晩夏の虫ぞ降る/石塚友二

牢名主めく患者ゐて部屋晩夏/高澤良一

玉子茹でて妻よ晩夏の誕生日/原田青児

男来て晩夏へ放つブーメラン/坪内稔典

真黒に嵩む晩夏の茄子貰ふ/百合山羽公

それ~の花に晩夏の色ありぬ/高木晴子

穂高下り晩夏の街のよそよそし/松澤昭

竜骨や鬼のあそびの晩夏の子/河野南畦

紅くして黒き晩夏の日が沈む/山口誓子

縁に垂らすわが足大いなる晩夏/桂信子

羚羊の皮がつめたき晩夏の炉/大島民郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ