季語/帚木(ははきぎ)を使った俳句

「帚木」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「帚木」について

【表記】帚木

【読み方】ははきぎ

【ローマ字読み】hahakigi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・地膚子(ははきぎ:hahakigi_)

・帚草(ははきぐさ:hahakigusa)

・庭草(にわくさ:niwakusa)

・真木草(まきくさ:makikusa)

・地膚(ちふ:chifu)

・地麦(ちばく:chibaku)

・落草(らくそう:rakuso)

・涎衣草(えんいそう:eniso)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

帚木を含む俳句例

帚草引く老人と同じ影/秋澤猛

陶房に働く夫婦帚草/高浜年尾

網走も炎天の下箒草/高濱年尾

箒木に一樹のかたち秋隣/斎藤玄

火の車天駈りをり箒草/下村槐太

淋しくば空に流るる箒草/斎藤玄

杉が立つ光にくらし箒草/斎藤玄

束ねれば帚即ち帚草/波多野甫東

月山の麓の村の箒草/伊藤いと子

毟りたる鶏の羽つく箒草/辻桃子

人影の近づき来る帚草/高野素十

月の色さす魂棚の箒草/沢木欣一

帚木に一樹のかたち秋隣/斎藤玄

帚草大小そだち草の中/逸見未草

雷の近づいて来し箒草/岸本尚毅

帚草抜いて早速辺り掃く/森緑葉

雨のあと湖に日亙る帚草/森澄雄

雨ながら雀のこゑや帚草/中田剛

箒木の門に遊ぶや童達/村上鬼城

天と地の間に丸し帚草/波多野爽波

俳句例:21句目~

あを~とこの世の雨の帚草/飴山實

帚草みどり失ひつゝ乾く/原三猿子

帚草余生の母に夜も青し/大野林火

おのづから形に育ち帚草/伊東奈美

稲妻や同じ高さに箒草/大谷碧雲居

石走る水のとばしり箒木に/飴山實

とむらひの翌日の用帚草/小原俊一

月明に我佇つ他は箒草/能村登四郎

帚木に男ばかりの夕餉して/中田剛

帚木や一人逝きたる人形師/大串章

初霜や嵩減り枯れて箒草/西山泊雲

吊鐘は音のかたまり帚草/藤田湘子

育ちつゝ形よきかな帚草/高浜虚子

箒草根つこの土の乾きけり/辻桃子

箒草枯れぬ洗濯男われ/石橋辰之助

箒草こほろぎのこゑ尚遠し/瀧春一

母癒えよ千の露結ふ帚草/橋本榮治

束ねられ横たへられて箒草/辻桃子

帚木の四五本同じ形かな/正岡子規

秋風や帚木隠れ椅子置けば/下村槐太

俳句例:41句目~

箒木に微禄の籬荒れにけり/西島麦南

くゝられて形つくりぬ帚草/樫野滋子

箒木に月の家つゞく秋の海/前田普羅

箒木に秋めく霧の一夜かな/西島麦南

箒木の茫々として夕映えぬ/杉山岳陽

箒草いつしか月の影となり/永田青嵐

箒草よい風が来てよい浮世/池田澄子

箒草芽だちしままに育てられ/上村占

箒草逆吊りしより雨長びく/成田千空

糸つけし蝉とび来たり箒草/西山泊雲

喪の家の秋暑ひそかに箒草/中村祐子

土砂降りに葉先とがらす帚草/真山尹

花帚木刎頸の友二人あらば/塚本邦雄

行秋や引かですがるゝ箒草/野村泊月

帚木が帚木を押し傾けて/波多野爽波

野分すや女臥すごと箒草/石田あき子

帚木に水やる腕の白さかな/四ツ谷龍

帚木に汐走り来る磯家かな/籾山柑子

帚木の根の土落すほどもなく/堀葦男

帚木は五尺になりぬ雲の峰/大野洒竹

俳句例:61句目~

帚木やかさなりあへる山の丈/上村占

帚草ながき日暮を見てゐたり/森澄雄

帚草根元あらはに傾ける/波多野爽波

帚草生きていしかば失えり/久保純夫

帚木や憂き往来の夜に入る/小池文子

月光の帚木に子の座りをる/山西雅子

水打てばそこより乾き帚草/伊東宏晃

引き抜けば箒木の影飛びうせし/上村占

帚木や土に喰ひ入る薪の鉈/島村元句集

月光のふりけぶらせり箒草/能村登四郎

そのかたちすでに整ひ帚草/佐藤冨士夫

帚木のあたりに夢の終りあり/田中真理

立秋をきのふの日ざし帚木に/亀井糸游

ぼうぼうと夢の紅さの箒草/高橋謙次郎

箒木に日かげが出来てすずみかな/山店

箒草干されてまろさ衰えぬ/八木沢高原

喪の家の吹かれまろべる帚草/石田波郷

天上をさして揃ひぬ帚草/阿部みどり女

子をあやす不具の僕や帚草/島村元句集

箒木やまた蜘の巣に負て居る/横井也有

俳句例:81句目~

帚草露なまなまとしづかなり/金田咲子

箒木も臼の丈なり梅雨の入り/高田蝶衣

秋の庭箒木除けて平らなり/岡本癖三酔

肌寒や帚木に紅しみわたり/鷲谷七菜子

旅立たんばかり月夜の帚草/青柳志解樹

華と見しみどりの極み帚草/北原志満子

汲み上げし儘に釣瓶や帚草/島村元句集

先づ見えて来たり夜明けの帚草/児玉輝代

影法師鬼にうつりぬ箒木草/長谷川かな女

帚木の浮くとも沈むともあらず/五島高資

帚木の微塵にきざみつくしけり/小池文子

箒木に夕凪ぎて月出でにけり/岡本癖三酔

箒木に影といふものありにけり/高浜虚子

箒木に群れて鳴く蚊や蒸す夕/今成無事庵

箒木のあはあはと盆過ぎにけり/向笠和子

箒木の抜きしところに干されあり/上村占

帚木のつゆに袖触れ汝は来しか/下村槐太

帚草火事を否しつつねむりけり/安井浩司

我が家ほどよきものはなし箒草/遠藤梧逸

箒木は皆伐られけり芙蓉咲く/河東碧梧桐

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ