季語/玉虫(たまむし)を使った俳句

俳句例:101句目~

かゞやきてとぶは玉虫神の森/大橋桜坡子

たまぬけし玉虫軽くあはれなり/白川朝帆

玉虫をつつみて渡す恋のごと/神尾久美子

妻のいもと筥玉虫に妻とあそぶ/森川暁水

子の掌より玉虫の彩とび翔ちぬ/鈴木貞雄

子の羽割つて玉虫飛びたちぬ/加藤知世子

玉虫を得たるは幸を得しごとし/栗原米作

展墓日暑し玉虫袖をあゆむかな/飯田蛇笏

玉虫を手でかこみゆく運河ぞひ/細見綾子

玉虫の死のうつくしく衣納む/鳥越すみこ

玉虫を拾い夕日の宇陀にをり/大峯あきら

巫女ゆききして玉虫の育つ森/神尾久美子

木登りして玉虫と逢いただよえり/渋谷道

死はかろし玉虫のいま掌に光り/西川織子

玉虫がゐる筈の木をめぐり過ぐ/三橋敏雄

玉虫を見てきし眼鏡しづかに置く/原田喬

子が呉れし玉虫に夜はいなびかり/有働亨

玉虫を追ひし動悸のまだやまず/福永耕二

玉虫に虚空ひびかずなりにけり/藤田湘子

玉虫交る土塊どちは愚かさよ/中村草田男

俳句例:121句目~

玉虫厨子いずこの山も故郷かな/和田悟朗

玉虫のとぶ煌めきを日にもとめ/大橋敦子

玉虫や絵具には出ず母も子も/加藤知世子

玉虫の何するすべもなく死にし/中村汀女

玉虫の厨子により見る薄暑かな/松瀬青々

玉虫の幽きみどりやくちづけす/長崎玲子

玉虫の飛びたる方の道をゆく/丸山/麻子

玉虫の眩しき翅をひろげゐし/三浦/光鵄

虫いくつ玉虫に生れかはりたり/坊城俊樹

野の径に得し玉虫を野にかへす/遠藤はつ

玉虫の熱沙掻きつゝ交るなり/中村草田男

玉虫の飢ゑたるさまもなく死せり/満田春日

玉虫や没き子のものゝ家に減る/能村登四郎

うつそみを遠く玉虫ひかり飛ぶ/伊丹さち子

玉虫やなき子のものの家に減る/能村登四郎

玉虫の飛びうつりたる木の間かな/鈴木花蓑

玉虫や富士のうしろに夜が待つ/磯貝碧蹄館

玉虫のむくろのとはに瑠璃光り/浅井青陽子

玉虫の気に入らざれば死ににけり/永末恵子

玉虫の雌はとまれども雄はとぶも/山口誓子

俳句例:141句目~

玉虫を子がもたらせし夕餉かな/瀧澤伊代次

野火のごと玉虫厨子の天女飛ぶ/野見山朱鳥

玉虫のすべり落ちたる雛かな/長谷川零餘子

雪の浅間玉虫いろに夜明けけり/黒田櫻の園

琴のおほひに玉虫のゐて朝の幸/八牧美喜子

玉虫やわが眼のくぼは眼をはめぬ/磯貝碧蹄館

玉虫のむくろの彩をうしなはず/五十嵐八重子

タイトルとURLをコピーしました