季語/玉虫(たまむし)を使った俳句

「玉虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「玉虫」について

【表記】玉虫

【読み方】たまむし

【ローマ字読み】tamamushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・吉丁虫(きっちょうむし:kitchomushi)

・金花虫(たまむし:tamamushi_)

・黒玉虫(くろたまむし:kurotamamushi)

・青玉虫(あおたまむし:aotamamushi)

・姥玉虫(うばたまむし:ubatamamushi)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

玉虫を含む俳句例

玉虫に眠りの繁み緑濃き/原裕

玉虫や妹が箪笥の二重/村上鬼城

玉虫を殺めて美童日の盛り/岩村蓬

玉虫は死にたり光失はず/下村梅子

玉虫の幾万匹に恵みなき/和田悟朗

しろがねの露玉虫厨子の中/中田剛

玉虫を拳ゆるめて光らしむ/澁谷道

玉虫の数の減りたる墳墓の地/原裕

墓松に玉虫とるや秋近く/飯田蛇笏

玉虫の昔の人も賞でし色/木下房子

一天の玉虫光り羽子日和/清崎敏郎

支那人の玉虫服や芙蓉亭/松藤夏山

玉虫の光残して飛びにけり/高濱虚子

玉虫の全身青くなるまでとぶ/松本旭

玉虫がとんで笛吹き童子仏/和知喜八

玉虫を黙つて妻に渡しけり/太田土男

玉虫が寝間着の妻に殺めらる/齋藤玄

玉虫舞ふ樫と樟との間にて/石田波郷

薄紙を重ね玉虫つつみけり/下村梅子

わが頭上玉虫舞ふは吉祥か/福永耕二

俳句例:21句目~

玉虫とぶ磁祖民吉の窯跡に/大橋敦子

倖せの軽さ玉虫手にのせて/武田充代

行春やほの~のこる浄土の図/秋櫻子

南透き玉虫は飛び夕づきぬ/藤田湘子

口紅の玉虫いろに残暑かな/飯田蛇笏

玉虫の曇れば光身にかかる/加藤楸邨

吉兆の玉虫得たり朝まだき/野村喜舟

玉虫の死にからびたる冬畳/飯田蛇笏

夢殿に拾ふ木の実か玉虫か/渡辺恭子

雪舟の寺の玉虫飛びにけり/石田勝彦

玉虫の眼に夜が残りをり/野末たく二

玉虫の翔ちし一樹に風集ふ/伊藤京子

玉虫の飛ぶや驟雨の鞍馬坂/河前隆三

家居の妻玉虫筥を針さしに/森川暁水

小抽斗より玉虫と実母散/岡本まち子

玉虫の飛べる形に覚えあり/宮中千秋

玉虫を貧わが拾ふ口ゆるび/杉山岳陽

玉虫よ粥一匙が身に余り/座光寺亭人

玉虫の飛翔は銀の翅つかふ/児玉南草

日輪へ発つ玉虫の数知れず/黒田杏子

俳句例:41句目~

晶晶と玉虫放つ真昼の樹/中沢文次郎

玉虫をこぼす欅や母老いぬ/堀口星眠

玉虫をまさぐる人の指細し/北園克衛

森いつも若し玉虫生れ出づ/中西碧秋

玉虫が美しすぎるおろおろす/山本馬句

玉虫や熊野の闇のどかとあり/奧坂まや

玉虫の発止と墜ちし紫閃かな/野村喜舟

すでに遠し玉虫飛ぶと声出せば/小澤實

玉虫や彩ある夢のさみしくて/村越化石

たまの緒の絶えし玉虫美しき/村上過去

まつぶさに見ては玉虫魂去らむ/齋藤玄

マッチ箱に玉虫入れて都の子/金子兜太

冬菫厨子玉虫のひかりあふ/岡部六弥太

叶はざる恋に玉虫似て光る/加藤三七子

変らざる玉虫に月日流れけり/福田蓼汀

玉虫の死の浄閑に身を置けり/森川暁水

玉虫や朽木の洞に恋もあらん/寺田寅彦

玉虫の二日を飼はれ忘ぜらる/吉野義子

玉虫の飛ぶ一の字の光かな/広瀬美津穂

玉虫の光を引きて飛びにけり/高浜虚子

俳句例:61句目~

山の日に玉虫彩をなしてとぶ/西野白水

玉虫はかの郎女の裳のごとし/下村梅子

抛り上ぐ玉虫高きより飛べり/松村富雄

玉虫は玉虫びかり妻あれば/千代田葛彦

松色を変へず玉虫厨子の彩/金子あきゑ

玉虫も地球も空をころげけり/河野南畦

火山灰高地の玉虫きりきり舞/西東三鬼

玉虫の形見の一つなりしかな/高濱年尾

玉虫や和服着こなし能登の旅/北野民夫

玉虫が飛ぶ寸陰もなきところ/福永耕二

玉虫と気づく一瞬虚空なり/芝崎芙美子

玉虫に秋惜しむ情たなごころ/飯田蛇笏

玉虫やいまも沖見る流人の碑/高井北杜

玉虫のしきりに飛んで村貧し/藤崎久を

玉虫や旭夕日を着るごとく/加藤知世子

玉虫のとぶ喬木は槿を張る/阿波野青畝

玉虫の破壊をおもう震災以後/若森京子

玉虫の羽のみどりは推古より/山口青邨

玉虫をふりはなさんと枝騒ぐ/小路紫峡

玉虫の翅に返せる日のひかり/大橋敦子

俳句例:81句目~

玉虫を含めりにけり福寿草/松本たかし

玉虫を得たれどむしろ悔多し/杉山岳陽

玉虫を拾はむ手より影をなす/杉山岳陽

玉虫を握りたる手に道二つ/磯貝碧蹄館

玉虫の死して光のかろさなる/野澤節子

玉虫を筥にし縫へり家居の妻/森川暁水

玉虫の亡骸更にはしきやし/阿波野青畝

玉虫の瑠璃色きよき寒さかな/細見綾子

玉虫の色の如くに過ぎたる世/後藤夜半

瑠璃金銀玉虫にさへとほく生き/永高爽

盟神探湯に玉虫は死を賜りし/津田清子

筺底に秘めし玉虫のみ知れり/福田蓼汀

翅畳み余す玉虫枯るるなよ/殿村菟絲子

玉虫の落ちてゐたりし百花園/鈴木花蓑

鑑真の目を玉虫の走りけり/阿波野青畝

うしなひし玉虫おもふ昼の海/渡邊千枝子

玉虫やいのち絶つ日はまだ遠し/赤尾兜子

玉虫や日かげる方をあきらかに/吉良蘇月

玉虫の失せたる空を恋ひゐたる/岸風三樓

玉虫の爪明りしてつまゝれぬ/鈴鹿野風呂

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ