季語/玉せせり(たませせり)を使った俳句

「玉せせり」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「玉せせり」について

【表記】玉せせり

【読み方】たませせり

【ローマ字読み】tamaseseri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・玉せり祭(たませりまつり:tamaserimatsuri)

季節による分類

・「た」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

玉せせりを含む俳句例

松風に玉取終へし神の楽/斎藤滴萃

玉取祭櫓に宝珠高く吊り/石谷秀子

勅額に霰はげしき玉せせり/倉富勇二

回廊をひた駆く勝者玉取祭/山田弘子

玉競りの裸をよけぬ松の幹/田中紫紅

寒の水あびし巡査や玉せゝり/佐野不老

幸せの玉は離さじ玉せせり/成瀬櫻桃子

玉競の果てたる雪に詣でけり/田中紫紅

益荒男のいのち耀く玉せせり/白水風子

玉取祭済みし参道ずぶ濡れに/鮫島春潮子

玉競り華表の松のみどり濃く/小原菁々子

しあはせの玉は離さじ玉せせり/成瀬櫻桃子

降る雪に裸身まぶしき玉せせり/井田満津子

飛沫あび裸身湯気立て玉せせり/岡部六弥太