季語/七夕(たなばた)を使った俳句

「七夕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「七夕」について

【表記】七夕

【読み方】たなばた

【ローマ字読み】tanabata

子季語・関連季語・傍題・類語など

・棚機つ女(たなばたつめ:tanabatatsume)

・星祭(ほしまつり:hoshimatsuri)

・牽牛星(けんぎゅうせい:kengyusei)

・彦星(ひこぼし:hikoboshi)

・犬飼星(いぬかいぼし:inukaiboshi)

・男星(おぼし:oboshi)

・男七夕(おたなばた:otanabata)

・織女星(しょくじょせい:shokujosei)

・妻星(つまぼし:tsumaboshi)

・女星(めぼし:meboshi)

・機織姫(はたおりひめ:hataorihime)

・棚機姫(たなばたひめ:tanabatahime)

・女七夕(めたなばた:metanabata)

・星迎(ほしむかえ:hoshimukae)

・星の契(ほしのちぎり:hoshinochigiri)

・星の恋(ほしのこい:hoshinokoi)

・星の妹背(ほしのいもせ:hoshinoimose)

・星の別(ほしのわかれ:hoshinowakare)

・星今宵(ほしこよい:hoshikoyoi)

・乏し妻(ともしづま:tomoshizuma)

・七夕竹(たなばただけ:tanabatadake)

・七夕送り(たなばたおくり:tanabataokuri)

・七夕流し(たなばたながし:tanabatanagashi)

・七夕竹売(たなばただけうり:tanabatadakeuri)

・芋の葉の露(いものはのつゆ:imonohanotsuyu)

・七夕棚(たなばただな:tanabatadana)

・七夕雨(たなばたあめ:tanabataame)

・鵲の橋(かささぎのはし:kasasaginohashi)

・七夕紙(たなばたがみ:tanabatagami)

・七夕色紙(たなばたしきし:tanabatashikishi)

・短冊竹(たんざくだけ:tanzakudake)

・星宮祭(ほしのみやまつり:hoshinomiyamatsuri)

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

七夕を含む俳句例

病室に七夕笹の釘探す/年尾

星合や暁になる高灯籠/其角

七夕や火の粉糸引く煙出/敏雄

七夕の竹青天を乱し伐る/原裕

山上に杉生は重し星祭/斎藤玄

木津川や臼に棚かく星祭/尚白

七夕や風にひかりて男袖/耕衣

七夕や襖隔てゝ人通り/原月舟

七夕や男の髪も漆黒に/草田男

七夕の夜汐しぶける浜祠/龍太

女老い七夕竹に結ぶうた/鷹女

星合の後山を払ふ巽風/飯田蛇笏

星合や長生殿の水時計/松瀬青々

旅の夜の七夕竹を見る手摺/槐太

七夕や御代長月の古簾/会津八一

漁了へて男の眠る星祭/鈴木太郎

星合や山里持ちし霧のひま/其角

湖や七夕竹を流したる/尾崎迷堂

東京の星の遠さよ星祭/河野美奇

遠里や七夕竹に虹かゝる/泉鏡花

俳句例:21句目~

七夕や水髪結ぶ町娘/高橋淡路女

星祭女心のねもごろに/豌豆痩石

面影や港にひらく星祭/阿部完市

石の上七夕の蝶けむりをり/楸邨

七夕や少し影さす高遣り戸/芦風

七夕竹そよぐ風待ち水を打つ/貞

山の雲七夕竹に来て遊ぶ/不二子

七夕や藍屋の女肩に糸/黒柳召波

七夕の竹を貰ひに母の家/上野泰

隣への藪結わけて星祭/斯波園女

七夕の竹伐り担ぐ寺男/塚田秋邦

廓女に昼よりの客星祭/友草寒月

妹に七夕星を教へけり/正岡子規

七夕竹人の夕餉の覗かるる/欣一

七夕の管弦起る臺かな/数藤五城

七夕に貸さねば疎し絹合羽/杉風

七夕の膳の滝川豆腐かな/龍岡晋

遠方人へ襟合す老星祭/香西照雄

七夕や笹に霧吹く看護生/津田渡

七夕竹分教場に机六つ/相馬遷子

俳句例:41句目~

店員の見合話や星祭/八牧美喜子

帯にして鳴海のしぼり星祭/澄雄

七夕の街に求めし星の本/上村占

屑籠を女曳きゆく星祭/和知喜八

七夕の踊りになるや市の跡/涼莵

織女に老の花ある尾花かな/嵐蘭

忍ぶや暮かし編笠を男七夕/立吟

古郷の子に子ありけり星祭/士朗

北岸にさびたは栄え星祭/齋藤玄

大方は妻の筆跡願の糸/高澤良一

縁側に七夕紙と硯かな/高木晴子

包帯に患部包める星祭/高澤良一

七夕や長生殿の水時計/松瀬青々

冬瓜の尻のしもふり星祭/辻桃子

六日たつ秋のこゝろや星祭/美角

七夕や些少ながらの祝儀樽/一茶

箒川七夕の笹流れきし/黒田杏子

七夕の女心の糸結ぶ/石本めぐみ

晴明の頭の上や星の恋/夏目漱石

七夕や馬すすまする川の端/銭正

俳句例:61句目~

七夕や小縁の端の塗机/角田竹冷

七夕の忍びながらも光かな/松吟

片親の不憫は胸に星迎/土田桃花

病涯に書の弟子童星祭/鹿山隆濤

病棟に願ひの多き星祭/柳瀬重子

七夕や暮露よび入て笛をきく/其角

星合のそれにはあらじ夜這星/左繍

七夕や檜山かぶさる名栗村/秋櫻子

うれしさや七夕竹の中を行く/子規

七夕や武蔵野低き山に果つ/有働亨

星合にもえ立つ紅やかやの縁/孤屋

逆立ちし七夕紙に歌逆立ち/上野泰

七夕や水に浸りし砂を踏み/日原傳

願ひより祈りを深く星祭/立川華子

大ぶりに進学塾の七夕竹/高澤良一

雲を出し月上弦や星祭/高橋淡路女

七夕や甘露寺寺内芋ばたけ/龍岡晋

雨戸なほ戸袋のなか星祭/鷹羽狩行

女の子七夕竹をうち担ぎ/高野素十

七夕に一色殿の馬を見ん/斯波園女

俳句例:81句目~

七夕に出でて兎も野をかけれ/酒堂

七夕に契り置きてし初桜/上島鬼貫

門川の大きな波や星祭/大峯あきら

七夕や窓あをあをと閨厨/古舘曹人

遊女屋のあな高座敷星まつり/汀女

西陣や裂に歌書く星祭/薄木千代子

貝化石展に七夕竹飾る/中戸川朝人

七夕や芭蕉人麿一枝に/島村元句集

草負うて男もどりぬ星祭/石田波郷

七夕や莢鳴つてゐる豆畑/藺草慶子

玄関に七夕竹や京の宿/五十嵐播水

一枚の紙に七夕笹しなふ/後藤夜半

七夕の夜ぞ更けにけり几/飯田蛇笏

色ならば次男は黄色星祭/黒沢孝子

七夕の夜の沖から定期船/浜野英子

潮騒や七夕柳散るもあり/臼田亞浪

織女星老婆一生の杖先に/齋藤愼爾

孟宗を七夕竹として故郷/福永耕二

七夕の夢のうきはし烏鵲かな/宗鑑

竹立てゝ夕日尚あり星祭/野村泊月

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ