季語/下り簗(くだりやな)を使った俳句

「下り簗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「下り簗」について

【表記】下り簗

【読み方】くだりやな

【ローマ字読み】kudariyana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

下り簗を含む俳句例

行く秋の所々や下り簗/蕪村

月に出て人働けり下り簗/前田普羅

下り簗白々月の磧かな/松根東洋城

下り簗蟹現れて鮎を喰ふ/花島一歩

青竹を足して繕ふ下り簗/山田節子

下り簗四方の山々雲の中/京極杜藻

年々の眉雪のつどひ下り簗/上村占

またしても狐見舞ひぬ下り簗/召波

ものの葉にのまとふや下り簗/大祗

この村に雨の日続く下り簗/尾石ゑい

山並のその頃となり下り簗/浅賀渡洋

川中に蛇籠踏ん張る下り簗/手島知韶

ぬめり来る一枚の水下り簗/大橋敦子

川舟の陸上げされて下り簗/羽吹利夫

月光の音となりたる下り簗/小島花枝

下り簗一奔流のたのもしき/高野素十

水に月崩れて暗し下り簗/櫛原希伊子

下り簗さして径あり石の上/前田普羅

水ひかり膨れ極まり下り簗/菖蒲あや

洲に下りて爪立つ鴉下り簗/皆吉爽雨

俳句例:21句目~

激し寄る四方の川水下り簗/星野立子

秋の簗動転したる鮎かゝる/小林康治

下り簗守る一枚の障子かな/清崎敏郎

郡長の来て歩きけり下り簗/前田普羅

下り簗川蟹くろき甲羅着て/野澤節子

下り簗抜けたる水の大人しく/辻桃子

下り簗時々蝶のきては去る/星野立子

下り簗淙々雨をまじへけり/荒井正隆

下り簗煽り越えして増水す/茨木和生

下り簗走り過ぎゆく山の雨/椎橋清翠

山河ここに集り来り下り簗/高浜虚子

傘雫したたかなりし下り簗/古舘曹人

大うねりして水青し下り簗/加古宗也

天領の水集りし下り簗/千石/比呂志

つくろひて水を濁せる下り簗/伊藤敬子

ひきしまる山の容チよ下り簗/中村若沙

一蝶のときたま飛べり下り簗/成瀬正俊

ほどほどの濁りたのもし下り簗/上村占

今をふと見まじく下り簗地獄/皆吉爽雨

大川を斜めに断てり下り簗/楠目橙黄子

俳句例:41句目~

山川の斯かるところに下り簗/高浜虚子

平らなる水曳き絞り下り簗/三井紀四楼

洲の先に早瀬しづかの下り簗/石川桂郎

下り簗霧明けゆくにしぶきをり/谷迪子

眉間まで寄せくる水や下り簗/本多静江

恐ろしきほど町高き下り簗/阿波野青畝

蘆の穂がのぞく無聊の下り簗/堀口星眠

下り簗越えゆく髪のごとき水/今瀬剛一

人かげの尖りて立てり秋の簗/宮津昭彦

その後の下り簗知るすべもなし/菖蒲あや

下り簗つぎつぎ車窓又トンネル/高濱年尾

下り簗はびこる葛の下に見ゆ/水原秋櫻子

下り簗外れたる稚の群れ泳ぐ/大塚とめ子

下り簗山の木の実を溜めてをり/中根美保

渦見せて大河馳せゆく下り簗/水原秋桜子

透きとほる時が去りゆく下り簗/平畑静塔

下り簗見てその辺の真葛見て/大峯あきら

紅葉からまづかかりけり下り簗/小林一茶

ひとうねりごぼりと消えて下り簗/加藤知世子

簗手あふるゝ水勢となり下り簗/長谷川かな女

俳句例:61句目~

下り簗見に行かんさして遠からねば/高濱年尾

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ