季語/秋麗(あきうらら/しゅうれい)を使った俳句

「秋麗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋麗」について

【表記】秋麗

【読み方】あきうらら/しゅうれい

【ローマ字読み】akiurara

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋麗を含む俳句例

鳴動もなく秋麗の恐山/原好郎

秋麗の瞳や弓の的狙ふ/本宮鼎三

秋麗の初雁城下十ケ町/甲斐すず江

成程の鬼の雪隠秋うらら/飯島晴子

秋麗雲つめ込みし頭陀袋/山尾滋子

秋麗ら水辺に犬の戯れて/浜喜久美

秋うらら海賊船で湖わたり/樋笠文

秋麗や収監者なき学生牢/関森勝夫

秋麗の禅苑人語つゝしみつ/滝峻石

秋うらら山辺の寺の一位垣/高澤良一

秋うらら河童と馬コの物語/高澤良一

秋麗の極みに蜘蛛の遊び糸/高田秋仁

秋麗の産後まばゆき妻迎ふ/能村研三

仏掌の上の虚空や秋麗ら/町田しげき

秋麗や名知らぬ山に目礼す/松下千代

堤防に寝て見つ秋麗方十里/火村卓造

秋麗ら眼にせる白樺一本目/高澤良一

学僧のふどしが干され秋麗/石川桂郎

捨猫を見しまでは野の秋うらら/林翔

秋麗をとりちらかして上機嫌/松澤昭

俳句例:21句目~

秋麗ガラスの如く村ありぬ/大橋敦子

童らの手古舞装束秋うらら/高澤良一

蜂や秋麗らにす通草棚真白/西村雪人

秋麗折には波のくつがへり/清崎敏郎

秋うらら信楽狸と丈くらべ/星野石雀

秋うらら家並隠りに城一つ/河野友人

二重顎あらはれ癒ゆる秋麗ら/朝倉和江

澄切りて鳶舞ふ空や秋うらら/京-正己

田の中に赤き鳥居や秋うらら/邊見京子

秋うららバス待つ女紅を引く/杉山青風

秋うらら浮桟橋のひとり鳴る/永方裕子

秋うらら水かげろふの水屋敷/広瀬釣仙

秋麗やこの世短かき父なりし/折井眞琴

秋麗やわが影塀につきあたる/木下子龍

秋麗やアイビー青き画家の墓/関森勝夫

秋うらら後戻りして寄る本屋/武永江邨

秋麗や幼きゲーテの文字端正/関森勝夫

秋麗の坂道のぼりつめても青/平井照敏

古る墳の奥秋麗の風かよふ/鷲谷七菜子

秋うらら報の一つに名馬死す/対馬康子

俳句例:41句目~

秋麗の女は木椅子男は立ち/早乙女一郎

秋麗のえり舟が揚ぐ小蝦跳ね/山口草堂

をんどりの声秋麗の甲斐の国/稲垣法城子

伎芸天をろがみ出でて秋麗ら/鈴鹿野風呂

天上の声の聞かるゝ秋うらら/野田別天楼

母の言ふこの家の敷居秋うらら/辻美奈子

秋うらら外人ツアー蕎麦すする/阿部寿雄

秋麗のトランペツトの一人かな/佐藤朝子

秋うらら眠る遺体はコロンブス/佐川広治

自画像の皺ひとつ消し秋うらら/桑原白帆

わが死後を崩るる書物秋うらら/宇多喜代子

ストレスのたまる松の木秋うらら/坪内稔典

秋うららガイドの私語の土地訛り/篠田悦子

秋麗のかぎりを翔んで来たりけり/佐川広治

阿蘇の牛道に寝てゐて秋うらら/大久保橙青

秋うらら茶髪も黄髪も飛んで行け/北島白蜂子

釣り上げし章魚が遁げだす秋うらら/伊藤いと子

秋麗やミケランジェロの「ダビデ」像/藤井季代史

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ