季語/春暖炉(はるだんろ)を使った俳句

「春暖炉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春暖炉」について

【表記】春暖炉

【読み方】はるだんろ

【ローマ字読み】harudanro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の暖炉(はるのだんろ:harunodanro)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春暖炉を含む俳句例

石と化る狐の話春煖炉/加藤耕子

春煖炉焚き陶房に二三人/稲畑汀子

春暖炉名画の女犬を抱く/富安風生

春暖炉炎錯乱なかりけり/茂恵一郎

春煖炉画中の女吾を見る/大橋敦子

悴みの溶けゆく泪春煖炉/殿村莵絲子

春暖炉ココアの美しき昼に/金田咲子

春暖炉寺の一間に雨宿り/岩壁ゆうか

春煖炉花に喩へて人語り/上田日差子

春煖炉児を叱りたる疲もあり/樋笠文

船着場春の暖炉の一つ燃え/村沢夏風

レコードの音の嗄るる春煖炉/西村和子

春暖炉くべ足す桜/月桂樹/伊藤いと子

硝子戸にゆらめく湖景春暖炉/亀井糸游

静かなる時を燃やして春暖炉/太田寛郎

髪乾くまで画譜ひらく春暖炉/下村信子

ゴムの葉に春の煖炉のうす埃/松尾冬柏

江の島の茶店の春の煖炉かな/風間啓二

夜の集ひにはかかされぬ春煖炉/稲畑汀子

島に灯のともれば燃やす春煖炉/原田青児

俳句例:21句目~

春暖炉わが患者らは癒えゆくも/相馬遷子

春暖炉椅子が汚れてにぎやかに/古舘曹人

春暖炉椅子二つ置き一つに凭り/鈴木栄子

春暖炉焚かねば心おちつかず/正部家一夫

松の間のだだつぴろきに春煖炉/石川桂郎

椅子すこし引いて美し火春暖炉/皆吉爽雨

金唯々と賜ふは老いしか春暖炉/風間ゆき

ひととゐて春の暖炉に言つつしむ/桂信子

わがための春の煖炉や勿体なし/下村梅子

みな庭に出てしまひたる春煖炉/五十嵐播水

屋根越しにマストの行き来春煖炉/原田青児

あれば寄る春の暖炉といふものは/稲畑汀子

焚かである春の煖炉のさうざうし/高浜虚子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ