季語/フリージアを使った俳句

「フリージア」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「フリージア」について

【表記】フリージア

【読み方】ふりーじあ

【ローマ字読み】furijia

子季語・関連季語・傍題・類語など

・香雪蘭(こうせつらん:kosetsuran)

・浅黄水仙(あさぎずいせん:asagizuisen)

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

フリージアを含む俳句例

フリージヤ涙の様に光るもの/中山玲子

幾万のフリージアの花左右に海/日高房子

フリージアに陶師が筆の愛陶記/桂樟蹊子

古壷に挿して事なきフリージア/後藤夜半

フリージア一筋の髪ひろはれる/中村路子

書かぬ日の日記の上にフリージヤ/神蔵器

無援なる夜を貧ればフリージア/櫂未知子

フリージヤ雪夜に長き妻の祈り/金箱戈止夫

挨拶はひとことで足るフリージヤ/伊藤敬子

フリージヤ匂ふ紙かな灯の輪かな/林原耒井

フリージヤに秘めごと少し朝の卓/桜井照子

フリージアに空の来てゐる枕許/永田耕一郎

フリージアに肌の香勁く人病めり/石原舟月

吸入やみつめどほしのフリージヤ/石田波郷

口紅をなほすフリージア翳らせて/行方克巳

フリージア剪つて海光ごと束ね/白田喜代子

フリージア受話器を置きし時匂ふ/西村和子

フリージヤに肌の香勁く人病めり/石原舟月

画伯悼み壺に満たせしフリージャ/大橋敦子

賑しく見舞はれし夜のフリージア/結城昌治

俳句例:21句目~

麻酔さめきし薄明のフリージア/倉部たかの

フリージア子に恋人のできたるらし/宇咲冬男

フリージヤ好きになりしと妻の挿す/後藤夜半

女だから気になる話/フリージア/田中みち代

いさぎよき備前の焦やフリージア/大野雑草子

うまさうなコップの水にフリージヤ/京極杞陽

熱高く眠るフリージヤの香の中に/古賀まり子

熱高く睡るフリージヤの香の中に/古賀まり子

フリージアたくさん咲いて親孝行/加藤ミチル

フリージアにわが弱き息通ひをり/永田耕一郎

フリージア好きでつくづく黄色好き/後藤夜半

麻酔よりさめて窓辺のフリージア/城戸和喜子

アマリリスまでフリージアの香りかな/高野素十

フリージヤに富士暮れかねし卓えらぶ/澤田緑生

温室咲きのフリージヤに埋め奉り/竹下しづの女

フリージアの香を嗅ぎ分けて病よし/大間知山子

ハウス剥ぎフリージアの香を解き放つ/植松深雪

フリージャを抱きゆたかなる胸と見す/八牧美喜子

フリージヤの赤しとねたみをみな老ゆ/山田津奈王

フリージアの淡き香にある縫ひづかれ/文節もと女

俳句例:41句目~

フリージヤ噛んで苦さ今知る虚ロ心/竹下しづの女

フリージアのあるかなきかの香に病みぬ/阿部みどり女

理学士の柩に回向する白いフリージヤの花を見/喜谷六花

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ