季語/年用意(としようい)を使った俳句

「年用意」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「年用意」について

【表記】年用意

【読み方】としようい

【ローマ字読み】toshiyoi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・年設(としもうけ:toshimoke)

・年の設(としのもうけ:toshinomoke)

・春支度(はるじたく:harujitaku)

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

年用意を含む俳句例

青竹の柵名園の年用意/右城暮石

青竹の切先匂ふ年用意/小関紹子

酒少し女二人の年用意/上田康代

一束の菜に蕾あり年用意/龍岡晋

頼もしき圧力鍋や年用意/高澤良一

真直に釘打つことも年用意/堤京子

啄木鳥の穴を繕ひ年用意/荒川文雄

外濠の鴨を窗辺に年用意/飯田蛇笏

長男の力借りもし年用意/稲畑汀子

相国寺仏師を入れて年用意/中西蘖

年用意医師は薬とり揃へ/築山能波

年用意掛け替へゐる潮暦/水野露草

聴診器拭ひて終る年用意/西川五郎

娘にまかせ心許なき年用意/幸喜美

聖堂の燭台磨き年用意/奥田花珠子

老い母と二人三脚年用意/大澄利江

年用意海女の盥に三角波/香西照雄

川端に鵜籠洗ふも年用意/藤井智子

一袋猫もごまめの年用意/小林一茶

年用意漱石の猫追ひ出され/脇祥一

俳句例:21句目~

手水舎に青竹柄杓年用意/平井/梢

人混みを妻に従ふ年用意/中林利作

休日の増えし男の年用意/玉澤淑子

年用意とて紙を剪る甲申/黒田杏子

籠に植う春七草の年用意/松藤夏山

石叩来る静かさに年用意/矢野藍女

引越もまた一流転春支度/藤田美乗

鮠串を焙りて杣の年用意/太田蓁樹

切符買ふ列に並んで年用意/三宅桂

くれなゐの襷一本年用意/岡部名保子

竹青く縄白くあり年用意/青木まさ子

簡単な筈があれこれ年用意/稲畑汀子

すぐ高き當麻の月や年用意/山本洋子

老僧の自坊にもどり年用意/井上和子

閻魔堂開けてみ寺の年用意/山東恒子

川浚ひしたる貴船の年用意/土山紫牛

巡航船迎へて島の年用意/小野寺孤羊

べつたりと濡れし俎年用意/橋本鶏二

青竹の音のそれぞれ年用意/左海把津

鳥居立つ干潟に焚火年用意/河野頼人

俳句例:41句目~

年金の暮しに馴れて春支度/中村清治

年用意よき鰹節を選びけり/山本蓬郎

年用意利尻昆布の砂おとす/細見綾子

年用意町筋清くなりにけり/岩田元子

年用意蔵より洩るる母の音/西村梛子

一束の牛蒡を埋けて年用意/金親化石

久々に穴掘ることも年用意/能村研三

年用意遺ひのこりや炭二俵/小澤碧童

何にでも老のかけ声年用意/小松月尚

抽斗に肚立ててゐる年用意/辻田克巳

俎板に大鯛跳ぬる年用意/和田千恵子

母の死が風化してゆく年用意/小林曜

沙弥が刷る歳徳神も年用意/河野静雲

厨の灯ひとつ吊り足し年用意/岡本眸

沙彌が刷る歳徳神も年用意/河野静雲

吾と古りし鍋釜磨き年用意/工藤郁子

夕映の妻にしたがふ年用意/笹川正明

夢殿へ白砂敷き足す年用意/山田孝子

牧場にどつと著く藁年用意/清田松琴

大漁旗立てて一村年用意/深見けん二

俳句例:61句目~

白菜と夜目に運びて年用意/中村汀女

カレンダー獄中に貼り年用意/角川春樹

すぐ妻を呼ぶ年用意始まれり/白岩三郎

髪染むることより始む年用意/石川和子

痰壷をきよめることも年用意/日野草城

縄の玉ころがってゐる年用意/高野素十

年用意ほのぼの匂ふ牛蒡の身/高橋鋼乙

みほとけに菊畑のこす年用意/山田孝子

青竹の香をことのほか年用意/伊藤敬子

百日忌母亡き子等の年用意/能登原清美

蚕室も納屋も掃ひて年用意/長谷川素逝

年用意画廊に陳べて偽画偽筆/田中千岳

年用意やまひ養ふばかりにて/島野光生

雉子一羽山より提げて年用意/中村純子

二人前の豆煮て了る年用意/玉置石松子

使ひ捨て懐炉買ひため年用意/角川春樹

鋸粉から海老さぐりだす年用意/飴山實

円鏡のラジオやせわし年用意/小沢昭一

古絵馬を焚き護摩堂の年用意/北村/周

大いなる年より年へ年用意/赤星水竹居

俳句例:81句目~

天に遊ばしめ鳩舎の年用意/安良岡昭一

金的を貼り替え矢場の年用意/浅井仁水

夫婦して買ひ物好きの年用意/西村和子

子の丈の妻におよべり年用意/平野彩雨

年用意編目密なる箕も加へ/能村登四郎

年用意おしらさまにも晴衣着せ/原柯城

文筆の徒にもありけり年用意/山口青邨

年用意ならぬ古壺買ひ戻る/下村ひろし

心にも捨つるものあり年用意/山田弘子

洗い杵かけつらねある年用意/高梨花人

浮浪者狩りして公園の年用意/右城暮石

踏石も洗ひ上げたる年用意/佐藤美恵子

護摩木割る事より寺の年用意/斎藤トミ

田仕舞の地蔵に供華や年用意/巌谷小波

病僧やかさりこそりと年用意/川端茅舎

髪染めることも一つの年用意/宮島秋女

年用意にと届きたる雉子一羽/秋山万里

春支度京のしきたり嫁しるや/風間さく

畝傍山にいま日の当る春支度/山本洋子

硝子窓拭きて日暮れぬ春支度/則近文子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ