季語/寒雀(かんすずめ)を使った俳句

「寒雀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒雀」について

【表記】寒雀

【読み方】かんすずめ

【ローマ字読み】kansuzume

子季語・関連季語・傍題・類語など

・凍雀(こごえすずめ:kogoesuzume)

・ふくら雀(ふくらすずめ:fukurasuzume)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒雀を含む俳句例

寒雀酒蔵を出る糀の香/澄雄

寒雀竹動かして集れり/篠原

寒雀盥落しを覗きけり/梧月

箒手に妻が出て来る寒雀/梧逸

園児らに近目遠目の寒雀/龍太

幸うすく瞼のうすき寒雀/八束

工場裏朝まだ蒼き寒雀/桂信子

寒雀水をのむ波湫を揺る/篠原

寒雀揺らるゝ枝を啄める/草堂

寒雀竹動かして集まれり/温亭

寒雀礫となりぬ人の死ヘ/原裕

寒雀氷の珠を啄みぬ/松瀬青々

青年に愛の一瞥寒雀/齋藤愼爾

雨樋に大きな音や寒雀/星野立子

軒下の土の乾きや寒雀/高濱年尾

脳軟化して点点と寒雀/和田悟朗

磐石の色に出にけり寒雀/齋藤玄

土見れば土啄みつ寒雀/臼田亜浪

看経の窓ほの~と寒雀/河野静雲

本家元祖よりも丸久寒雀/岸田稚

俳句例:21句目~

寒雀大仏殿を栖ひなる/山口誓子

大仏の膝に香炉に寒雀/河野静雲

天上に銃口はあり寒雀/齋藤愼爾

山の大きさみな咥へ寒雀/松澤昭

寒雀霊安室を飛んで来し/斎藤玄

寒雀枢の音を嫌ふらし/藤田湘子

寒雀二合三勺今日の糧/岩田昌寿

雪天の暮るゝゆとりや寒雀/泊雲

倉庫の扉打ち開きあり寒雀/虚子

寒雀何煮る妻の誕生日/中島斌雄

簷の櫂の醪を嘗めに寒雀/西山泊雲

夕月の木込去らずよ寒雀/富田木歩

脇へ行くな鬼が見るぞよ寒雀/一茶

天の国いよいよ遠し寒雀/西東三鬼

荒庭や桐の実つゝく寒雀/永井荷風

陶房を覗きに来たる寒雀/椎橋清翠

霜の貯炭光背なせり寒雀/小林康治

寒雀ゆふべの羽音おほきかり/白雨

風吹いて消し山影や寒雀/宮武寒々

とある日もとある時をも寒雀/玄/

俳句例:41句目~

寒雀わが手袋の色に似る/田中冬二

餌台にまづ一羽来る寒雀/高野清美

寒雀をりし所に日射失せ/西村和子

寒雀庭のゑくぼのみな動く/神蔵器

ぼのくぼに朝日は中り寒雀/齋藤玄

寒雀木花咲耶媛に鳴く/百合山羽公

寒雀一つは河豚の顔したる/中拓夫

寒雀汝も砂町に煤けしや/石田波郷

寒雀石工微笑を刻みをり/成田千空

寒雀芥もろとも流れけり/岩田昌寿

寒雀語れる如き首を振り/星野立子

寒雀身を細うして闘へり/前田普羅

寒雀遊び空貨車溜りをり/石塚友二

寒雀隣る立木へ四散して/高澤良一

愛降るかに影とこゑとの寒雀/湘子

寒雀けぶりの影におどろかず/鴻村

日だまりに煙草のうまし寒雀/源義

曳売の生活に馴染む寒雀/清水富子

村ありて日向がありて寒雀/原田喬

石の相俄かに暮るる寒雀/三好潤子

俳句例:61句目~

硝子戸の中に猫ゐる寒雀/遠藤梧逸

寒雀ふくらむ胸を城の窓/大野紫陽

磔像の下に餌拾ふ寒雀/岡部六弥太

嘴先に光を溜めて寒雀/小林清之介

寒雀うしろ向きなる貧しき人/岸田稚

降り来ては及び腰なる寒雀/石塚友二

寒雀土乾きゐて掃かれあり/島田青峰

けふの糧に幸足る汝や寒雀/杉田久女

鉄瓶のしたたかたぎる寒雀/石澤達郎

ころげある籠の中より寒雀/鉄田耕寿

寒雀とび与太郎は庭をはく/高木晴子

しみじみと牛肉はあり寒雀/永田耕衣

しみじみと牛肉は在り寒雀/永田耕衣

寒雀なじみの顔の犬へ来る/杉山岳陽

猫抱けば猫の目が知る寒雀/大野林火

ひいふつと枝を離るる寒雀/高澤良一

跫音のそこより起る寒雀/波多野爽波

ぽつたりと廂に下りぬ寒雀/田中冬二

角櫓より寒雀こぼれ落つ/渡辺/彦陽

寒雀に榻静かなる薄日かな/島田青峰

俳句例:81句目~

寒雀見てゐて少し跳ねてみる/岡本眸

熱き茶を飲んで用なし寒雀/石田波郷

寒雀傲岸に蘆華猖介に/竹下しづの女

わが胸のいつふくらむや寒雀/登四郎

ネクタイの黒が集ひぬ寒雀/鈴木鷹夫

色鳥をよそ目に煤寒雀/竹下しづの女

烈風に飛びとどまれる寒雀/福田蓼汀

作業衣の朝は重たし寒雀/米沢吾亦紅

倉の窓に一羽鳴きけり寒雀/内田百間

寒雀短き主婦の午後終る/梅田実三郎

掃かれずに凍てたるものや寒雀/春草

寒雀働けとこそ朝は来ぬ/鈴木しげを

寒雀ぽんとはずみて向きかへて/章子

檻抜けておこぼれ頂戴寒雀/高澤良一

縁に来し寒雀二羽襟あはす/石川桂郎

寒雀日さすほづ枝を争ふや/高田蝶衣

天平のふるみちにして寒雀/西本一都

糸屑のくれなゐ咥へ寒雀/中尾寿美子

安静時間扉口にも降り寒雀/野沢節子

寒雀老母が軒にしづもりぬ/永田耕衣

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ