季語/炬燵(こたつ)を使った俳句

「炬燵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「炬燵」について

【表記】炬燵

【読み方】こたつ

【ローマ字読み】kotatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・切炬燵(きりごたつ:kirigotatsu)

・置炬燵(おきごたつ:okigotatsu)

・炬燵櫓(こたつやぐら:kotatsuyagura)

・炬燵蒲団(こたつぶとん:kotatsubuton)

・炬燵板(こたついた:kotatsuita)

・電気炬燵(でんきごたつ:denkigotatsu)

・炬燵切る(こたつきる:kotatsukiru)

・炬燵張る(こたつはる:kotatsuharu)

・炬燵開く(こたつひらく:kotatsuhiraku)

・敷炬燵(しきごたつ:shikigotatsu)

季節による分類

・「こ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

炬燵を含む俳句例

俤や火燵の際の此のはしら/杉風

火燵からおもへば遠し硯紙/沙明

真夜中や炬燵際まで月の影/去来

暫くはあたり隣の炬燵かな/萬翁

残る鴨何番の花置火燵/子規句集

庚申や殊に火燵のある座敷/残香

恋ふ心悔ゆる心や置炬燵/上村占

草菴の火燵の下や古狸/内藤丈草

見台に髪ゆふうちの火燵かな/毛

炬燵居の夫を促す万歩計/山口恵子

炬燵して芋銭の狐隊行圖/高澤良一

介病も一人前する火燵哉/向井去来

母人に賀客のひまの置炬燵/寸七翁

疎開して六十年の切炬燵/黒田杏子

礼受やよき衣寒く置炬燵/高浜虚子

姑の出たあとぬくき炬燵かな/羊捨

姑の顔むつかしき炬燵哉/寺田寅彦

姥捨の深雪の底の炬燵婆/藤岡筑邨

嫂や炬燵に遠く子を膝に/富安風生

切炬燵夜も八方に雪嶺立つ/森澄雄

俳句例:21句目~

寒病みの火燵もほしや後の月/斜嶺

寺執事炬燵を前に声荒し/高木晴子

炬燵より半身出して狩の犬/辻桃子

山墓へ残光ゆづり夕炬燵/香西照雄

住つかぬ旅のこころや置火燵/芭蕉

つくづくと物の始まる火燵哉/鬼貫

節分の熱き炬燵に宿直す/木村蕪城

裏見せて火燵布団の紅きかな/篠原

掘りかへす炬燵埋火八方に/上野泰

炬燵して鏡に對す夫婦哉/寺田寅彦

老夫婦世を住よしの炬燵かな/竹裏

藪入て暫し炬燵の主かな/角田竹冷

衰老の机に遠き炬燵かな/会津八一

筋違に琴しらべ居る炬燵かな/路習

豆撒きの手を守りゐる炬燵人/原裕

逢阪で昼飯食ふや炬燵売/高田蝶衣

隠し子の年員へゐる火燵かな/柳女

づぶ濡の大名を見る炬燵哉/小林一茶

祈祷師の倚れる炬燵の夕間暮/森田峠

炬燵して絵本の蟻の穴倉図/高澤良一

俳句例:41句目~

並べけり火燵の上の小人形/子規句集

睦じき顔をならべて炬燵哉/寺田寅彦

枚方の火燵の外の枯野かな/岡本松浜

冬雨に炬燵櫓をはたくかな/室生犀星

狩宿の炬燵や足の混みあへる/辻桃子

炬燵から我に教へよ不随斎/尾崎紅葉

べた凪の晩年を漕ぐ置炬燵/武田和郎

炬燵膳夫も子恋の箸を措く/村上光子

洋室に似合ふ工夫の置炬燵/稲畑汀子

人老て炬燵にあれる踵かな/加舎白雄

古壁や炬燵むかうのはつ暦/小林一茶

むく鳥の一茶漁らむ置炬燵/高澤良一

十月や昼の火燵の炭なだれ/中村史邦

奥山の奥ある国にゐて炬燵/村越化石

美しき蒲団かけたり置炬燵/村上鬼城

美しき妻驕り居る炬燵かな/尾崎紅葉

置炬燵雪の兎は解けにけり/正岡子規

炬燵出て夜の勤行のお肩衣/河野静雲

余生とは寄り添う月日置炬燵/木村清

子等遠し二辺を余す掘炬燵/野上水穂

俳句例:61句目~

火燵よりねに行く頃は夜中かな/雪芝

炬燵人よそ目の心閑かかな/尾崎迷堂

置炬燵出てがさ市の客相手/高澤良一

塞ぎたる炬燵のあとの青畳/香下寿外

置炬燵とは熱かりき日吉館/黒田杏子

置火燵後や花折るふまへ物/斯波園女

小畳の火燵ぬけてや花の下/内藤丈草

小若衆に念者きはまる火燵かな/李由

尼一人には大いなる切炬燵/森信坤者

山冷にはや炬燵して鶴の宿/杉田久女

縁側と老婆と猫と炬燵かな/里見宜愁

火燵して小説に泣く女かな/羅蘇山人

山寺の一夜の宿の置炬燵/外園タミ女

紅梅に見えて炬燵の美しき/遠藤梧逸

炬燵の間母中心に父もあり/星野立子

濤音へあけて炭つぐ置炬燵/石田波郷

炬燵に顎のせ友恋か山恋か/矢島渚男

炬燵寝の妻の眼元の涙かや/京極杞陽

憲法第九条炬燵明りかな/郡山やゑ子

炬燵なき蒲団や足ののべ心/正岡子規

俳句例:81句目~

母方の客のみ残る炬燵かな/中谷葉留

炬燵寝の五分に長い長い夢/工藤克巳

手焙りや炬燵塞ぎて二三日/小杉余子

折鶴の空を漂ふ炬燵かな/徳永山冬子

火燵人腰を捕へし暖に在り/高浜年尾

拾ひ得し命を惜しむ火燵哉/寺田寅彦

元日や炬燵の上に受験の書/相馬遷子

炬燵して飛騨鰤談義一頻り/高澤良一

筆力も抜けて火燵の寫し物/会津八一

掻餅に新聞を読む火燵かな/寺田寅彦

提灯の手造り励み置炬燵/長屋せい子

窓一つ明るく淋し火燵の間/鈴木花蓑

腰ぬけの妻うつくしき炬燵かな/蕪村

我よりも老行く妻や置火燵/佐藤紅緑

たましいの脂ぬけゆく炬燵かな/橋石

元朝や去年の火残る置炬燵/日野草城

炬燵出て鍬とる主や冬牡丹/吉田冬葉

下戸ひとり酒に迯たる火燵哉/炭太祇

貧乏は掛乞も来ぬ火燵かな/子規句集

跡さして火燵に寝たも暮なれや/破笠

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ