季語/梅雨(つゆ/ばいう)を使った俳句

「梅雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梅雨」について

【表記】梅雨

【読み方】つゆ/ばいう

【ローマ字読み】tsuyu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・黴雨(ばいう:baiu_)

・梅雨前線(ばいうぜんせん:baiuzensen)

・梅雨時(つゆどき:tsuyudoki)

・ついり(ついり:tsuiri_)

・梅霖(ばいりん:bairin_)

・梅の雨(うめのあめ:umenoame)

・梅雨雲(つゆぐも:tsuyugumo)

・五月雲(さつきぐも:satsukigumo)

・梅雨曇(つゆぐもり:tsuyugumori)

・五月曇(さつきぐもり:satsukigumori)

・荒梅雨(あらづゆ:arazuyu)

・旱梅雨(ひでりつゆ:hideritsuyu)

季節による分類

・「つ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

梅雨を含む俳句例

梅雨寒の竹が誘ふ外厠/斎藤玄

梅天や色さめ~と杜若/原石鼎

纜も旅の心も梅雨しとど/素十

青梅雨や幾千の鷺子を守る/元

傘の柄の?梅雨車中/高澤良一

正直に梅雨雷の一つかな/一茶

河童に梅天の亡龍之介/飯田蛇笏

梅雨幾日濁り沈めて手水鉢/篠原

梅雨寒し教会堂の昼の鐘/上村占

黒松の天梅雨づきぬ沼の銀/林翔

一本の燭に梅雨冷え浮御堂/原裕

考の二転三転梅雨豪雨/星野立子

一筋に仲見世道の梅雨明り/龍男

筍が好きで筍梅雨許す/後藤夜半

潦大きく梅雨の門塞ぐ/田村了咲

神詣道々梅雨の雀かな/小澤碧童

畳踏む大足うつす梅雨鏡/桂信子

町角を曲れば梅雨も曲り降り/泰

梅雨の月或夜明るし山近し/及川貞

梅天や脳髄に南半球なし/大屋達治

俳句例:21句目~

梅天や金の闇垂れ九品佛/古舘曹人

梅雨の松百億劫も雫して/前田普羅

梅雨寒や机の下の膝法帥/西島麦南

梅雨の花癌の項に匂ひ来よ/齋藤玄

梅雨雲を頂にして八ケ岳/高木晴子

旧宅の隣の人や梅雨の客/鈴木花蓑

抽斗の梅雨の暗がり肥後守/判治泰

天竜の幅八町の梅雨濁り/高濱年尾

梅雨寒や屏風を渡る蝸牛/庄司瓦全

樹頭越え一飛迅し走り梅雨/森重昭

梅雨空へ三十六峰雲を吐く/滝青佳

東山三十六峰の梅雨気配/安成三郎

雲の波地の波梅雨の九十九谷/林翔

捩花の翩翻梅雨の中休み/高澤良一

梅雨嫌ふ食卓塩の赤き蓋/高澤良一

関址に音なき梅雨の海迫る/有働亨

梅雨深きことも仏の心かな/星野椿

茶が騒ぎ梅天畦に香しき/古舘曹人

荒梅雨の屍焼く音憚らず/飯島晴子

梅雨雲のそれも山中七ケ宿/岸田稚

俳句例:41句目~

一行の常凡も事梅雨日記/野澤節子

荒梅雨に傾きつつや最上川/岸田稚

荒梅雨の蕗原返す妻の脛/小林康治

梅雨寒の朝の白粥命愛し/伊東宏晃

国道の一歩外側梅雨の暗/右城暮石

暁闇の思惟仏に侍す梅雨の山/原裕

飲食や梅雨の底なす外厨/石川桂郎

梅雨月や松屈強の大井川/庄司圭吾

荒梅雨や丈六佛の燥と鬱/津田清子

松島の松の滴り走り梅雨/吉田木魂

梅天が映りて平なる水面/高木晴子

梅天と紛れざるため鴎立つ/樋笠文

梅雨寒し白い方程式の中/対馬康子

南海に七彩もどし梅雨北上/上村占

梅雨久し泰山木は花腐ち/高濱年尾

西は西葉隠隠つ梅雨の梅/石塚友二

蒼朮の煙賑はし梅雨の宿/杉田久女

走り梅雨臆病窓に人の顔/茂里正治

茴香の花の匂ひや梅雨曇/嶋田青峰

艶歌師の雨着真青く梅雨の月/林翔

俳句例:61句目~

旅人の如くに汚れ梅雨の蝶/上野泰

卯辰山赤松の色梅雨かな/滝井孝作

梅雨山中白茫々の狂ひ滝/岡田日郎

梅天に髪を濡らして若人来/上野泰

一蝶の風の低しや梅雨葎/古舘曹人

七月の面暗しや返り梅雨/石塚友二

万華鏡めきて尾燈や梅雨の街/青畝

旅衣じめと筍梅雨にあり/青木月斗

梅雨曇り皮嚢よく匂ふ朝/横光利一

梅雨籠書屋狭きが故親し/松尾緑富

山寺の磴に遊んで梅雨雀/高澤良一

梅雨さむし鬼の焦げたる鬼瓦/楸邨

梅雨甘露吾のみ酒は衰へし/斎藤玄

人といふ人皆恋し梅雨曇/高橋馬相

青畳夜を匂へり走り梅雨/大橋敦子

梅天の下の壺網十あまり/山本歩禅

通行人臆せぬ貌の梅雨雀/高澤良一

梅雨じめりせし旅衣又まとふ/汀子

珈琲屋出て珈琲屋梅雨深し/辻桃子

乾坤の闇一痕の梅雨の月/福田蓼汀

俳句例:81句目~

漁火に似て庄内の梅雨灯/橋本榮治

鬱々と梅雨の木匂ふ験馘処/有働亨

傾きて太し梅雨の手水鉢/高浜虚子

深梅雨の暇もて余す渚あり/岡本眸

僧入りし梅雨の奥処の奥いかに/玄

心して供華培へば梅雨の喋/及川貞

段敷の石ゆるませて男梅雨/上村占

歳月や異人の砦梅雨募る/小林康治

最上川全長のいま梅雨ぐもり/耕二

化野やわが胸中の梅雨灯/辰野利彦

椨雫砂地をうがつ男梅雨/高澤良一

梅雨の墓人は静かに家の中/中山純子

梅雨月の赤き光輪母病めり/齋藤愼爾

旅支度少しづゝ梅雨深む中/高澤良一

梅天に祈あらたの諸聖人/下村ひろし

梅天の蝶影となり羽となり/高木晴子

梅雨晒し被爆聖像石に帰す/津田清子

梅天やさびしさ極む心の石/中村汀女

梅雨昏し腰揺りて牛歩き出す/桂信子

梅天を蜈蚣と倶に戴けり/相生垣瓜人

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ