季語/都草(みやこぐさ)を使った俳句

「都草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「都草」について

【表記】都草

【読み方】みやこぐさ

【ローマ字読み】miyakogusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

都草を含む俳句例

墓の妻いまはひとりや都草/森澄雄

御配流の島の遠さよ都草/紀藤道女

茅葺いて貴賓館あり都草/富安風生

その上の遠流の島の都草/山崎ひさを

磯草の都草とてひとつづり/石田勝彦

雨の日はたそがれ早し都草/松下義幸

夕かげをひきとめてゐし都草/手塚基子

都草咲かせ都に遠く住む/沢井/山帰来

黄なる花都草とは思へども/松尾いはほ

宇陀の野に都草とはなつかしや/高濱虚子

汝が墓地に満ちたる花は都草/阿波野青畝

みやこぐさ紅となる月日かな/野々山海光

ガラシャ碑へ吹かれて風の都草/三ツ谷松子

みやこぐさ咲きかたまりて日が炎ゆる/和地清

みやこぐさの名もこころよくねころびぬ/大野林火

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ