季語/末枯(うらがれ)を使った俳句

「末枯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「末枯」について

【表記】末枯

【読み方】うらがれ

【ローマ字読み】uragare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・末枯るる(うらがるる:uragaruru)

季節による分類

・「う」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

末枯を含む俳句例

紫のもの紅に末枯るる/風生

何草の末枯草ぞ花一つ/暁台

悉く十二町潟末枯るゝ/素十

末枯の花奉る涙かな/尾崎紅葉

力草力失ひ末枯るる/大橋敦子

末枯や舟は下るぞ面白き/成美

竹藪の鵯上戸うらがれて/史邦

末枯や鯉田の中にの影/岸田稚

杜若咲きて末枯肯んぜず/青畝

末枯や日当れば水流れ居る/篠原

末枯の芝山道や龍膽花/寺田寅彦

ことごとく顔に匂へり末枯は/裕

末枯や襟かき合す扇折/井上井月

末枯や北風強く當る山/石井露月

末枯や坪前栽も世のごとく/白雄

末枯や茶滓こぼるゝ草の垣/北枝

末枯や墓に石置く石の音/岡本眸

末枯は潮来芸者は土手を来る/峠

夕方は近所賑やか末枯るる/爽波

末枯に転がり笑い測量士/徳弘純

俳句例:21句目~

大潟村末枯道を切り結び/岸田稚

末枯るゝ事の早さよ茄子売/桃隣

草の戸や末枯知らぬ水の味/乙二

密漁の鮭末枯に落しけり/大串章

末枯の朝皃小さし葉も花も/青々

末枯や馬も餅くふ宇都の山/其角

末枯に人を恐れぬ狐かな/子規句集

この一路幻住庵へ末枯るゝ/菅裸馬

末枯や女負ひ立つ米六斗/相馬遷子

末枯れて河骨風にさときかな/春子

末枯の近江に枕重ねつつ/柿本多映

にび色の浦より低く末枯るる/文子

末枯れてまた廃坑の現れる/穴井太

末枯の野に落日の力なく/浅野右橘

末枯るゝ杉の下道歯朶薊/正岡子規

末枯や北指す牧の風向器/吉澤卯一

末枯のいろ集つて杭となり/上野泰

ものゝ情濃く薄く芝末枯れぬ/楸邨

末枯のけぶらふ涯を想ひみる/林翔

末枯や声どこまでも星鴉/堀口星眠

俳句例:41句目~

末枯や舞踏は膝に顎うづめ/中田剛

うら枯や芥のやうな蜆蝶/細見綾子

末枯や砂丘に命零しつつ/河野美奇

金一鱗末枯の庭わが愛す/山口青邨

末枯や根からも枯れる虫の声/也有

末枯のはじまつてゐる厨口/飴山實

米洗ふそを末枯が囲みだす/森澄雄

密々と夕雲満たす末枯野/斎藤道子

末枯や暮雲平かに奥州路/石井露月

末枯の黄昏の子を負いゆくのみ/昭

末枯を誘ふ雨の日もすがら/畑紫星

うら枯れていよいよ赤し烏瓜/太祇

末枯や四十路に急ぐわが月日/林翔

末枯の駅や顔なき人の数/馬場和子

末枯や人間の木は頭から/高澤晶子

捨猫とゐて末枯るる野は寧し/原裕

壁の絵は鳥か獣か末枯るる/皆吉司

末枯れや国によこたふ最上川/蓼太

末枯や身に百千の注射痕/日野草城

朝顔の搦む力も末枯れぬ/京極杞陽

俳句例:61句目~

末枯の海へ足垂れ殉教像/有馬朗人

末枯の狭庭風雨の朝くらく/瀧春一

末枯れぬ丹生大前の磧草/石田勝彦

末枯れて療園の峰地を歩む/有働亨

末枯れや諸勧化出さぬ小制札/一茶

末枯径吾妻よ胸をはり帰れ/石田波郷

末枯野何か忘れてきし思ひ/中村苑子

末枯のお稲荷様の電話鳴る/岸本尚毅

水引の紅を尽して末枯るゝ/高木石子

末枯のそよぎ始めを狼火山/伊藤京子

海底のごとくうつくし末枯るゝ/青邨

空港や大末枯をいそぐなり/鈴木楢谷

蓼の花草末枯れて水白し/河東碧梧桐

鉄線の葉の末枯もその一つ/高浜虚子

門に立ち末枯明り鶏むしる/福田蓼汀

頂上の末枯いそぐ穂草かな/福田蓼汀

鵙鳴くや末枯の野に煙多し/加藤楸邨

うらがれや馬も餅くふ宇都の山/其角

うら枯やからきぬ見つる漆の樹/蕪村

わが書斎末枯色のあかるさに/瀧春一

俳句例:81句目~

末枯の夕焼うつる布団かな/増田龍雨

うら枯れや家をめぐりて醍醐道/蕪村

末枯の家鴨の池も歌まくら/遠藤梧逸

末枯の山見しよりの一睡り/高野素十

一山の蝉の木末枯れ立つ/栗林一石路

末枯の桑の果なる町灯る/松本たかし

下総へ馬を運びて末枯るる/斉藤夏風

末枯の榕樹の気根崖に垂れ/高浜年尾

末枯の萩に風出ぬ昼さがり/日野墓域

末枯の葛の葉畳土手をなす/高木晴子

末枯の行く手金色仏おはす/澤井我来

末枯へ真白な兎走り出す/瀧澤伊代次

末枯も置くわが影も日のぬくみ/林翔

末枯やねむらずなりしねむり草/鷹女

末枯や一丁づつの仏さま/阿波野青畝

城壁の石に育ちて末枯るゝ/稲畑汀子

末枯や人の行手の野は淋し/正岡子規

末枯や動かぬものに石の影/島田芳恵

末枯や十二人とは使徒の数/井沢正江

末枯や単線海とわかれゆく/佐野良太

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ