季語/秋深し(あきふかし)を使った俳句

「秋深し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋深し」について

【表記】秋深し

【読み方】あきふかし

【ローマ字読み】akifukashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋闌(あきたけなわ:akitakenawa)

・秋闌くる(あきたくる:akitakuru)

・秋更くる(あきふくる:akifukuru)

・秋深む(あきふかむ:akifukamu)

・深秋(しんしゅう:shinshu_)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

秋深しを含む俳句例

秋深し石に還りし石仏/蓼汀

深秋の芒にはしる波の翳/楸邨

秋深の観音堂の薄明/藤田静水

秋深し隣は何をする人ぞ/芭蕉

秋深き雨夜を光る体温器/松浜

秋深き隣は何をする人ぞ/芭蕉

秋深し水が暗渠の中急ぐ/杏衣

秋深し長病む父の佛顔/町田敏子

篁や秋深まりし水の声/臼田亜浪

化野は風の遊び場秋深む/石口栄

秋深しふき井に動く星の数/露伴

秋深し鏡に映る女の奥/高橋妙子

深秋の鯉を構ひて辛抱す/斎藤玄

秋深む観音一体修復中/高澤良一

深秋の吊橋壊れなほ架り/森田峠

秋深む望遠鏡に翳生まれ/三谷昭

一の簗二の簗飛騨の秋深し/八郎

一枚の袷を愛し秋深し/林原耒井

秋深き影藤棚の下広く/高浜年尾

秋深し父の影踏む思ひして/原裕

俳句例:21句目~

深秋や風の上行く影法師/齋藤玄

雲幾重風樹幾群秋深む/石田波郷

秋深し泉に己が鼻写る/沢木欣一

漁火の遠くにありて秋深む/晴風

点眼の一滴一滴秋深む/坂井敏男

秋深し日暮れの畑の唐辛子/龍男

薪に割る何の生木ぞ秋深く/羽公

秩父囃子胸にずしりと秋深む/林翔

禅寺の油土塀に秋闌けて/高澤良一

秋深し茶筒隠れの磔像も/堀口星眠

秋深し私語橋に佇めば/高橋淡路女

六甲の山荘すでに秋深し/高濱年尾

出不精になりし我身の秋深く/渋亭

秋深し病弱つひに五十年/相馬遷子

秋深い山からおりて来た/住宅顕信

深秋やもとめて老のひとり旅/蒼石

咳の後のしづかさ秋深し/佐藤漾人

国境や秋深く置く石一つ/中川宋淵

深秋や子の渡航書を懐に/羽部洞然

秋深し物故と印す校友簿/須山重信

俳句例:41句目~

秋深き言葉を探し礼を作す/轡田進

秋深き花も飾るや食堂車/寺田寅彦

秋深き林芙美子の海の色/牛尾洋子

とめがねの緩みし眼鏡秋深し/照子

鯛焼の腹の温みや秋深し/今泉貞鳳

秋深む駅長光るホームに立ち/直人

高架駅月光かぶり秋深む/河野南畦

秋深みゆく面打ちの膝頭/平松良子

雨の夜の遠き音読秋深し/片山桃史

過ちの深秋金襴緞子かな/森川麗子

宗祇水一杓に秋深みかも/衣川砂生

過ぎし日をたたみて心秋深し/汀子

秋深き忌の薫香を身にまとふ/敦子

秋深き隣に旅の赤子泣く/佐藤鬼房

連嶺の鋸立ちに秋深む/坂本山秀朗

深秋のひとりの温み暁の家/岡本眸

秋深く夜毎を霧の軽井沢/田中冬二

秋深し月居山に月は夜々/福田蓼汀

火口湖の俄に暮秋深めたり/岡淑子

秋深く白雲の多き年かな/太田鴻村

俳句例:61句目~

彼一語我一語秋深みかも/高濱虚子

深秋の川原に白き石拾ふ/大薮寿子

秋深し弾けば陶壷鉄の音/池上和子

秋深し墓石も街も同じ色/有馬朗人

秋深し嘆きは人の辺にかへる/鷹女

赤松は疵を走らせ秋深む/依光陽子

深秋の師の忌へ参ず一人旅/安原葉

押す扉引く扉秋深きかな/岸本尚毅

日輪にひゞく風鈴秋深む/岸秋渓子

良寛の酒欲りし文秋深む/伊藤京子

朝顔を草と見るまで秋闌けぬ/成美

自問して答は一つ秋深し/三村純也

秋深し一匹で沈みゆく亀/増山美島

縁近く秋深みをり高野川/高木晴子

籠にさせるものの意に秋深し/風生

秋深き燈も憂きに細るげな/尾崎紅葉

かるさんの子に秋深き山家かな/麦人

秋深き隣りに旅の赤児泣く/佐藤鬼房

秋深き音生むために歩き出す/岡本眸

秋深く細き袋の茶を買へり/青池秀二

俳句例:81句目~

秋深しあら海家並より高く/石原八束

秋深しとは学会の済みてより/稲岡長

秋深し人に祈りの深ければ/稲畑汀子

秋深し原野にあふぐ白鳥座/大島民郎

秋深し大きな黒き指環はめ/星野立子

秋深し朽ちし吊橋錠かかる/生田経子

秋深し村の老医の老で混む/高橋利雄

秋深し浦島草の花欠けて/高橋淡路女

秋深し目につきやすき蟷螂/林原耒井

秋深し芸者がをどる白虎隊/山口青邨

わが前に山高からず秋深し/高木晴子

秋深し還暦過ぎて老後の計/相馬遷子

わが触れて来し山の樹や秋深し/汀女

マネの髭モネの髯秋深みたる/石嶌岳

七盛の墳やうつろに秋深し/高濱年尾

秋深し里人の打つ能囃子/野中ちよこ

秋深し銅鑼を掲げて谿の底/林原耒井

秋深し鰍は人の顔もてり/瀧澤伊代次

人生の生暮れの秋深きかな/永田耕衣

秋深し鳥影に首伸ばす鶏/千代田葛彦

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ