季語/瓜番(うりばん)を使った俳句

「瓜番」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「瓜番」について

【表記】瓜番

【読み方】うりばん

【ローマ字読み】uriban

子季語・関連季語・傍題・類語など

・瓜小屋(うりごや:urigoya)

・瓜番小屋(うりばんごや:uribangoya)

・瓜守(うりもり:urimori)

・瓜盗人(うりぬすっと:urinusutto)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

瓜番を含む俳句例

酒盗人瓜盗人よ夏の闇/中田剛

足早き瓜盗人に驚きぬ/松藤夏山

三枚の蓆の圍ひ瓜番屋/澤村/芳翠

宵闇の次第に長し酉瓜番/松藤夏山

燭点し瓜番小屋に扉なし/町垣鳴海

瓜番の茣蓙一枚の褥かな/広沢米城

先生が瓜盗人でおはせしか/高濱虚子

瓜番のたゞ灯して夜々遊び/永松西瓜

茣蓙の下田水走れる瓜番屋/村上三良

逃げてゆく瓜盗人は女なり/村上朱楼

瓜番にゆく貸本をふところに/平松荻雨

瓜番に小さく月のあるばかり/清水径子

瓜番に闇ふかぶかと土ほめく/田村木国

瓜番の写して居たる小経かな/河野静雲

瓜番の出て来て道を教へけり/佐藤梧林

瓜番の少し大人になりにけり/星野高士

瓜番の瓜かかへ来し夜の離宮/堀口星眠

瓜踏んで瓜盗人の転けたりな/尾崎紅葉

畦つたふ吾れを瓜番とがめ顔/山本三才

絵すだれを吊りて瓜番風流に/橋本鶏二

俳句例:21句目~

瓜番のいとまにつくる藺笠かな/橋本鶏二

瓜番のゐるかのごとく灯ともれる/藤紫影

瓜番の二の腕に蛾のとまりたる/岸本尚毅

瓜番といへど寝に行くだけのこと/渡辺芋城

瓜番や軒に吊つたる小提灯/吉武月二郎句集

瓜盗人どうしてゆつくり歩くのか/岡田史乃

瓜番舎そのままの稲城守となり/飛鳥田れい無公

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ