季語/新藷(しんいも)を使った俳句

「新藷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新藷」について

【表記】新藷

【読み方】しんいも

【ローマ字読み】shinimo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・走り藷(はしりいも:hashiriimo)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

新藷を含む俳句例

走り藷少し並べて朝市女/柿島貫之

柳川や汲水場に洗ふ走り藷/有働亨

新藷や弟を見る子のごとく/石野兌

新藷の金時色の好もしく/大林杣平

新藷を水に濯げば紅はしる/高澤良一

新甘藷を一本置けり童子仏/中山純子

土塊に新甘藷赤く躍りけり/高濱年尾

蒸し籠や湯気の底なる走り藷/峯青嵐

新じゃがや朝市農夫地に生えて/林翔

生涯の一事新藷出来のよき/高浜虚子

新馬鈴薯や黒土の窪器めく/香西照雄

新藷を供へ虚子塔詣かな/堀/みのる

新じやがや朝市農夫地に生えて/林翔

新藷の皮を大事に洗ひけり/堀之内和子

うつくしきもの献饌の走り藷/黒田杏子

人の世の初々しさよ走り藷/後藤比奈夫

息もまだ細き新藷掘り起す/百合山羽公

新藷をくれし俵にともしけり/高浜虚子

新じゃがの宅配も兼ね釣具店/高澤良一

新じやが掘る裸アポロの力瘤/平畑静塔

俳句例:21句目~

新馬鈴薯や農夫掌よく乾き/中村草田男

新じゃがの薄皮ほどの幸せも/高澤良一

海の風うけて新藷掘りゐたり/鳥越三狼

新甘藷の朱を大切に洗ひけり/三輪満子

うす味に馴らされて今日走り藷/朝倉和江

新じゃがの紙より薄き皮なりし/河原芦月

新馬鈴薯はどれも頭の友如何に/和知喜八

新藷の髭のごときをむしあげて/橋本鶏二

新藷の既にあかきもうちまじり/川端茅舎

新藷のうすべに母の忌なりけり/三島素耳

新藷を紅うするまで洗ひけり/能村登四郎

新藷のあかさを添へて施餓鬼棚/中嶋秀子

耕運機来て新藷を置いてゆく/松井志津子

新藷に夕餉すゝみしうれしさよ/中尾白雨

青味ある笊に新藷小味なる/長谷川かな女

こりとせる新じやがの汁朝ごはん/中拓夫

新じやがの尻の青さよ一間借り/鈴木東州

新藷の皮のはじけるふかしやう/斉藤夏風

新じゃが匂ふ塩焼小屋の厚き煤/沢木欣一

新じやが匂ふ塩焼小屋の厚き煤/沢木欣一

俳句例:41句目~

新じゃがのえくぼ噴井に来て磨く/西東三鬼

新藷を蒸してかにかく佳日なり/水原秋櫻子

新馬鈴薯が丸くてセルの妻愉し/佐々木有風

新甘藷を供ふもつとも子規忌らし/右城暮石

新じやがのゑくぼ噴井に来て磨く/西東三鬼

新じやがをほつかりと煮て風の町/下鉢清子

新じやがを太陽の子と云ひつ食ふ/大野林火

新じゃがの入る料理なら何でもよし/高澤良一

新じゃがの小粒利かん気いつぱいに/赤澤新子

新馬鈴薯のころころ蒸けて夜勤明け/和田幸司

塩が力の新じやがを煮て母子生き/沖田佐久子

新じやがの粉吹きは母に優るなし/冨田みのる

新じやがをほろほろむけば法事来る/大木あまり

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ