季語/歌会始(うたかいはじめ)を使った俳句

「歌会始」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「歌会始」について

【表記】歌会始

【読み方】うたかいはじめ

【ローマ字読み】utakaihajime

子季語・関連季語・傍題・類語など

・歌御会始(うたごかいはじめ:utagokaihajime)

・和歌御会始(わかごかいはじめ:wakagokaihajime)

・御会始(ごかいはじめ:gokaihajime)

季節による分類

・「う」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

歌会始を含む俳句例

ゆつたりと歌会始刻流る/志城柏

初歌会相聞の歌なかりけり/楠部南崖

御歌会始や松につもる雪/下田歌舟女

束の間に雪積む歌会始かな/盛川真二

松の間の障子真白く御歌会/澤木欣一

歌会始南栄の雪しづりけり/山県瓜青

詠進歌に牛や馬いて歌会始/金子兜太

歌会始の青空仰ぐ何んとなく/皆川盤水

歌会始目つむり給ひ天皇は/大井戸千代

おほせ言に”朝”と歌会始かな/松浦真青

召し歌の聞きとりにくき歌はじめ/小島千架子

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ