季語/初扇(はつおうぎ)を使った俳句

「初扇」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初扇」について

【表記】初扇

【読み方】はつおうぎ

【ローマ字読み】hatsuogi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初扇を含む俳句例

初扇安鉱泉に遊びけり/鈴木花蓑

初扇白何遍も白きかな/後藤立夫

並びなき雪の舞手や初扇/長谷川櫂

手にとりて心軽しや初扇/高濱年尾

胸像の陰なる女医が初扇/宮武寒々

初扇もつ頃いつもこの会議/山内山彦

初扇局女中の如くして/長谷川かな女

初扇転じたる目の花を恋ふ/菅原鬨也

挨拶の陳腐なれども初扇/阿波野青畝

旧交のはじめ覚えず初扇/赤松ケイ子

鎌倉に巫女を見し日の初扇/鈴木鷹夫

鎌倉の香のしみ入る初扇/小林喜一郎

かんばせにさざめく翳や初扇/下村梅子

目立たざるやうに使ひて初扇/山田弘子

艶隠の寺縁にかけて初扇/長谷川かな女

初扇かはせみの句のひらかれし/百合山羽公