季語/鷲(わし)を使った俳句

「鷲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鷲」について

【表記】鷲

【読み方】わし

【ローマ字読み】washi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大鷲(おおわし:owashi)

・犬鷲(いぬわし:inuwashi)

・尾白鷲(おじろわし:ojirowashi)

・禿鷲(はげわし:hagewashi)

・荒鷲(あらわし:arawashi)

・磯鷲(いそわし:isowashi)

季節による分類

・「わ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鷲を含む俳句例

鷲鬱と青き降誕祭を抽く/斎藤玄

禿鷲の翼片方づつ収む/飯島晴子

鷲に雲一つなき夜明かな/原石鼎

雲水に大鷲まへる雪日和/飯田蛇笏

鷲草の舞ふや童女の泪川/堀口星眠

檻に鷲短日の煤地におちる/桂信子

寒詣磴の手摺を鷲掴み/河野あきら

大鷲の制空圏下犬の恋/平井さち子

高原の老鷲の唄みづ浅葱/伊藤敬子

大鷲の帰る翼の撓りたり/奥田智久

白鷲は榛の宿水に二月尽/松村蒼石

丹念に羽繕ひする檻の鷲/徳重怜子

鷲やまだ汚さずに絵具皿/山田弘子

鷲の子や野分にふとる有そ海/去来

大鷲の掴みたつ雪もよひ/加藤草杖

霙るる田鳶や鼠を鷲掴み/家田小風

蛍逃げ熊野の闇を鷲掴み/後藤綾子

寒釣の来て磯鷲の巌奪ふ/明石芋峡

尾白鷲大岩壁の背後より/高澤良一

鷹渡る高さに鷲羽山低く/田村萱山

俳句例:21句目~

髪に鷲短日の煤地におちる/桂信子

国境を守るかに鷲旋回す/広中白骨

鷲老いて胸毛ふかるる十二月/桂信子

ご法話に蝉随喜して霊鷲山/高澤良一

鷲老いて止り木の糞石と化す/藤井亘

わが而立握り拳を鷲も持つ/鷹羽狩行

白鷲や今日こそ秋のことぶれに/林翔

岩鼻の鷲吹はなつ野分かな/大島蓼太

一湾の風となりゆく尾白鷲/市村正之

冠鷲翔けて樹海に日の沈む/田村萱山

酒気少し帯びて年豆鷲掴み/日野草城

冬霧の鷲の白きを母郷とす/橋本鶏二

凍港に起重機鷲の嘴の如し/久米正雄

巌頭の一樹が鷲の座に叶ひ/川村紫陽

氷切る炎昼の背は鷲となり/大井雅人

大いなる古創顔にこれの鷲/山口誓子

大根を鷲づかみにし五六本/高浜虚子

春鷲や翼の脱臼するひびき/安井浩司

紙漉く家白鷲流るごと渡る/西村公鳳

咳ひとつ落つ月明の鷲羽山/田住満夫

俳句例:41句目~

木枯や深山秀虚空鷲一羽/松根東洋城

馬刀貝の素っ頓狂を鷲掴み/高澤良一

森の鷲代田作りにこゑ放つ/堀口星眠

大鷲の鋭けれども悲しき眼/山田凡二

鷲ゆける樹海は粗く雪残り/岡田貞峰

大鷲のひろげし翼折れまがり/森田峠

氷原に鷲来て吾の生身欲る/津田清子

青空に雪の峻峰と鷲とかな/河野静雲

鷲草を採りて抱へし田植笠/西本一都

鷲飛びし少年の日よ雪嶺よ/多田裕計

御神渡鷲の雌雄の空を占め/増澤正冬

出羽びとの山を神とす尾白鷲/武甕静江

大いなるまたゝき寒し檻の鷲/田村木国

大空をたゞ見てをりぬ檻の鷲/高濱虚子

大鷲の爪あげて貌かきむしる/加藤秋邨

大鷲の瞳は人の世に向はざる/下村非文

大鷲の襲ひはすまじ頭上なる/奥田智久

妻病ませ根深料理ると鷲掴み/小林康治

尾白鷲の気配に万の鴨翔ちし/高橋桐子

尾白鷲天に流氷きしみ哭く/長谷川史郊

俳句例:61句目~

尾白鷲翼大事にたたみけり/久保田重之

山焼くや今宵爛たる飼鷲の眼/久米正雄

巌頭の雪の大鷲身じろがず/紺野美代子

零天に欠伸をするや檻の鷲/廣江八重櫻

檻の鷲一途なる眼を吾に向け/山田閏子

檻の鷲高きにとまり人を見ず/阿片瓢郎

死ぬときも翼広げて檻の鷲/小泉八重子

河童忌の白鷲に雨しぶきをり/堀口星眠

流氷の海に日の落つ尾白鷲/大森三保子

磯鷲はかならず岩にとまりけり/原石鼎

肩口に老いの見えきし檻の鷲/藤崎久を

豊の秋逢ひたる友を鷲掴みに/成田千空

雪原のおのが影へと鷲下り来/山口草堂

鳥葬のための鷲舞ふ素秋かな/佐川広治

鴨狙ふ尾白鷲木に身じろがず/南秋草子

鷲の巣の下を行きたる菌狩/相生垣瓜人

鷲の檻死木が肩を組んでおり/中村和弘

鷲の毛の金網に散る寒さかな/太田鴻村

鷲下りて雪原の年あらたなり/山口草堂

鷲掴み落花放してみせにけり/高澤良一

俳句例:81句目~

エール交す雪渓に帽鷲づかみ/荒井正隆

メーデーや子を鷲掴む労働者/辻田克巳

冬ざれや青味帯びゐる鷲の嘴/中川宋淵

冬の鷲爪みぢかくて老いにけり/桂信子

鷲の巣の鷲が見てゐる百草採/中島杏子

大鷲の嘴にありたるぬけ毛かな/高浜虚子

肉ちぎる鷲はたゝらを踏みにけり/森田峠

動く時きて翔ちゆけり尾白鷲/永田耕一郎

鷲の巣の樟の枯枝に日は入りぬ/野澤凡兆

吹きこみし雨に目ざとき檻の鷲/阿部寿雄

鷲の前人間の目がふとかなしむ/加藤楸邨

漁夫の手の鷲掴みして墓洗ふ/松井鴉城夫

鷲の巣のそれかあらぬか絶壁に/湯浅桃邑

檻の鷲眼光にぶくなりしかな/上田五千石

尾白鷲雪降るときも止むときも/福島壺春

檻の鷲世は雪ふりてゆくばかり/加藤楸邨

仔羊を盗られ法度の鷲を撃つ/吉良比呂武

天辺に鷲ゐて檻のがらんどう/石井とし夫

檻の鷲アンデスの山恋ふる目に/千才治子

犬鷲に見られし手持無沙汰かな/岡田久慧

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ