季語/冬館(ふゆやかた)を使った俳句

「冬館」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬館」について

【表記】冬館

【読み方】ふゆやかた

【ローマ字読み】fuyuyakata

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬館を含む俳句例

島影や遠き明治の冬館/巌谷小波

蹄鉄を文鎮として冬館/池上樵人

全景の宿の絵葉書冬の浪/桂信子

冬の宿谺を返し夕暮るる/横光利一

横綱と顔を洗ふや冬の宿/横光利一

次の間も利休の軸や冬館/高越素堂

池の面ははや昃りぬ冬館/高濱年尾

玄関に架けし十字架や冬館/辻桃子

空の色大地にうつり冬館/園山香澄

冬館タオルみどりの水蒸気/近藤一鴻

冬館一人のための夕餉の灯/戸川稲村

冬館古いピアノが木に返り/西村葉子

冬館訪ふ近道や廃墟の中/中村草田男

垣低く鬼切といふ冬の宿/岩淵喜代子

襖絵に牡丹の火焔冬の宿/鳥羽とほる

鏡台があれば覗きて冬の宿/細川加賀

冬の家釘を抜く音一つして/館岡沙緻

これよりの筑紫の冬の宿親し/稲畑汀子

冬の宿忍び泣くにも人目ある/下村槐太

誰か来て石投げ入れよ冬の家/柿本多映

俳句例:21句目~

夜に着きて硝子戸多き冬の宿/右城暮石

脚下にて櫛ひろいけり冬の宿/浅原六朗

プードルのやうな白菊冬館/大木あまり

針金のはしにも夕日冬の宿/百合山羽公

天道虫北の星座を背負いくる/冬館子音

おもひきや絵讃の梅を冬の宿/立花北枝

冬の蝿動くことなき山の家/日下部宵三

吾子が座を確かめ灯す冬の家/巌谷小波

弓なりに風の来てゐる冬の家/吉野裕之

ふかし芋割るやより添ふ冬の宿/横光利一

奈良に来て冬の月夜の宿をとる/星野立子

冬の宿赤きブーツのもたれあひ/土生重次

冬の宿風見るほかに用もなし/岩淵喜代子

冬の宿泣きはなたむに小さけれ/下村槐太

冬の宿伊香保古久屋といひにけり/石塚友二

余所の家にしか冬の薔薇咲かず/加倉井秋を

ユダはわれそれともなんぢ冬館/遠藤若狭男

歓楽はとほく去り冬の家に子と/柴田白葉女

冬の家を出て妻子と喜劇に笑つている/橋本夢道

冬の家暗ければ妻を雑巾の如くふと思う/橋本夢道

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ