季語/千鳥(ちどり)を使った俳句

「千鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「千鳥」について

【表記】千鳥

【読み方】ちどり

【ローマ字読み】chidori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・目大千鳥(めだいちどり:medaichidori)

・大膳(だいぜん:daizen)

・胸黒(むなぐろ:munaguro)

・小千鳥(こちどり:kochidori)

・白千鳥(しろちどり:shirochidori)

・鵤千鳥(いかるちどり:ikaruchidori)

・千鳥足(ちどりあし:chidoriashi)

・千鳥掛(ちどりがけ:chidorigake)

・磯千鳥(いそちどり:isochidori)

・浜千鳥(はまちどり:hamachidori)

・浦千鳥(うらちどり:urachidori)

・島千鳥(しまちどり:shimachidori)

・川千鳥(かわちどり:kawachidori)

・群千鳥(むらちどり:murachidori)

・友千鳥(ともちどり:tomochidori)

・遠千鳥(とおちどり:tochidori)

・夕千鳥(ゆうちどり:yuchidori)

・小夜千鳥(さよちどり:sayochidori)

・夕波千鳥(ゆうなみちどり:yunamichidori)

・月夜千鳥(つきよちどり:tsukiyochidori)

・鵆(ちどり:chidori_)

季節による分類

・「ち」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

千鳥を含む俳句例

浦風や巴をくづすむら鵆/曾良

鵺千鳥百夜燈しの脂かな/林桂

筆の海墨に声有り千鳥石/口慰

月暗し鵆を返す羽のおと/嘯山

如月や入日の底になく千鳥/士朗

暁や尾上を一つ行く千鳥/泉鏡花

道連に別れて後の千鳥かな/重瓦

墨よしや千鳥こぼるゝ朧月/嵐山

千鳥たつ加茂川こえて鉢叩/其角

あら磯やはしり馴たる友鵆/去来

鵆聞くために二日の旅寐哉/桃隣

遠千鳥ちり~高し多摩川原/素十

関守の厠へ通ふ千鳥哉/正岡子規

ちどり啼暁もどる女かな/炭太祇

川浪の霰光りに川千鳥/飯田蛇笏

汐汲や千鳥残して帰る海人/鬼貫

風雲の夜すがら月の千鳥哉/蕪村

加茂人の火を燧音や小夜鵆/蕪村

寒月の光をちらす千鳥かな/成美

呼次や千鳥の香炉浦煙/井原西鶴

俳句例:21句目~

砂走り千鳥が走り砂走り/森田峠

夕千鳥縹渺とわが息澄めり/林火

消もせん有明月の浜ちどり/樗良

磯節の宮は宿前千鳥聴く/上村占

立浪に足見せて行千鳥かな/太祇

女傘浪に千鳥の春の雪/岡本松浜

小夜千鳥加茂川越る貸蒲団/無腸

若き漁夫の口笛千鳥従へて/三鬼

渡し呼ぶ女の声や小夜千鳥/蕪村

星崎の闇を見よとや啼千鳥/芭蕉

浜厠千鳥の跡と思はるゝ/森田峠

月天に光れる星や浦千鳥/原石鼎

さよ千鳥加茂川越る貸蒲団/無腸

吹かれ来て畳に上る千鳥かな/乙由

渚鏡走る千鳥よ影さして/鈴木花蓑

あちこちに分るゝ水や村千鳥/荷風

漁火の三つがかなし千鳥城/岸田稚

ふみかよへ伊勢の津の国友鵆/宗因

浦人の早寐早起鳴く千鳥/山崎楽堂

寒詣翔るちん~千鳥かな/尾崎紅葉

俳句例:41句目~

梅干や汐風越して千鳥の白調/幸子

川風や裸身寒う千鳥啼く/幸田露伴

いつ迄か雪にまぶれて鳴千鳥/千那

いりあひの鵆なるべき光かな/青畝

上置きの干菜切れとや夕千鳥/一茶

提灯に浪おそろしや浦千鳥/原石鼎

夕千鳥松原越えて浜移り/鈴木花蓑

川千鳥ひら~と野火明り/鈴木花蓑

川千鳥啼くに記憶の糸たぐる/占/

渡し呼ぶ女の声や小夜ちどり/蕪村

九十九夜我も泣しよ磯千鳥/星布尼

月明し嶋影黒く千鳥なく/寺田寅彦

作のふるさと近き千鳥かな/樋笠文

川千鳥障子は雪にぬれにけり/之水

八景や或は見ゆる遠千鳥/鈴木花蓑

碑に千鳥を慕ふ以南の句/高澤良一

初雪や亭主ぶりする浦鵆/水田正秀

打よする浪や千鳥の横ありき/蕪村

高浪の裏に表に千鳥かな/岡田耿陽

遠渚か細く千鳥駆けりけり/森田峠

俳句例:61句目~

暁の淡路に戻る千鳥かな/会津八一

千鳥来し頃の網島物語/田畑美穂女

千鳥来てゐる荒天の桑畠/石原舟月

足許の白山千鳥の他は霧/高澤良一

ともし火の千鳥に動く涼み川/竹裡

船頭のくさめに騒ぐ千鳥かな/也有

篁に来鳴く千鳥や秋の雨/西山泊雲

江南は烏飛ぶ也むら千鳥/黒柳召波

合流す木曽の三川夕千鳥/神谷美和

湖尻の州崎の千鳥雨けぶる/木村蕪城

埋立地集ひ初めたる夕千鳥/斉藤夏風

川迅し千鳥の跡のすぐ古ぶ/栗生純夫

あら礒やはしり馴たる友鵆/向井去来

夏千鳥砂山よりは高く飛ばず/樋笠文

夕されば千鳥とぶ也春の水/高井几董

差し潮や千鳥鳴くなる濱畑/会津八一

かへる波かへらぬむかし啼千鳥/也有

川千鳥翔つ辺光れり誕生日/伊藤京子

御影講や千鳥の跡も波の上/三谷耕村

夜や更くる枕に近し川千鳥/法眼紹巴

俳句例:81句目~

こぼれてはき風拾ひ行鵆かな/千代女

こぼれてば風拾ひ行く鵆かな/千代尼

大船に厠のありて千鳥かな/尾崎迷堂

太葱の花の下総千鳥啼く/殿村菟絲子

しがらみの雪踏みちらす鵆かな/りん

洲の千鳥筑波颪に向き並び/川端茅舎

そら耳に千鳥を宙にやり過す/まもる

波の穂に驚き易き千鳥かな/城谷文城

河口の二つの干潟千鳥啼く/下村梅子

客たてゝ跡の仕舞ひや小夜千鳥/左次

江ノ電の昔千鳥の翔ぶ砂丘/高澤良一

宿古りぬ千鳥啼く夜の婢の溜り/晩夏

水音に千鳥ケ淵の夜寒かな/桜木俊晃

千鳥とぶ堰より桂川となる/中村芳子

鳥叫びて千鳥を起す遺手かな/泉鏡花

鰯引千鳥も飛んで九十九里/松藤夏山

千鳥聞其ちどりこそ生き仏/松岡青蘿

俊寛の枕ながるる千鳥かな/飯田蛇笏

青き穂に千鳥啼くなりひつぢ稲/史邦

雨の夜の千鳥茶山に鳴きにけり/舟月

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ