季語/寒釣(かんづり)を使った俳句

「寒釣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒釣」について

【表記】寒釣

【読み方】かんづり

【ローマ字読み】kanzuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒釣を含む俳句例

寒釣の西し東し潮満つ/西矢籟史

寒釣や物見鴉の岩移り/平子公一

寒釣は残り釣見る人は去る/林翔

寒釣の物思ふなき顔に遇ふ/瀧春一

寒釣や腰に固めし餌胴乱/飯田蛇笏

穴釣や氷湖轟く寧からず/新井石毛

穴釣の幌へ白鳥声はしる/小森泰子

寒釣や次なる恋を胸中に/岸本尚毅

寒釣の来て磯鷲の巌奪ふ/明石芋峡

穴釣に炭配るとふ橇遠し/手島靖一

穴釣に夕日射し入る酒の瓶/野澤節子

穴釣に日輪低くありにけり/三嶋隆英

穴釣のあきらめ去りし穴凍る/金子潮

穴釣や風の悲鳴に耳ふさぎ/堀口星眠

寒釣や帽子揃ひの父と子と/田中珠生

寒釣のもの思ふなき顔に遇ふ/滝春一

寒釣の一と日並びて相寄らず/大串章

穴釣の小さな焚火匂ひけり/坂巻純子

寒釣の一人動きて水重し/町田しげき

穴釣や花のやうなる釣れて/大石悦子

俳句例:21句目~

寒釣の不漁の顔と戻り来ぬ/石塚友二

穴釣や言葉少なく人群れて/新井英子

寒釣の立ちあがる時現身に/篠田悦子

寒釣の一人動かぬさつぱ舟/村上辰良

寒釣も夕づく鷺も靄の中/依田由基人

寒釣の長竿波にまさり照る/皆吉爽雨

寒釣の風波の綾を纏わずや/鈴木修一

文王のごと寒釣の人に寄る/名和未知

うづくまり蘆の声きく寒釣師/衣川砂生

寒釣をさらひし浪や平家村/大峯あきら

寒釣や去ぬとて放つ鮒すこし/木津柳芽

寒釣に行く飽食の身を起し/波多野爽波

寒釣の一念竿影揺らぎつ濃し/香西照雄

寒釣の夜明待つ火や沼照らす/渡辺立男

嵐山の朝や寒釣居るばかり/粟津松彩子

寒釣の沖までつづく芦刈屑/米沢吾亦紅

寒釣をものまね鳥の囃すなり/太田蓁樹

穴釣の人よちよちと歩きけり/矢島渚男

穴釣の孤影は風にまぎれけり/木村敏男

鳰鳥に仕科似てくる寒釣師/能村登四郎

俳句例:41句目~

穴釣の小屋滑り出す疾風来て/根岸善雄

寒釣の径なき岩に移るなり/水原秋櫻子

穴釣の連なり釣れて嵩もなし/小林碧郎

穴釣の釣場を移る小屋曳きて/根岸善雄

寒釣へ声かける人なかりけり/高橋沐石

穴釣す暁けの凍湖を渡り来て/松尾緑富

寒釣の煙管を叩く石置けり/米沢吾亦紅

穴釣の糸どこまでも落ちゆけり/下田稔

寒釣や竿打ち返すばかりなり/長谷川多度

寒釣や世に背きたる脊を向けて/吉屋信子

寒釣にゆくいでたちの黒づくめ/池田秀水

寒釣の位置占めてより動かざる/畠山譲二

穴釣やおのづからみな日に向かひ/原柯城

煙突が立つ寒釣のさびしき天/林田紀音夫

寒釣の来ているらしき煙立つ/田原せいじ

寒釣の釣るゝ気配のさらになし/上沢寛芳

穴釣や遊山ほどなる荷を持ち来/大石悦子

寒釣のきのふの背中見せにけり/大嶽青児

寒釣のいでたちしかと見えにけり/石原舟月

穴釣のひとりに湖のふぶきをり/塩谷はつ枝

俳句例:61句目~

寒釣に手を貸す煙草捨てにけり/吉田とし子

寒釣の鮠がのこせし手のあぶら/米沢吾亦紅

きつね顔して寒釣の立ちあがる/曽根原幾子

寒釣の身をさざなみに刺されをり/石原八束

寒釣のはねあげたるは泛子ばかり/水原秋桜子

穴釣のかたまつてゐる日の出かな/小原寿々美

もの問へば寒釣きげんわるかりし/阿波野青畝

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ