季語/山葡萄(やまぶどう)を使った俳句

「山葡萄」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山葡萄」について

【表記】山葡萄

【読み方】やまぶどう

【ローマ字読み】yamabudo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「や」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

山葡萄を含む俳句例

気働き目に出て少女山葡萄/岡本眸

山ぶだう黒きまで熟れ女坂/細見綾子

山葡萄露に熟るるよ祭過ぎ/野澤節子

山葡萄いま朝日満つ伊達郡/皆川盤水

水上に熟るゝ万朶の山葡萄/前田普羅

宇津谷の雲行き怪し山葡萄/高澤良一

遠き日の道みな細し山葡萄/岡本彦弥

牧閉ぢて紫こぼす山葡萄/水原秋櫻子

滝音にすがる他なき山ぶだう/坂巻純子

空透きぬ甘さ極まる山葡萄/関根黄鶴亭

能登線や砂山ぶだう棚枯れて/細見綾子

子と二日会はねば渇く山葡萄/福永耕二

小鳥より先にみつけし山葡萄/今瀬剛一

山姥の採らばかくれむ山葡萄/赤尾兜子

山葡萄の酒もあるなり秋山家/吉田冬葉

山葡萄ひと日遊びて精充ちて/草間時彦

山葡萄含みて憩へば鵯鳴けり/相馬遷子

山葡萄地に枯れ微音伝へ来る/大林清子

髪の根もかわく日和ぞ山葡萄/福永耕二

山葡萄故山の雲のかぎりなし/木下夕爾

俳句例:21句目~

樹から樹へ渡す紅葉や山葡萄/寺田寅彦

あまた食み禽になるやも山葡萄/西川光子

あをぞらをのせて雲ゆく山葡萄/清水衣子

大つぶに降つてやむ雨山ぶだう/皆吉爽雨

歯槽病む山葡萄あり食えもせず/金子兜太

山葡萄までひやひやと眼のゆけり/岸田稚

山葡萄酸ゆく少年日焼けたり/小松崎爽青

山葡萄むらさきこぼれ山日和/水原秋桜子

少年は手を振り去りぬ山葡萄/小沢満佐子

飛騨谷へ蔓なだれたり山葡萄/水原秋桜子

山葡萄弥勒のやわきたなごころ/石田誓女

山葡萄からめる木々も見慣れつゝ/星野立子

山ぶだう手繰れば滝音とどろけり/菅原文子

山葡萄熟れてこぼるゝばかりなり/大瀬雁来紅

山葡萄這ひのりもぎぬ蔓ながら/阿部みどり女

灯を消してより香の立てり山葡萄/吉田つよし

紅葉せし葉につゝみけり山葡萄/阿部みどり女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ