季語/菜種蒔く(なたねまく)を使った俳句

「菜種蒔く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菜種蒔く」について

【表記】菜種蒔く

【読み方】なたねまく

【ローマ字読み】natanemaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

菜種蒔くを含む俳句例

蝶鳥の夢や見つらん菜種蒔/樗良

つや~と黒き菜種を蒔きにけり/美津女

川舟で菜種蒔く娘に灯りけり/富永花鳥

菜種蒔く遠嶺の没日仰ぎ見ず/寺田木公

黒潮の黒の深まり菜種蒔く/延平いくと

出水跡畝なしに菜種振り蒔けり/高田蝶衣

菜種蒔くかそかなる音地に籠る/田中茅洋

菜種蒔くや伊豆も果なる開拓地/新井反哺

菜種蒔く朝日へ行きつ戻りつし/田島和生

うしろから山風来るや菜種蒔く/岡本癖三酔

休め田を打ちて菜種を蒔きにけり/北野丹楓

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ