季語/牛蒡引く(ごぼうひく)を使った俳句

「牛蒡引く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「牛蒡引く」について

【表記】牛蒡引く

【読み方】ごぼうひく

【ローマ字読み】gobohiku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・牛蒡掘る(ごぼうほる:gobohoru)

季節による分類

・「こ」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

牛蒡引くを含む俳句例

朝夕に引くや庵の牛蒡畑/蓑立

峡に古る印絆纏牛蒡引/村上麓人

懐に夕風入れて牛蒡引/古賀まり子

骨張れる顔なほ硬く牛蒡掘/大熊輝一

牛蒡引く頃の畑を立ち眺め/綾部仁喜

半日は翳となる畑牛蒡引く/須佐薫子

牛蒡引煙ばかりの焚火して/遠藤正年

なか~の根気と思ふ牛蒡引く/内田准思

ゴム長の爪先じめり牛蒡引く/桜井格城

不覚にも落す十字架や牛蒡引/朝倉和江

引き倒す牛蒡の花や山の雲/鈴木しげを

手応えの総身にひびき牛蒡引く/牧月耕

牛蒡掘るかく深々と鍬をいれ/今本まり

牛蒡掘る黒土鍬にへばりつく/高浜虚子

街中に牛蒡掘る香や津和野町/澤木欣一

相模野に雲厚き日や牛蒡引く/佐野美智

穴さむく土音のして牛蒡ほる/飯田蛇笏

あからひく風の夕日や牛蒡引/小倉栄太郎

あるだけの力を出して牛蒡引く/中村志ま

しののめのしの字に引きし牛蒡かな/一茶

俳句例:21句目~

寺男らしきがひとり牛蒡引く/藤田あけ烏

手にあたる雨の荒さよ牛蒡引く/岸野青村

掻きわたる枯葉に霜や牛蒡引/斎藤俳小星

老の息うちしづめつつ牛蒡引く/後藤夜半

風よりも身を細うして牛蒡引く/今瀬剛一

出し瓦何時の世のもの牛蒡掘る/中森皎月

地を払ふ風の吹くなり牛蒡掘る/宮林菫哉

思ひきり土掘りおこし牛蒡蒔く/宮野契城

掘り起こす太き牛蒡の折れ易く/西野知変

牛蒡掘る森の出口の風溜り/鍵和田ゆう子

牛蒡掘る香に恍れ犬の紐を掌に/下村槐太

長々しき牛蒡掘りをり練馬野は/村山古郷

牛蒡引く待ちかまへたる雨なりし/桜井広江

言ひにくき事は怺へて牛蒡引く/八ツ代厚子

牛蒡掘が笑ひしごとくわらふべし/岡井省二

牛蒡掘る以外にやわらかい潮鳴り/伊藤淳子

寺門に頓死せるよまぶしき牛蒡引き/磯貝碧蹄館

牛蒡引くやほきりと折れて山にひゞく/村上鬼城

榛の木の太さの牛蒡掘り出したり/長谷川かな女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ