季語/横光忌(よこみつき)を使った俳句

「横光忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「横光忌」について

【表記】横光忌

【読み方】よこみつき

【ローマ字読み】yokomitsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・利一忌(りいちき:riichiki)

・利一の忌(りいちのき:riichinoki)

季節による分類

・「よ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

横光忌を含む俳句例

横光忌黙契いよゝ頑に/石田波郷

山鳩は松に籠りぬ横光忌/石田波郷

横光忌なりし山より雪の王/上村占

横光忌墓前に交す合の酒/清水基吉

横光忌齢の足袋も幾重ね/石塚友二

陰々と夕日語らず横光忌/戸田九作

チロルより雪の旅信や横光忌/漆畑悦

同門の酒の手の落ち横光忌/清水基吉

横光忌齢ばかりが先師踰ゆ/石塚友二

満目の松に病む身ぞ横光忌/石田波郷

きびきびと冬の朝日や横光忌/清水基吉

マロニエの細枝の空や横光忌/米谷静二

月蝕の障子閉ざしぬ横光忌/石田あき子

横光忌枯原低く飛べるもの/山田みづえ

横光忌面影褪することあらじ/石塚友二

立ち坐り且つ立ち坐り横光忌/石塚友二

紙ナイフの反り美しき横光忌/伊藤京子

落葉松の雨を見て去る横光忌/堀口星眠

冬磨墓地に獨り跼みをり横光忌/石塚友二

多摩墓地に獨り跼みをり横光忌/石塚友二

俳句例:21句目~

多磨墓地に独り跼みをり横光忌/石塚友二

横光忌末弟子となり父となりぬ/清水基吉

片頬にまざと日のあり横光忌/笹倉やよひ

利一忌のはや七度を徒には経し/石塚友二

水の面のひそかなよごれ横光忌/鷲谷七菜子

庭のもの燃やす利一忌風もなし/田中午次郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ