季語/雪の果(ゆきのはて)を使った俳句

「雪の果」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪の果」について

【表記】雪の果

【読み方】ゆきのはて

【ローマ字読み】yukinohate

子季語・関連季語・傍題・類語など

・涅槃雪(ねはんゆき:nehanyuki)

・名残の雪(なごりのゆき:nagorinoyuki)

・雪の名残(ゆきのなごり:yukinonagori)

・雪の終(ゆきのおわり:yukinowari)

・雪の別れ(ゆきのわかれ:yukinowakare)

・忘れ雪(わすれゆき:wasureyuki)

・終雪(しゅうせつ:shusetsu)

・雪涅槃(ゆきねはん:yukinehan)

季節による分類

・「ゆ」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

雪の果を含む俳句例

常念も爺も峙つ雪の果/澄雄

天と地の境は浅葱雪の果/石嶌岳

発心の小机作る雪の果/石田波郷

みちのくの古き教会雪の果/蓼汀

松に鳴る風音堅し雪の果/石塚友二

雪の果山の日あたる障子かな/龍雨

雪の果泣くだけ泣きし女帰す/林火

飛び喘ぐめをと鴉か雪の果/堀口星眠

古る簷の根津駒込や雪の果/石塚友二

香薬師とは歩きゐし雪の果/岡井省二

楮を売り蒟蒻を売り雪の果/西本一都

わが職をうばふ一言雪の果/天野松峨

みまかりし老婢老猿雪の果/西本一都

一音のごと鳥すぎぬ雪の果/佐野美智

被爆せし廃船眠る雪の果/相河美智子

子の睫毛濡れて睡るや雪の果/杉山岳陽

いく尾根の果とし雪の平家村/桑田青虎

天河に追ひつきたりし雪の果/野澤節子

浄瑠璃の伏目にをはり雪の果/桂樟蹊子

喪主と言ふ一日長し雪の果/吉野トシ子

俳句例:21句目~

ひざまくら重さ残れり雪の果/谷口桂子

雪の果に展けて暗き湖ならずや/有働亨

真鍮の取つ手ありけり雪の果/五島高資

海を見て坂くだりゆく雪の果/野澤節子

しきりなるあと降りあそび雪の果/史石

わが世路や日々躓きて雪の果/石塚友二

二重窓に日雀ちらつく雪の果/斎藤節子

傘さして吾子を身籠る雪の果/長谷川櫂

雪の果眉濃き人と思ひ見し/新谷ひろし

雪の果自転車押して下校子ら/大東晶子

雲の上を人があるいて雪の果/斉藤美規

霊山を仰ぐ夜の果て雪の降る/飯田蛇笏

杣小屋の噴き立つ釜や雪の果/野村喜舟

自己流に生きぬ一と筆雪の果/真夏出来男

敷かれつつなづな花あげ雪の果/皆吉爽雨

大江山うちかがやける雪の果/加藤三七子

雪の果さくらと呼びしえびの色/伊藤通明

雪の果はるかに火噴く山を恋ふ/高田蝶衣

雪の果我等が訪ひしプロバンス/高木晴子

あらがへる死臭と香華雪の果/赤松けい子

俳句例:41句目~

いよいよの雪の果とも思ふべし/本岡歌子

みちのくに逃れ信濃恋ふ雪の果/福田蓼汀

摩耶夫人乗らるる雲や雪の果/加藤三七子

湯ざましに浮かす九重雪の果/丸山しげる

雪の果これより野山大いに笑ふ/高浜虚子

放鷹の果てたる雪の血ぬられし/野沢美代子

けぶりゐる田母木や越も雪の果/能村登四郎

くわらくわらと橋渡る馬車や雪の果/畑耕一

ぶぶ漬けの昆布よく香る雪の果/市ヶ谷洋子

ほほゑみを目もて分けあひ雪の果/上田日差子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ