季語/雪時雨(ゆきしぐれ)を使った俳句

「雪時雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪時雨」について

【表記】雪時雨

【読み方】ゆきしぐれ

【ローマ字読み】yukishigure

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪しぐれ(ゆきしぐれ:yukishigure_)

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪時雨を含む俳句例

掻き曇り緋寒桜に雪しぐれ/伊東宏晃

雪時雨釜臥山颪し照り翳り/小林康治

禅寺の磴に手摺や雪しぐれ/正部家一夫

人死にて終る憎しみ雪しぐれ/赤松けい子

肘張つて蟹茹でらるる雪時雨/鈴木真砂女

雪しぐれ当麻の杉戸かをりけり/斉藤夏風

雪しぐれ乗ればはや馳す橇の馬/松崎鉄之介

雪しぐれ寝釈迦と濁世ともにして/諸角せつ子

雪しぐれ身にくひこみし紐ひとすぢ/鷲谷七菜子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ