季語/鶴(つる)を使った俳句

「鶴」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鶴」について

【表記】鶴

【読み方】つる

【ローマ字読み】tsuru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・丹頂(たんちょう:tancho)

・鍋鶴(なべづる:nabezuru)

・真鶴(まなづる:manazuru)

・袖黒鶴(そでくろづる:sodekurozuru)

・姉羽鶴(あねはづる:anehazuru)

・黒鶴(くろづる:kurozuru)

季節による分類

・「つ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鶴を含む俳句例

松明や鶴の林の夕煙/方山

長き夜や猿の鼾鶴の夢/霊子

枯蘆に鶴の脛そふ洲崎哉/猶存

懐手して鶴番の大男/染谷秀雄

草雲雀草津嬬恋鶴溜/大屋達治

凩の空見なほすや鶴の声/去来

痩脛や病より起ツ鶴寒し/蕪村

万歳や雀驚く鶴の丸/野村喜舟

九皐の鶴も馴れたる春野哉/玉子

女房は鶴糸見せぬ身八口/仁平勝

八千の鶴月光をほしいまま/原裕

鶴を画く雲井の空や鷄合/炭太祇

陽炎に躍る鰌や鶴の閑/野村喜舟

涼風や障子にのこる指の穴/鶴声

凩空見なをすや鶴の声/向井去来

らうそくの涙氷るや夜の鶴/蕪村

丹頂の嘴交す流氷期/喜多みき子

鶴騒ぎ干潟の氷翳深し/西村公鳳

松島の鶴になりたや春の空/乙二

塒鶴幼きこゑも混りたる/岸田稚

俳句例:21句目~

まづ来る鶴の一羽や空の秋/康成

鶴の棹先頭替るとき鍵に/城萍花

綿虫の漂ふ月日風鶴忌/小林康治

秋の空昨日や鶴を放ちたる/蕪村

鶴翼の五層裳階の城の雪/上村占

すてゝある石臼薄し桐の華/鶴声

風鶴院波郷居士今大冬木/中里結

幾春の文の齢や鶴が岡/上島鬼貫

年の夜や山科までは一里半/素十

のどかさよ鶴の齢を六七羽/越人

初日影鶴に餌を飼ふ人は誰/青蘿

山茶花の大樹花満つ鶴の村/朱鳥

爪立ちに鶴を覗ひ妻凍つる/原裕

梅見ばや竹の細枝鶴の脛/中勘助

鶴威鶴の羽音の蔽ひたり/岸田稚

鶴ケ岡蓮池の水馬かな/尾崎迷堂

梅白し昨日や鶴を盗まれし/芭蕉

汐越や鶴はぎぬれて海涼し/芭蕉

高熱の鶴青空に漂へり/日野草城

躾糸抜いて千年鶴のまま/永末恵子

俳句例:41句目~

鶴の毛の黒き衣や花の雲/松尾芭蕉

我ためか鶴はみのこす芹の飯/芭蕉

襖絵の鶴に手拡げ春著の子/大串章

神苑に鶴放ちけり梅の花/夏目漱石

残月に鶴放ちけり嶺の人/尾崎紅葉

御降や寂然として神の鶴/寺田寅彦

抱擁し前世を鶴と疑わず/山下正雄

丹頂の鶴の白玉凍りけり/渡邊水巴

八千の鶴に餌をまき悴めり/原和子

老鶴の天を忘れて水温む/飯田蛇笏

鶴の尾羽短黒矍鑠と夏袴/香西照雄

若草や空を忘れし籠の鶴/飯田蛇笏

鷹狩の獲物の鶴を賜りぬ/高浜虚子

鶴鳴や其声に芭蕉やれぬべし/芭蕉

鶴養ふ寒村の籾十五石/上野さち子

鶴の宿一人の膳を子が覗く/大串章

鶴菱も業平菱も雛のもの/後藤夜半

鶴臭を放つ姉さん被り哉/永田耕衣

月の暈著て三千の塒鶴/大岳水一路

芹焼の夜やまぼろしの鶴の声/月居

俳句例:61句目~

美しき羽根を使ひて鶴争ふ/大串章

鶴歩む吾亦紅また吾亦紅/伊藤晴子

鶴日誌畦に鶫の来しことも/大串章

月明の水にしたしき鶴の脚/原和子

鶴にやる鰌惜むや寒の内/野村泊月

熱燗や鶴を見にゆく話など/樋笠文

病みし鶴抱きし男通りけり/中島昴

湿原は鶴の涯なる二月盡/古舘曹人

冬ざれや拾ひ足して渚鶴/鈴木花蓑

冬の夜の巷に鶴を飼ひなれし/犀星

初旅や存分に見し鶴の舞/大橋敦子

初霜やわづらふ鶴を遠く見る/蕪村

別の羽つかう男と鶴の空/永末恵子

登高や鶴を招けば雲来る/島田五空

鶴を聴く衾のすこし臭し/古館曹人

早春の園鶴涙を放ちけり/富安風生

原鶴は月ある夜も鵜飼舟/高濱年尾

飛翔鶴雪の登校児遥かにす/岸田稚

啄木の旧居の庭の枯柳/鶴飼/風子

風鶴院微笑の空や法師蝉/佐藤鬼房

俳句例:81句目~

わが耳に鶴唳年の改る/加藤三七子

童等の声を慎む田鶴の頃/田中英子

風邪人鶴に餌をやる沓重し/原月舟

鶴は棹鴨は飛礫や時雨空/竹下白陽

立舞の鶴さながらに雪の城/上村占

鶴の舞ふ盃はよし雪見酒/山口青邨

塒鶴肩を落して降り来たり/岸田稚

夏霧の飛ぶや鶴富姫の家/早瀬紀子

鶴の脚きしみて歩む冬旱/伍賀稚子

夕影の青芝踏みて鶴涼し/日野草城

青陽の空に鶴咲き花の声/上島鬼貫

七福の一福神は鶴を飼ふ/山口青邨

七種や七日居りし鶴の跡/松岡青蘿

夕空を鋭く鶴の流れけり/中岡毅雄

霧を噴く鶴の鋳物や青嵐/寺田寅彦

霜凪や鶴のいただく月ひとつ/沾徳

雪が分んで声やはつゝむ鴬籠/調鶴

天清く鶴能く高し春の霜/内田百間

丹頂の鶴の白玉凍りけり/渡邊水巴

天長節御苑の鶴の首長し/鈴木余生

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ