季語/夕月夜(ゆうづきよ/ゆうづくよ)を使った俳句

「夕月夜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夕月夜」について

【表記】夕月夜

【読み方】ゆうづきよ/ゆうづくよ

【ローマ字読み】yuzukiyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夕月(ゆうづき:yuzuki)

季節による分類

・「ゆ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

夕月夜を含む俳句例

瓜盗む人朧なり夕月夜/赤木格堂

夕月夜畑の中の角力かな/田口酔月

棣棠の影さす扨は夕月夜/高井几董

狐出て人に餌乞ふ夕月夜/飯塚秀城

空壕に鈴虫鳴くや夕月夜/寺田寅彦

紫の映山紅となりぬ夕月夜/泉鏡花

紫蘇匂ふ京弁当や夕月夜/大島民郎

花火せよ淀の御茶屋の夕月夜/蕪村

夕月夜乙女の歯の波寄する/沢木欣一

夕月夜人は家路に吾は旅に/星野立子

大阪に来て夕月夜近松忌/大峯あきら

旅寝よし宿は師走の夕月夜/松尾芭蕉

早々と百姓寝ねし夕月夜/遠山楠翁子

春蘭の蕾もたぐる夕月夜/福田萬喜子

風に騒ぐ心や須磨の夕月夜/京極杞陽

鹿ずれの松の光りや夕月夜/内藤丈草

人の名の梅ほのかなり夕月夜/尾崎紅葉

掌の中の蕎麦種を見る夕月夜/萩原麦草

新雪の白馬も見ゆれ夕月夜/金尾梅の門

泥やなぎ枯るる中洲の夕月夜/三好達治

俳句例:21句目~

色鳥のねし木なるべし夕月夜/玉川湃山

都心にも夕月夜あり生活あり/高木晴子

わが骨の髄はくれなゐ夕月夜/沼尻巳津子

神の夏身のうらがはも夕月夜/小檜山繁子

なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな/与謝野晶子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ