季語/踊(おどり)を使った俳句

「踊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「踊」について

【表記】踊

【読み方】おどり

【ローマ字読み】odori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・盆踊(ぼんおどり:bonodori)

・ぞめき(ぞめき:zomeki)

・盆やつし(ぼんやつし:bonyatsushi)

・おけさ踊(おけさおどり:okesaodori)

・さんさ踊(さんさおどり:sansaodori)

・供養踊(くようおどり:kuyoodori)

・精霊踊(しょうりょうおどり:shoryoodori)

・燈籠踊(とうろうおどり:toroodori)

・切子踊(きりこおどり:kirikodori)

・豊年踊(ほうねんおどり:honenodori)

・木曾踊(きそおどり:kisodori)

・阿波踊(あわおどり:awaodori)

・踊子(おどりこ:odoriko)

・踊場(おどりば:odoriba)

・踊の輪(おどりのわ:odorinowa)

・踊唄(おどりうた:odoriuta)

・踊太鼓(おどりだいこ:odoridaiko)

・踊浴衣(おどりゆかた:odoriyukata)

・踊笠(おどりがさ:odorigasa)

・音頭取(おんどとり:ondotori)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

踊を含む俳句例

宵闇や門に幼き踊声/太祇

島原や踊に月の昔顔/几董

鹿踊袴の源氏車紋/高澤良一

浦祭祭囃子に波踊り/上野泰

鎌鍛冶と莨百姓盆踊/西本一都

寐て遠く聞や踊も秋の声/素外

風上の踊にわれの足拍子/林翔

尻をつく大道踊夕桜/古舘曹人

月の出て渚近づく踊唄/岸田稚

稲太る月夜の手足盆踊/飴山實

若葉風流球踊挙反り/矢島渚男

椎茸の笠きて踊れ枝蛙/中勘助

狂院をめぐりて暗き盆踊/三鬼

歌いづれ小町踊や伊勢踊/貞徳

踊衆に酒振舞ふや山頭/原石鼎

百姓の手足短し盆踊/宮坂静生

殿様がたお前の沖や踊舟/立詠

山町や清水祭に盆踊/滝井孝作

塀の上蝉取袋二つ踊り/上野泰

福藁や雀が踊る鳶がまふ/一茶

俳句例:21句目~

仰向けば月は踊の真上哉/螺山

一群の踊子来たり寺の庭/眠花

踊り子を次々に呑み太柱/上野泰

よひやみや門に稚き踊声/炭太祇

帰るさに編笠抱え踊人/高澤良一

夢となりし骸骨踊る荻の声/其角

踊笠出番の紐を結び合ふ/堤京子

陰陰と雨の宣澄踊かな/西本一都

月光に篝に顔のなき踊/西本一都

雨乞の踊団扇の雨一字/小西石蕗

雨乞や島の媼の荒踊り/平良和子

雲雀飛てやき踊けり小摺鉢/沾葉

面白やと神も御声や伊勢踊/一鳥

予定表欄外に書く盆踊/楢原清子

交替に姉の出てゆく盆踊/湯川雅

養父入に戻りて京の踊かな/許六

奥信濃鎌の古間の盆踊/西本一都

鹿踊諸流の中の春日流/高澤良一

山国の銀座小暗き盆踊/宮坂静生

踊巧者踊見巧者風の盆/高澤良一

俳句例:41句目~

踊子や貌月になり闇になり/鳳朗

爪先で進み退く阿波踊/山口誓子

盆踊汗水節といふ曲も/沢木欣一

踊娘ら襷の結び目を肩に/森田峠

踊見る人のうしろや秋の闇/定雅

踊場や六尺高き音頭台/野村泊月

阿波踊道が浮々浮々と/松本弘孝

踊納の月に鳴る宗祗水/黒田杏子

漂着の平家供養の盆踊/山口誓子

歎き唄郡上踊を挟む軒/石川桂郎

謝肉祭水売女踊り出す/有馬朗人

観自在王院踊の灯を連ね/辻桃子

狛犬に犬を預けて盆踊/平上昌子

声きけば古き男や音頭取/炭太祇

潮騒の中にて踊笠かぶる/松本旭

姉妹の踊を戻る先後哉/石井露月

山国の夜は更け易し踊唄/北川草

踊笠その紅紐を印象に/高濱年尾

念仏と薄と踊る一遍と/高澤良一

細腰の法師すゞろに踊かな/蕪村

俳句例:61句目~

七夕の踊りになるや市の跡/涼莵

手に袖にはね題目の踊かな/斗文

四五人に月落かかる踊かな/蕪村

盆踊清少納言小町の国/西本一都

盆踊終り櫓に灯を残す/池田秀水

龕燈や郡上踊へ橋渡す/石川桂郎

磧にも鴨川踊待つ人等/橋本青楊

乳乞ひも交る裸の日野踊/鴨/水

看病の娘出しやる踊かな/泉鏡花

白繭にこもる踊の酣は/宮坂静生

寺々の鐘や踊の花に風/立花北枝

赤々と酒酔星や盆踊/肥田埜勝美

ひたと犬の鳴町過て踊かな/蕪村

むら雨の未だ干ぬ町に踊哉/田福

近道は墓地の脇道盆踊/高澤良一

幕間に織子の踊村芝居/有本銘仙

放下踊紋服に唄司る/中戸川朝人

木曾節の正調踊る谿の風/伊藤敬子

踊浴衣は白波模様裾は紺/香西照雄

踊果て遡り来る小声かな/四ッ谷龍

俳句例:81句目~

朝夕に見る子見たがる踊かな/りん

一夜づゝ闇になり行く踊かな/李収

鬼灯の籠さげ朝の踊子や/佐野美智

ふるさとの川の匂へる盆踊/瀧積子

をみならにいまの時過ぐ盆踊/澄雄

踊果つ町筋篝なほ染めて/高澤良一

月赤し雨乞踊見に行かん/正岡子規

足なへの伊那の娘の踊かな/森田峠

巡業の行く先々の盆踊/寿々木米若

大闇に退きし本堂踊たつ/皆吉爽雨

京の雨鴨川踊見るとせん/兼松蘇南

葭切に水打ち誘ふよ踊歌/香西照雄

踊唄終に果てたる風の町/高澤良一

海鳴の思はぬ近さ盆踊/石田阿畏子

店先によべの踊子たたずめる/敏郎

新地駅浪速踊りの案内板/辻田克巳

踊る泡山椒の産む声す/加藤知世子

療苑の盆踊赤ふんだんに/右城暮石

小娘の生先しるしかけ踊/榎本其角

山国の聞けば淋しき踊唄/稲畑汀子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ