季語/残暑(ざんしょ)を使った俳句

「残暑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「残暑」について

【表記】残暑

【読み方】ざんしょ

【ローマ字読み】zansho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・残る暑さ(のこるあつさ:nokoruatsusa)

・秋暑(しゅうしょ:shusho)

・秋暑し(あきあつし:akiatsushi)

・餞暑(せんしょ:sensho)

季節による分類

・「さ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

残暑を含む俳句例

菜畠に残る暑さや瓜の苗/許六

荻の葉にひら~残る暑哉/一茶

胸中に文意煙れる残暑光/龍太

秋暑し榎枯れたる一里塚/茅舎

北上の秋暑に乾く磧石/能村研三

簾外の萩秋暑く雨の蠅/西島麦南

厠なる念佛尊く秋暑し/佐藤春夫

秋暑や蠅取紙を新しく/野村喜舟

島秋暑庇潮さぶ帝の井/加藤耕子

川床の蓼に雨ふる秋暑かな/舟月

濁り合ふ長江浦江秋暑し/杉本寛

草籠に秋暑の花の濃紫/飯田蛇笏

秋暑し鹿の匂ひの石畳/木村蕪城

紫陽花に双肩押され残暑行/原裕

濁流に機雷漂ひ秋暑し/佐藤春夫

秋暑し鏡少なき工学部/市川結子

秋暑し脚に縺るゝ磧蠅/石塚友二

秋暑き衣手面を押拭ふ/尾崎紅葉

残暑尚続く一日の俳句会/上村占

秋暑し湖の汀に牧の鶏/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

山の端に残る暑さや大文字/宋屋

裸見せぬ秋暑毛深の幼児ら/林翔

御所沼に蓮の艶蕾秋暑し/手塚美佐

快気祝着きし後の訃秋暑し/杉本寛

肌寒も残る暑さも身一つ/高浜虚子

戻らねばならぬ大阪秋暑し/保田晃

夕日さす漬物樽や秋暑し/内田百間

秋暑く道に落せる聴診器/高橋馬相

端近く蜂のぶらつく残暑かな/青畝

秋暑し非常階段檻に似て/横山白虹

藁帽の縁ぼろ~に秋暑し/寺田寅彦

大阪の宿や秋暑の街の音/細川加賀

松風の価をねぎる残暑哉/正岡子規

秋暑し金剛神の土踏まず/鶴田こと

秋暑く人住み壊つ異人館/小林康治

菜大根に二百十日の残暑かな/李由

旧城下秋暑の蚕糞莚かな/西本一都

河骨の黄のすがれしも残暑かな/敦

秋暑し癒えなんとして胃の病/漱石

昼門を鎖す残暑の裸かな/正岡子規

俳句例:41句目~

吊革に手首まで入れ秋暑し/神蔵器

残暑光薬をこぼす胸の上/尾崎光尋

咲きのぼる秋暑の胡麻に烏蝶/麦南

市人に窓の高さや秋暑き/島田青峰

草の萩置くや残暑の土ほこり/北枝

秋暑し暑しと心鎮めけり/稲畑汀子

秋暑し庭から運ぶ数の膳/大谷句佛

下帯のあたりに残る暑さかな/李由

寺町の土塀石垣残暑かな/小杉余子

五穀断つ意思の唇秋暑し/古橋成光

朝よりの日の漸くに秋暑し/原石鼎

梢まで来て居る秋の暑さかな/支考

秋暑しふふみし水の鐵臭し/上村占

黍刈るや高原の土秋暑し/西島麦南

代役の祝辞棒読み秋暑し/川村紫陽

遊牧の民来て祈る秋暑寺/佐川広治

跡とめて残る暑さや仕廻風呂/西勝

其の上の生姜畑の芝秋暑/高澤良一

舞ひ狂ひ青筋揚羽秋暑し/佐藤春夫

山下りて残暑の町の小買物/上村占

俳句例:61句目~

腹中に残る暑さや二万巻/子規句集

藪畑愚かにもとめ秋暑し/石川桂郎

梟首を見たる絵本や秋暑し/野村喜舟

夜も残暑海の風這ふ映写幕/河野南畦

残暑しばし手毎料れ瓜茄子/松尾芭蕉

残暑なほ捺印かはす甲と乙/那須淳男

残暑の雲浚渫船に人見えず/原子公平

残暑倦む人や柳の川わたり/浜田酒堂

大練塀どこまで続く秋暑し/森清千代

大阪の水の上なる残暑かな/小川軽舟

残暑光我は舎利もて荘厳す/斎藤空華

太注連の下に入りたる残暑かな/原裕

母のため秋暑の石を一つ積む/樋笠文

母の帯見ての涙に残暑かな/松瀬青々

浅草の蕎麦もどぜうも残暑かな/蓬郎

秋暑し開けばまたも殉教図/有馬朗人

妙齢の秋暑をいとふ師弟愛/飯田蛇笏

妻乗せて残暑の町を救急車/岩男微笑

燠の炎に梁くらき秋暑かな/石原舟月

牛渡す舟に乗合ふ残暑かな/高田蝶衣

俳句例:81句目~

目のふちの乾きて痒き残暑かな/占魚

目の玉にくつつく山河秋暑し/斎藤玄

着船を待つ救急車波止残暑/大橋敦子

秋暑し豹の斑の日に粘り/富澤赤黄男

したたかに働く臓器秋暑し/柳田昭子

秋暑う氷室の氷尽きにけり/篠崎霞山

小道具の蝋燭曲る残暑かな/片岡我当

秋暑き函館の町を歩きけり/寺田寅彦

秋暑き汽車に必死の子守歌/中村汀女

のどを焼く酒や残暑の港街/有馬朗人

秋暑き軍港の名の還るなり/石川桂郎

べた足の家鴨出歩き秋暑し/辻田克巳

秋暑くひとりの音す谷の家/飯田龍太

秋暑しにはとり交る人の前/大野林火

秋暑し友が来て仏壇に立つ/松村蒼石

秋暑し古書荒繩に縛さるる/木下夕爾

秋暑し古称は胡桃が下稲荷/高澤良一

秋暑し姉妹ガム噛み尖り顎/香西照雄

秋暑し廃車ころがる河川敷/杉山青風

工房の土の乾きし残暑かな/屋舗信子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ