季語/虻(あぶ)を使った俳句

「虻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「虻」について

【表記】虻

【読み方】あぶ

【ローマ字読み】abu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・姫虻(ひめあぶ:himeabu)

・花虻(はなあぶ:hanaabu)

・青虻(あおあぶ:aoabu)

・黄虻(きあぶ:kiabu)

・青目虻(あおめあぶ:aomeabu)

・塩屋虻(しおやあぶ:shioyaabu)

・後架虻(こうかあぶ:kokaabu)

・牛虻(うしあぶ:ushiabu)

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

虻を含む俳句例

菊の虻花の桟敷を渉り/上野泰

草枕虻を押へて寝覚けり/路通

花に遊ぶ虻な喰ひそ友雀/芭蕉

手澤本綴絲弛む虻日和/内田百間

善光寺雲上殿の迷ひ虻/宮坂静生

花に虻教師の愛は均等に/樋笠文

大虻や椿の蕊に泰然と/野村喜舟

棚経や闖入の虻大自在/矢島渚男

山虻の眼に透る茨かな/室生犀星

海棠や虻の瞼の重き時/浜田酒堂

山虻の眼の透る茨かな/室生犀星

鶏の何きゝ耳や虻の昼/西山泊雲

山の虻一点を打つ露の中/上村占

花一つ一つ虻もつ葵哉/正岡子規

雲起る石の間やうなり虻/上村占

顔洗ふ虻の寐覚や花の露/滝川愚仏

相撲取の腹に着きけり虻の声/木導

お花畑雨も疾走虻も疾走/高澤良一

斯う斯うと虻の案内や不二詣/一茶

花にあそぶ虻なくらひそ友雀/芭蕉

俳句例:21句目~

母牛と仔牛一体虻払ふ/橋本美代子

雷のごと大虻の過ぎにけり/上野泰

永き日や太鼓のうらの虻の音/浪化

大仏の鼻の穴より虻一つ/正岡子規

身体健康心健康石蕗に虻/星野立子

夫の菊虻来蝶来て猫跳んで/及川貞

藤の虻一つ一つが戦士とも/森田峠

昼花火虻が花粉に眼を汚し/上村占

虻一つ金光を點ず庭真晝/内藤吐天

落椿這ひづる虻や夕日影/鈴木花蓑

家中を経巡る孫は春の虻/高澤良一

虻の影障子にとまる小春かな/也有

落ちさまに虻を伏せたる椿哉/漱石

村に牛一頭虻が人につく/西村公鳳

菊日和虻の饗宴蜂の饗宴/高浜虚子

よしの出て虻のはなれぬ袂哉/宋屋

虻のねて音なき杏月夜かな/中勘助

桃の虻皆光り飛び茶褐色/鈴木花蓑

庇より高くは飛ばず菊の虻/上野泰

御詠歌を誦す花虻や宙天に/辻桃子

俳句例:41句目~

空中に虻とどまれり恋人来/小澤實

菊の虻暫く我に飛び澄めり/上野泰

何となく虻は清潔姿よし/京極杞陽

虻が来て老兵が来て墓笑ふ/熊谷愛子

虻うなる破船廃舸の蔭日向/成田千空

新しき家はや虻の八つ当り/鷹羽狩行

方向をくるりと転じ虻の尻/高澤良一

藤浪や虻の群りすさまじく/野村喜舟

物うさの筆たど~し虻の声/島田青峰

臼ふみの足豆けづる虻日和/吉田冬葉

春の空いきなり虻の流れけり/大串章

春雨や浪あげて居る虻が島/前田普羅

時に風時に虻来て揺るゝ藤/坊城中子

田舎にて老母も虻も茶褐色/永田耕衣

本願寺詣でに虻が紛れ込む/佐藤信子

菊の虻蕊を抱へて廻りけり/鈴木花蓑

梅の蕊虻が足踏みして移る/佐藤華秋

秋の虻コツンと肩に島日和/中村明子

カラ~の野糞日向や虻唸る/内田百間

螢袋はっと大きな虻を吐く/大橋敦子

俳句例:61句目~

蜂の巣に虻のとびよる落葉かな/九湖

虻蜂蚊彼岸櫻に聚まれる/佐々木六戈

花虻の尻の無防備めでたけれ/野本京

八瀬の草大原の草虻多し/岡本癖三酔

天蓋のしだれ桜や虻びより/角川春樹

花虻に抜け穴のある寺土塀/伊藤白潮

前生といふ言葉ふと虻の顔/川崎展宏

虻一匹迷い込みたる音薄暑/高澤良一

虻はまだ蠅はまだなる厩出し/森田峠

花虻や追憶ばかり相続す/山田みづえ

霧を来し虻浄らなりお花畑/加藤草杖

虻一つ翔てば総だち花八手/斎藤雨意

耳に蹤く虻はらふ手に翅触りぬ/篠原

一身に虻引受けて樹下の牛/右城暮石

虻一つ紫苑離れし高さかな/清崎敏郎

綿埃つけて虻去る窓うらゝ/高田蝶衣

馬虻の氷室口までつき来り/臼田亞浪

虻はまだ蝿はまだなり厩出し/森田峠

虻飛んで栗の花散る小道哉/寺田寅彦

死者の家昨日の小菊に昨日の虻/林翔

俳句例:81句目~

虻の王黒天鵞絨を纏ふたり/富安風生

荒壁に虻狂ひをる西日かな/富田木歩

浮く虻や鞴の舌の不浄鳴り/内田百間

虻の子黒天鵞縅を纏うたり/富安風生

牡丹の虻に習ひて小さき虫/後藤夜半

大根のやたらと辛し虻の昼/石川桂郎

霞む日や虻の眼底火の如し/内藤吐天

廣庭に虻が陰食ふ日向かな/内田百間

牡丹より牡丹へ虻の花狂ひ/辻田克巳

眉よせて虻打ち払ふ袂かな/野村泊月

花虻の音聞く限りきかん坊/高澤良一

虻の宙光背のごと翅のひびき/石川桂郎

いまもかの逍遥の歌花圃の虻/谷野予志

えごの花虻のお尻の大きこと/高澤良一

虻ゐねば蝿がゐるなり花八手/川村凡平

虻をのがれず復活祭の花抱え/平畑静塔

虻忙し世の中忙し葱坊主/山内/年日子

虻来りわが耳鳴りと闘へり/広谷一風亭

虻生れすなはち翅音立てにけり/安住敦

虻酔うて南瓜の花を出でにけり/小澤實

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ