季語/虻(あぶ)を使った俳句

俳句例:201句目~

甘茶仏濡れては虻をさそひけり/堀口星眠

石蕗蕾む虻の翅音にあやされて/高澤良一

菜の花に虻は呪文を切るごとし/高澤良一

杏花の虻微塵を落し居りにけり/野村喜舟

朝ひとゝき園には虻もよせしめず/上村占

梅の虻つめたき空に舞ひあがり/岸本尚毅

狢藻も降りと尾振れり虻の鳴く/内田百間

花虻の蜜つけて飛ぶ霽れ間かな/横光利一

満天星の花には止りづらき虻/木暮つとむ

換気扇虻突つ込んでゆきにけり/奥坂まや

虻が来て動かしてゐる花菜かな/細見綾子

押し黙り見居り花菜の虻の所作/高澤良一

牡丹蕊分け入りし虻ころげをり/矢島渚男

虻が飛ぶ虻飛ぶ虻の字の不思議/上杉順子

大虻に蹴られてちりぬ黄楊の花/小野蕪子

虻ついと宙の凹みに落ちにけり/小川軽舟

虻つれて水辺をまはる老婆の午後/桂信子

父癒えぬ日向いづこも虻散らし/野澤節子

虻とぶよ主義にならざる鼻唄に/寺山修司

大空に飛び据る虻の光りかな/楠目橙黄子

俳句例:221句目~

草ひけば目のそばへ来て虻のはね/上村占

虻と虻ここも組討げんげ揺れ/阿波野青畝

殺されに虻ましぐらに来る西日/村越化石

虻のゐて狭庭のどこか光りをる/内藤吐天

虻の下靴履く吾子の髪かがやき/石田波郷

大空にものうき虻の舞ひ隠る/阿波野青畝

石蕗に日の当るを待ちて虻来る/西井猶存

次から次虻来てつつじ旺んにす/高澤良一

雨に揺れ虻にゆれけりうつぼ草/堀口星眠

虻の目の巨きくわれをみつめをり/辻桃子

虻の眼の爛々として宙にあり/今井杏太郎

虻の輪の南瓜の花をはなれざる/本田閑秀

夕冷えに死ぬげんげんの眠り虻/太田鴻村

向日葵をめぐりて虻の止らず/深見けん二

句集もて虻と闘ふふしどかな/島村元句集

頬の虻歩みつ打てり書に帰らん/金子兜太

傘ほせばぽつんとつきし小虻かな/中勘助

肉牛といふ尾が一日虻を追ふ/加藤瑠璃子

栗駒を指す辺霞みぬ虻の声/阿部みどり女

馬が虻に乗つて出かける秋の山/室生犀星

俳句例:241句目~

虻を叩けば虻ゐなくなる寂し/佐々木六戈

一日よ虻とは知らず飛んでゐる/桑原三郎

虻一つぶつかり落ちし天幕かな/高濱年尾

山は草風寝さそふ程な虻日和/大須賀乙字

小春日や生毛まみれの虻とあり/野澤節子

宙の虻しづかに脚を擦りにけり/鈴木貞雄

虻一匹一唸りして消えにけり/稲畑廣太郎

べこ虻の炭酸ガス好き車中にゐる/高澤良一

くらがり峠音たてて虻ついてくる/江中真弓

綯ひ繩の毛焼き火パツと虻に照る/内田百間

虻叩き叩きつダンスパーティーを/折井眞琴

どこにでも虻来て涅槃騒がしき/佐々木六戈

一とわたり石蕗の虻にも目を移し/後藤夜半

夏雲のくづれわたれり虻ねむる/石橋辰之助

虻を手にうちころしをり没日の中/加藤楸邨

ぼうたんに風あり虻を寄らしめず/高浜虚子

もがきゐし虻飛び去りし落花かな/野村泊月

アネモネの花くつがへしをるは虻/高野素十

コスモスの虻花うつりばかりして/大橋敦子

ホバリングする虻に貌突き出して/高澤良一

俳句例:261句目~

葉ざくらや宙に翅澄む虻いくつ/篠田悌二郎

虻澄めり真日夏山をふかむとき/石橋辰之助

石蕗の虻つとたちふつと昃りぬ/成瀬正とし

虻生れて晴れて教師も昼餉待つ/中村草田男

雨後の木瓜虻を集めて鳴れりけり/永井龍男

石蕗に虻とまりて影のなかりけり/星野立子

年ゆくや出エジプト記に虻唸り/小檜山繁子

工場地帯へ虻が先ゆく運河わたる/古沢太穂

母の背に居る高さ虻の来る高さ/中村草田男

菊の飾窓虻摶つことをくりかへす/原田種茅

山藤のうすむらさきにじゃれる虻/高澤良一

山茶花を散らしに虻が来てゐたり/永井龍男

虻ひとつ蘂より落ちてひかりけり/角川春樹

虻よんで倦むこと知らず石蕗の花/山口誓子

虻よ虻世にうとましき名なりけり/正岡子規

胡麻の花に虻むらがりて農夫の死/細見綾子

虻をうち蜂とたゝかひ一日かな/吉岡禅寺洞

石蕗の花虻をはぢきてゐたりけり/大橋敦子

濯ぎもの干すやまつはる虻一つ/左右木圭子

茶の花にひそみて虻のあからさま/高浜年尾

俳句例:281句目~

這入りたる虻にふくるゝ花擬宝珠/高浜虚子

部屋に虻閉ぢ込められし気配かな/稲畑汀子

酒飲めば虻来て耳に鐘撞くや/菅原師竹句集

石蕗に虻来る日よ四辺澄みわたり/星野立子

釣鐘を蹴落さんと虻の飛びめぐる/正岡子規

こゑ断つて虻が牡丹にもぐり入る/橋本多佳子

とむらひ酒したたか酔ひて虻たたく/細見綾子

なかぞらに虻のかなしさ子の熟睡/橋本多佳子

はやくちことば余りこぼれる花の虻/山中葛子

まんさくのよぢるる花に虻生まる/八木林之介

牛の虻摶てば血を噴くをみなへし/篠田悌二郎

虻とんで小春くづるゝけしきなし/三好雷洋子

窓あけて虻を追ひ出す野のうねり/富澤赤黄男

死ぬや虻死ぬよろこびは仰向けに/河原枇杷男

虻愚か打たるるまではつきまとう/荒巻/大愚

虻一つ居て行き過ぎし茶店かな/長谷川零余子

おのれ揺り揺れておどろく菊の虻/篠田悌二郎

虻藤に入りてひがしもにしもなし/大木あまり

着茣蓙してまつわる虻をうとみをり/石田良作

馬虻はわりなき馬子を剌しにけり/阿波野青畝

タイトルとURLをコピーしました