季語/余寒(よかん)を使った俳句

「余寒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「余寒」について

【表記】余寒

【読み方】よかん

【ローマ字読み】yokan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・残る寒さ(のこるさむさ:nokorusamusa)

季節による分類

・「よ」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

余寒を含む俳句例

情なう蛤乾く余寒かな/太祇

橘の実は尚てりて余寒哉/賀瑞

底たゝく音や余寒の炭俵/召波

北山の余寒を見るや窓の内/泰星

関守の火鉢小さき余寒かな/蕪村

隅隅に残る寒さやうめの花/蕪村

人中も余寒はげしや日本橋/碧童

隈々に残る寒さやうめの花/蕪村

咲かゝる梅に余寒の日数かな/春爾

咳の夜の壁穿つ余寒かな/石塚友二

月の箔灯の箔散らし湖余寒/杉本零

鶯はきかぬ気でなく余寒かな/一茶

鶯の梅に下痢する余寒哉/正岡子規

残寒やこの俺がこの俺が癌/江国滋

奥山に大雪やある余寒かな/原石鼎

舌端に触れて余寒の林檎かな/草城

安直楼余寒車軸を流す雨/高澤良一

梟のこゑ裏返る余寒かな/吉田紫乃

飲み過た礼者の面へ余寒かな/召波

猪垣に余寒はげしや旅の空/炭太祇

俳句例:21句目~

余寒この海岸線の鳥宇宙/伊藤淳子

余寒なほ仏を拝む十指にも/牧辰夫

水掴む浚渫船の余寒かな/岡村一郎

十二神将一体修復中余寒/高澤良一

藪蔭に梅一輪の余寒かな/寺田寅彦

幾度も訃報を質す余寒かな/戸田進

僧正が谷をすべれば余寒なり/野童

出勤の一人一人の余寒顔/高澤良一

芸なしの余寒を裸踊かな/尾崎紅葉

思ひ出て薬湯たてる余寒かな/召波

水に落ちし椿の氷る余寒かな/几董

灰ふるふ手元の暗き余寒哉/小澤碧童

大伽藍出でて余寒を払ひけり/安原葉

残照の松原遠き余寒かな/金尾梅の門

湯帰の棒鱈さげし余寒見よ/尾崎紅葉

海風の煽る余寒と思ひ歩す/成嶋瓢雨

海苔掻女余寒の髪をもてあます/麦草

山吹に枯枝まじる余寒かな/室生犀星

山村の暮を鶏なく余寒かな/羅蘇山人

残寒の竹林に首さし入れて/高澤良一

俳句例:41句目~

みな底の余寒に跼み夕送る/宮武寒々

明快な日射の中にある余寒/保坂リエ

沖雲の全く閉ぢぬ余寒空/大須賀乙字

残寒の山辺なりけり鳶の笛/高澤良一

庭の雪落葉ににじむ余寒哉/瀧井孝作

彫飾の乱を鎮めし余寒かな/和田悟朗

暗がりの鰈に余寒の光かな/三宅蕭山

余寒晴卵を割つて濁りなし/青柳菁々

武蔵国のほいほい講の札余寒/辻桃子

余寒なる戒壇院址何の花弁/橋本榮治

水溜り一瞥呉れて過ぐ余寒/高澤良一

鎌倉を驚かしたる余寒かな/高浜虚子

鋼灼くにほひ余寒の鉄工所/松本照子

金星に余寒の力こもりをり/澤田緑生

飴玉を一人に一つ余寒の座/村越化石

青壁の天を支ふる余寒かな/平井照敏

雨降るや余寒びかりに竹の幹/有働亨

詩は怒余寒緑を冴えしめて/香西照雄

風はまだ梢に騒ぐ余寒かな/小澤碧童

薄雲の風に消えゆく余寒哉/小沢碧童

俳句例:61句目~

俎板に小鰭の光る余寒かな/今泉貞鳳

信濃川残る寒さを流しをり/坊城俊樹

押入に丈艸寝るも余寒かな/飯田蛇笏

青空の下の余寒でありにけり/星野椿

魚市に魚の少なき余寒かな/正岡子規

人間の宿泊禁ずと地下余寒/沢木欣一

莨一本蒼天の余寒来りけり/中島月笠

余寒なほ午前零時の腕時計/小川廣男

關の戸の火鉢ちひさき余寒かな/蕪村

乾鮭の余寒の頭残りけり/岡本癖三酔

鉈の刃の青く晴れゆく余寒かな/爽青

糖尿の宣告ありし余寒かな/石塚友二

白日の閑けさ覗く余寒かな/渡辺水巴

関の戸の火鉢ちひさき余寒かな/蕪村

身の重さ乗せて余寒の布紋る/樋笠文

水滴の天に余寒の穴ひとつ/上田五千石

洟すする音に驚く余寒かな/小松崎爽青

海青く~神戸の余寒かな/久保田万太郎

消え残る一畝の葱も余寒かな/大谷句佛

清水の坂なかばなる余寒かな/都筑智子

俳句例:81句目~

この風に残る寒さもあと幾日/高木晴子

火口湖の高浪をきく余寒かな/飯田蛇笏

しら梅に余寒の雲のかゝる也/高井几董

はしけやし余寒の雀糞しけり/林原耒井

熊の皮はたと爪ある余寒かな/坂根と志

猪食つて山中忘る余寒かな/秋元不死男

病室のとなり余寒の旅鞄/阿部みどり女

穴にのぞく余寒の蟹の爪赤し/子規句集

米搗の汗ふいて居る余寒かな/角田竹冷

蔵梯子残る寒さに軋みけり/大橋一久子

裏木戸の少しあきゐる余寒かな/岡庭正

誰か門覗きて去れり余寒なほ/相川南陽

よべの雨山に余寒を残しけり/高澤良一

返信の来る筈もなき余寒かな/山田弘子

鍼灸の背にけぶらす余寒かな/浅野総子

間石とご署名のある余寒かな/黒田杏子

頬を截る鏡の罅の余寒かな/小松崎爽青

風邪薬煮つまり匂ふ余寒かな/小澤碧童

驢馬の眼に反月滲む余寒かな/今井竜蝦

黄檗の伽藍をわたる余寒かな/大本美沙

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ