季語/鰆(さわら)を使った俳句

「鰆」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰆」について

【表記】鰆

【読み方】さわら

【ローマ字読み】sawara

子季語・関連季語・傍題・類語など

・馬鮫魚(さわら:sawara_)

・狭腰(さごし:sagoshi)

・いぬさわら(いぬさわら:inusawara)

・たいわんさわら(たいわんさわら:taiwansawara)

・鰆船(さわらぶね:sawarabune)

・鰆網(さわらあみ:sawaraami)

・沖鰆(おきさわら:okisawara)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

鰆を含む俳句例

潮境右し左し鰆舟/水見悠々子

春泥や屋の荷の鯛鰆/野村喜舟

鰆買ふ店の奥まで海明り/西宇内

一本の鰆提げ立つ鰯舟/後藤夜半

鰆網絞れば覆ふ群れ鴎/末永てる

斑紋に振り塩光る鰆かな/森英子

あまたある纜はみな鰆船/岸本尚毅

曳売の青き鰆も讃岐かな/二宮貢作

有明の月に出でゆく鰆船/森藤千鶴

髪握つて厨へ妻や鰆見に/富安風生

木簡にありし越中鰆かな/杉浦東雲

鰆舟薄墨に陸暮れゆけり/根岸善雄

鰆村いねて沖には鰆漁火/秋光泉児

割烹着まつさら鰆一尾かな/里見梢

船洗ふ真水のしぶき鰆東風/中拓夫

紀の海の鰆走りの波迅し/山川喜八

鰆網しぼりどよめく船に蝶/水野淡生

鰆舟瀬戸口を出て暮光負ふ/西村公鳳

一匹の鰆を以てもてなさん/高濱虚子

夕市の最中に着けり鰆船/大森三保子

俳句例:21句目~

村中に入りて納まる鰆東風/高澤良一

汐仏鰆走りをみそなはす/阿波野青畝

渦潮の鰆とる舟かしぎ舞ふ/山口草堂

白日のなかへ入りゆく鰆船/友岡子郷

阿波の門の坂なす潮鰆釣る/高瀬初乗

かたむきて走れるはみな鰆舟/串上青蓑

盛り上る鰆の潮に瀬戸明くる/河野美奇

帆をかけて走るはすべて鰆舟/小山白楢

大方は隠れ耶蘇なる鰆漁夫/小原菁々子

銅壷屋の頑固で通す鰆東風/遠藤寛太郎

瀬戸内の空青ければ鰆打つ/磯貝碧蹄館

病人へ鰆をほぐしゐたりけり/嶋田麻紀

しろがねの水尾弓なりに鰆舟/部谷千代子

落潮に艪は漕ぎたわむ鰆ぶね/佐野まもる

出来過ぎの鰆てふ文字鮨を待つ/高澤良一

まかげせば鰆の海は渦ばかり/佐野まもる

渦潮の鰆とるふねかずしれず/佐野まもる

鰆船瀬戸落とし来て艪が揃ふ/米澤吾亦紅

鰆釣り紀州のはなはきれて見ゆ/小山白楢

身ばなれのよくて惜春の鰆とふ/能村登四郎

俳句例:41句目~

切りてなほ身の盛り上る鰆かな/竹本仁王山

鰆ぶねい照りかがよふ浪に見ゆ/佐野まもる

せめぎあふ瀬戸の汽笛や鰆東風/綿谷ただ志

今日の台詞くりかへし~鰆食ふ/長谷川かな女

鰆というをきつねがだましてやいている/阿部完市

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ