季語/春の野(はるのの)を使った俳句

「春の野」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の野」について

【表記】春の野

【読み方】はるのの

【ローマ字読み】harunono

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春野(はるの:haruno)

・弥生野(やよいの:yayoino)

・春郊(しゅんこう:shunko_)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の野を含む俳句例

九皐の鶴も馴れたる春野哉/玉子

春の野や水より続く里の数/家足

春の野も寂しや暮の馬一つ/由水

妻と伏す大干潮の春野かな/橋口等

吾も春の野に下り立てば紫に/立子

春の野に心ある人の素顔かな/園女

春の野を持上げて伯耆大山を/澄雄

母の忌の赤根を太く春野菜/下田稔

春の野や鶉の床の表がヘ/井原西鶴

春の野の高き彼方や道消ゆる/法師

春の野や何に人行き人帰る/正岡子規

春の野に窓開け放つ司祭館/根岸善雄

五合庵天にも春野にも近し/落合水尾

春野行く少女の気分ありて行く/篠原

春野面見れば虫さへ幼しや/三橋敏雄

汐満ちて止る流れや暮の春/野村喜舟

工場出てすぐに春の野昼休/小山幻堂

汝が泥の尻を打擲して春野/三橋敏雄

春の野に蹲踞てゐるわかなつむ/鬼貫

筆立の孔雀の羽根や老が春/野村喜舟

俳句例:21句目~

籠行燈さげて庭ゆく宵の春/野村泊月

春の野は気が広うなる初めかな/杉風

賀茂川の水の心のどこか春/野本永久

春の野へ胸開きたる鳩時計/東一碧紅

転任や春野に川を一つ越す/落合水尾

いま春の野へ放ちたき心かな/稲畑汀子

餅酒に慍じて春の野づらかな/加舎白雄

春野見よ縁より引きて海の線/桂樟蹊子

合唱の咲かせて春の野の景色/石塚友二

音高き春の野水に歩をとゞめ/高浜虚子

春の野の思い溜りに嵌り行く/永田耕衣

振りあぐる鍬のひかりや春の野ら/杉風

春の野を従へて立ち去りにけり/上野泰

春の野に古石垣のずれにけり/野村喜舟

春の野や仕合せさうな人集ひ/坊城中子

春の野や遊び疲れし影法師/市ヶ谷洋子

御代の春野川も海にそゝぐ也/角田竹冷

印泥を練り上げてをり竹の春/野中亮介

弥生野に裾消え天に富士浮ぶ/福田蓼汀

春の野や匂ひ出でたる宵の月/庄司瓦全

俳句例:41句目~

春の野ののつかつてをる籬かな/上野泰

春の野をよぎりて運ぶ産湯桶/野中亮介

ふり上ぐる鍬の光や春の野ら/杉山杉風/

女つれて春の野ありき日は暮ぬ/子規句集

春の野に出でて摘むてふ言葉あり/比奈夫

春の野に樽から足を伸ばしけり/永末恵子

春の野に機関銃など磨いてる/岸本マチ子

春の野に犬とさうして小供かな/上野雲外

春の野にこもりて物の鳴く音哉/石井露月

春の野の子の日に出たり六歌仙/子規句集

春の野や手籠にしむる日の匂/岡部名保子

五線紙に言葉をつづる春野かな/二村典子

春の野へ出る水筒を探しをり/青葉三角草

猪八戒寝てしまひける春野かな/阿片瓢郎

春野菜糶落されてみづみづし/鈴木真砂女

樋繕ひの水溢れをる春野かな/大須賀乙字

空気となつて球追ふ子等よ春の野に/林翔

紡績工女葬るにあひぬ春の野に/細谷源二

背の子の起きて軽さや春野行く/田中王城

芹よもぎ飢餓の春野もつみきれず/中勘助

俳句例:61句目~

赤幣をかざせば春野濃かりけり/細見綾子

電灯をあるだけ灯す春野来て/柴崎左田男

春の野の水とろとろと沼に入る/今井杏太郎

春の野の影でこぼこと二人かな/藤井寿江子

春の野の狂れなば如何に父如何に/永田耕衣

我も夢か巨勢の春野に腹這へば/河原枇杷男

放射路のゆくてゆくてにある春野/福田蓼汀

自転車の灯の行く春野暮れきらず/右城暮石

傾いてゐるところより春野かな/藤本美和子

たけなはの雪となりける春野かな/山内将史

春の野に妻と居ることふしぎなり/今井杏太郎

春の野やいづれの草にかぶれけむ/野澤羽紅女

春野行いて住みたき里に憩ひけり/東洋城千句

春野ふむや珠履にもつるる日遅々たり/飯田蛇笏

我を越えてはるか春野を指し居る人/中村草田男

髪虱ひねる戸口も春野哉/一茶/文化元年甲子

こうも視力が弱くなつたか早春の野に出てみる/吉岡禅寺洞

春の野に夕日傾き野火止の流れはあかくきらめき続く/原田清

約束も言葉もいらぬ春の野にくちなはは無韻によぢれ合ひつつ/青井史

吾子つれて人はたのしむ春の野にわれはもひとり草つみて居ぬ/九条武子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ