季語/海髪(うご)を使った俳句

「海髪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「海髪」について

【表記】海髪

【読み方】うご

【ローマ字読み】ugo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・おご(おご:ogo)

・江籬(おごのり:ogonori)

・うごのり(うごのり:ugonori)

・なごや(なごや:nagoya)

季節による分類

・「う」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

海髪を含む俳句例

海髪掻に岩襖たり親不知/下田稔

浪がしらより海髪つかみ碇鋼/竹中宏

婚永し幾夜重ねて海髪を選る/守屋明俊

島渡船切符売女が海髪を撰る/榊原池風

拾ひ来て海髪より造る美顔水/高澤良一

海髪なびく鬼界ヶ島の難破船/品川鈴子

海髪干して島の生活のほそ~と/泊喜雨

海髪抱くその貝殻も数知れず/中村汀女

一皿に海髪のあふるる夕日かな/柚木紀子

海髪採りの老の股間のしづかなる/原田喬

海髪生きて海の底にも岩とがる/森川暁水

渚まで海髪干す島やきりぎりす/加藤草杖

燈合は夕づき海髪のひしめける/下村槐太

退き汐や採りためし海髪岩窪に/岩原玖々

とよもして海蝕の洞海髪を吐く/山崎冨美子

与謝の海恋ひくれば海髪流れ寄る/目迫秩父

女の童海髪よるのみの日を送る/加藤かけい

海髪を干し岸を貧しくして去れり/大野林火

海髪乱れ海がうがうの音をやめず/森川暁水

海髪干され田鳧あそべる日に乾く/中田樵杖

俳句例:21句目~

箸すべる海髪や霧笛の遠吠ゆる/三村太虚洞

負ひ帰る海髪の滴り濡れついで/橋本多佳子

雨けぶる音戸は海髪を刈つてをり/萩原麦草

人寄せの何かといへば海髪を練る/北見さとる

海髪生きて海がうがうの音をやめず/森川暁水

雲降りて海髪のただよひただならず/森川暁水

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ