季語/秋めく(あきめく)を使った俳句

「秋めく」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋めく」について

【表記】秋めく

【読み方】あきめく

【ローマ字読み】akimeku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋づく(あきづく:akizuku)

・秋じむ(あきじむ:akijimu)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

秋めくを含む俳句例

秋めくや土牢脇の竹箒/高澤良一

高原の秋めく日ざし小雷/星野立子

秋めくと思ふ貝煮る音の中/岡本眸

炎天のすでに秋めく己が影/高橋悦男

百八つの篝火累ね秋めきぬ/田口一穂

真鶴の岬も秋めく鵜の聲は/河野南畦

遠雷のひと夜秋めく崖の音/古沢太穂

箒木に秋めく霧の一夜かな/西島麦南

秋づくと昆虫の翅想はるる/石田波郷

秋めくや人の袂にとまる蝶/吉田洋一

秋めきて白桃を喰ふ横臥せに/森澄雄

宿坊の大きな門の秋めきし/赤木範子

秋めくと朝ごと言へり垣隣り/及川貞

秋めくと猫に眉毛を描く女/飯田綾子

秋兆す星がしのびて夜の嶺/河野南畦

秋めける灯に蟹赤き屋台店/山形勝峰

秋めくや厨の小鉢触るる音/今泉貞鳳

秋めくや縁に出て書く農日記/上村占

秋めくや素肌の単衣朝薄し/石塚友二

秋めくや男水仕と言ひ捨てむ/齋藤玄

俳句例:21句目~

秋めくや巣箱を歩く鳥の音/横山利子

秋めくや大葦切の聲の外/佐々木六戈

湖畔より掛る電話の秋めける/星野椿

けつまづくピエロ秋めく裏通り/笹岡峠

バス停の墓苑案内秋めきぬ/佐々木平一

高原はすでに秋めく花と人/青柳志解樹

鰭ふつて秋めく錦魚人をみる/飯田蛇笏

坂の町秋づくことの早からむ/細見綾子

大阪に曳き来し影も秋めきぬ/加藤楸邨

秋めくや日の中を風通り過ぐ/芹沢雪江

天草の沖や秋めく波がしら/今井杏太郎

山中の秋めくものに枕かな/大木あまり

庭石に日がなある陽も秋めける/上村占

映画散じ一樹秋めく月の広場/野沢節子

秋づくと上野の山を歩きけり/高澤良一

秋めきし闇のやさしく流れをり/松澤昭

秋めきて雀のこゑの細みかな/高澤良一

秋めくとすぐ咲く花に山の風/飯田龍太

秋めくと箒担いで売りに来る/石川文子

誰よりも早く秋めく心かな/波多野爽波

俳句例:41句目~

秋めくや焼鳥を食ふひとの恋/石田波郷

秋めくや肌白かりし母のこと/飯田龍太

秋めくや貝ばかりなる土産店/久米正雄

秋めくや鬼界ケ島を去らぬ雲/福永耕二

秋めくや鮑のわたの暗みどり/高橋睦郎

秋めくを指差し飴を貰ひけり/吉田素糸

秋めける風音にして梅を干す/古沢太穂

翻りやすきものより秋めける/竹中弘明

街角の秋めく風につまづきぬ/福海一幹

蹠を拭くや秋めくラムプの下/加藤楸邨

顔見せるだけの消息秋めきぬ/稲畑汀子

高原の秋めくものに飛燕かな/高濱年尾

昼ともすレストラン秋めく翳/柴田白葉女

秋めくや一つ出てゐる貸ボート/高橋悦男

秋めくと日影ふまるる八重山路/飯田蛇笏

秋めくと下駄履き出づる駒場駅/石田波郷

日射し落ちそめて秋めく潮かな/田坂紫苑

葡萄熟れ月夜遽かに秋めきぬ/神尾久美子

桐の葉のすれあふ音の秋めきし/吉田ひで

栃の葉の裂けて秋めき亘りけり/石塚友二

俳句例:61句目~

秋めくと重ねてひとに物問へり/大手順子

霧笛鳴りやまず仮泊の秋めきて/石原舟月

冷房を今日は秋めくものとしぬ/後藤夜半

秋めくや白き炎となる海猫の群/中村圭作

黒鯛や浜名湖のやゝ秋きざす/百合山羽公

人づてもなきくれぐれの秋めきて/室生犀星

秋めくやブックエンドの人魚さへ/川口重美

秋めくや花圃のもの皆杖欲しげ/篠塚しげる

生ままくの子を恋うまみも秋めきぬ/三谷昭

秋めくや売り急ぐものを並べけり/神谷節子

日のさしてをりて秋めく庭の草/深見けん二

秋めくやとんぼうよぎる書庫の間/室生犀星

天守見て雲見て秋めくことを言ふ/石川文子

夜を更かしゐることのふと秋めきぬ/山川能舞

汐の香も秋めくや日傘たゝみけり/長谷川春草

膝の上に秋めく影のうつりけり/長谷川かな女

吹きぬけて秋めく風に訃のハガキ/柴田白葉女

書肆の灯にそゞろ読む書も秋めけり/杉田久女

何を掌握たしかに日々の秋めきけん/磯貝碧蹄館

電球のぬくもり恋ひつつをれば秋めきぬ/角川源義

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ