季語/菊膾(きくなます)を使った俳句

「菊膾」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菊膾」について

【表記】菊膾

【読み方】きくなます

【ローマ字読み】kikunamasu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

菊膾を含む俳句例

菊膾還暦が座の最年少/川村紫陽

花の色残りて薫る菊膾/高木一水

晩年のはや箸捌き菊膾/高澤良一

内々の話にも触れ菊膾/高澤良一

菊膾腥物でなかりけり/野村喜舟

命日を髪結あそび菊膾/後藤綾子

献立のメモに加へる菊膾/川口洋

夢の世を霊柩車すぎ菊膾/穴井太

菊膾月の光の味したり/長谷川櫂

山の家の板敷広し菊膾/田中冬二

新内の泣き節語り菊膾/沢木欣一

新婚の二客迎へる菊膾/塩川祐子

簡単に出来て一皿菊膾/松本すみ子

一灯を継ぎて久しや菊膾/小林康治

菊膾老の尼ゼがこま~と/野村喜舟

障子して夜川音なし菊膾/石田波郷

八十の母が来て居り菊膾/向笠和子

前山の影のかぶさる菊膾/宮坂静生

即位礼心待ちしぬ菊膾/阿波野青畝

友情や舌に溶けゆく菊膾/栗生純夫

俳句例:21句目~

名の月のをはり吉野の菊膾/森澄雄

吾をまだ叱る母あり菊膾/石川文子

濁りすぐうち消す川や菊膾/上村占

鬼殻の髯の触るゝよ菊膾/林原耒井

菊膾津軽の海の冥きかな/佐川広治

饗宴の灯にとぶ虫や菊膾/飯田蛇笏

宿とれば旅の心に菊膾/青葉三角草

白もよし黄色もよし菊膾/山口青邨

酒注げば朗々と鳴る菊膾/高澤良一

菊膾電燈いまも暗かりき/長谷川櫂

山中に竹しなふ音菊膾/大木あまり

水音があれば母ゐて菊膾/古市絵未

忌を修す一時帰国や菊膾/河添妙子

菊膾三年さきの顔如何に/藤田湘子

はれ~と今日の紋付菊膾/木下洛水

菊膾菊大胆にほぐされて/小林正恵

牛飼と酌む菊膾房のまま/太田土男

うけこたへ簡にして優菊膾/西村和子

かにかくに明治は恋し菊膾/富安風生

二の膳も秀衡塗や菊なます/原子岱子

俳句例:41句目~

一ときの華やぎとせむ菊膾/村越化石

唇のつめたさうれし菊膾/松根東洋城

寺障子うす日さし来て菊膾/藤原照子

年ごとに李杜の身近く菊膾/橋田憲明

昼酒に少し酔ひたる菊膾/本間/尚子

杭打ちは男がすなる菊膾/神尾久美子

烟るごと老い給ふ母菊膾/山田みづえ

父を語り了へて箸とる菊膾/中村若沙

花びらの口にひろがる菊膾/須川洋子

玄関に帽子をあづけ菊膾/藤田あけ烏

祝宴のまづほろにがき菊膾/中嶋秀子

空は散るものに満ちたり菊膾/斎藤玄

紅のさす花びらもあり菊膾/竹内千花

草の戸の酢徳利ふるや菊膾/黒柳召波

菊膾のこる余生をどう使ふ/高澤良一

菊膾昼のあかりを点しけり/川崎展宏

菊膾淡き一夜の人なりし/佐藤惣之助

菊膾高処の村の音きこゆ/大峯あきら

菊膾湧井に沈みゐし彩ぞ/中戸川朝人

食積にみちのくぶりの菊膾/高本時子

俳句例:61句目~

菊なます風邪の夕餉を床のうヘ/及川貞

父に子のやさしき夜なり菊膾/細川恵子

菊膾さびしがりやの父であり/角川春樹

東京をふるさととして菊膾/鈴木真砂女

思い出てふ厄介なもの菊膾/栗林ひろゑ

菊膾喉もと過ぎてかをりけり/山口草堂

菊膾掌でうけて見る味加減/神田九思男

菊膾白磁の酒盃澄みにけり/甲斐すず江

少しばかり酒たしなむや菊膾/村上鬼城

菊膾波ゆつくりとひろがり来/斎藤梅子

坐してゐて遠きが見ゆる菊膾/河合照子

不眠の眸据ゑて色香も菊膾/稲垣きくの

云はるるまゝ膝を崩して菊膾/高澤良一

羽黒山より闇おりて来し菊膾/蟇目良雨

遠く焚く火の澄んでゐる菊膾/児玉輝代

聞き置くと云ふ言葉あり菊膾/中村汀女

晝のきぬぎぬ菊膾食ひちらし/塚本邦雄

ただ二字で呼ぶ妻のあり菊膾/亭畑静塔

星屑の冷めたさに似て菊膾/大木あまり

菊なます眉を逃げゆく山の音/巌谷小波

俳句例:81句目~

菊なます肺の一薬抜かれけり/巌谷小波

菊なます色をまじへて美しく/高濱年尾

菊なます鍋島は藍佳かりけり/草間時彦

二の箸の句にあそぶらし菊膾/赤松けい子

ふたあつはさびしき数や菊膾/鳥居美智子

ひとの嘘よく見ゆる日や菊膾/本庄登志彦

菊膾酔へば死の語をもてあそぶ/細川加賀

忌の過ぎて越後の国の菊なます/角川照子

菊なます愛憎つねに表裏なす/稲垣きくの

とぶとりの明日香にほへる菊膾/今瀬剛一

来し方はふりかへらざれ菊膾/鈴木真砂女

砂地だつたり岩場だつたり菊膾/田中裕明

だれよりも祖母似と言はれ菊膾/小林篤子

菊なます子に気を遣ふ母となり/片山由美子

酔へばふつと先師あらはる菊膾/つじ加代子

しのばねばならぬことなし菊膾/鈴木真砂女

しづかなる酒徒をもてをり菊膾/米田双葉子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ