季語/芭蕉(ばしょう)を使った俳句

「芭蕉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芭蕉」について

【表記】芭蕉

【読み方】ばしょう

【ローマ字読み】basho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芭蕉葉(ばしょうば:bashoba)

・芭蕉林(ばしょうりん:bashorin)

・はせを(はせを:haseo)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

芭蕉を含む俳句例

芭蕉林小さき芭蕉草の中/青邨

月代や芭蕉林に砧打つ/沢木欣一

芭蕉林童子出没してありぬ/喜舟

芭蕉林雨夜ながらの月明り/鬼城

芭蕉葉の蔭に車座亀甲墓/堀古蝶

芭蕉葉の裏に表に蝸牛/京極杞陽

ばせを葉や打かへし行月の影/乙州

隣からともしの映る芭蕉かな/子規

水光る刻過ぎ易し芭蕉林/矢野葉子

芭蕉葉の寒しと答ふ声もなし/角上

舷のごとくに濡れし芭蕉かな/茅舎

豚の仔の遊んでゐるや芭蕉林/篠原

芭蕉葉は何になれとや秋の風/路通

芭蕉林ゆけば機音ありにけり/篠原

芭蕉林風に驚き易くあり/山田弘子

染かねて我と引裂く芭蕉かな/蓼太

晴天に広葉をあほつ芭蕉かな/久女

芭蕉葉を尺取むしの歩みかな/末路

芭蕉葉の夕べ色濃し白縮/笠原すま子

ばせをはに雀も角をかくしけり/其角

俳句例:21句目~

芭蕉葉の大かつぎ出づ秋の昼/上村占

中空を芭蕉葉飛べる野分中/川端茅舎

只芭蕉葉の声をきく星月夜/石井露月

大寺や霜除けしつる芭蕉林/村上鬼城

婆肩に一枚の芭蕉葉と藍を/下村槐太

門内の虚空を煽る芭蕉かな/西山泊雲

芭蕉林波紋をかもす鼈あり/飯田蛇笏

裏路の雑草の中の芭蕉かな/滝井孝作

芭蕉葉の旗指物の如く立つ/清水礼子

一心にでで虫進む芭蕉かな/川端茅舎

芭蕉葉を柱に懸けん庵の月/松尾芭蕉

舟となり帆となり風の芭蕉かな/一晶

芭蕉葉にはつきり一つ蝸牛/京極杞陽

月光の露打のべし芭蕉かな/川端茅舎

芭蕉葉に心危く幾日ある/千代田葛彦

芭蕉葉や風なき内の朝涼み/中村史邦

攝待の釜設けたる芭蕉かな/山田三子

いみじくも湧ける水かな芭蕉林/森田峠

一本の芭蕉葉夜をうごくかな/小池文子

煽られたつ螢や風の芭蕉林/千代田葛彦

俳句例:41句目~

秋扇を芭蕉葉蔭にかざしつつ/中村汀女

窓に人ちょんと描きて芭蕉林/高澤良一

芭蕉林めぐり岐れの秋の水/鈴鹿野風呂

芭蕉林ゆき太陽を忘れけり/野見山朱鳥

芭蕉林枯れその中の径見ゆ/藤森きし女

月出でていよ~暗し芭蕉林/大久保橙青

芭蕉葉にかくれて涼し夏の月/松藤夏山

芭蕉葉に月光滝となりて落つ/岡田日郎

芭蕉葉に蝸牛を置くや老詩客/佐藤春夫

のぼりきて全き月の芭蕉かな/木下夕爾

茶屋坊主身は芭蕉葉や雨の夜半/調賦子

葉のいが芭蕉葉裏の我家かな/滝井孝作

郷に来て再び芭蕉林にあり/赤星水竹居

一枚の広葉全き芭蕉かな/阿部みどり女

冷房の窓に触れをる芭蕉かな/東原芦風

四方の葉八方の葉の芭蕉かな/尾崎迷堂

方丈の掃除きびしき芭蕉かな/野村喜舟

旭当りて雫しそめし芭蕉かな/野村泊月

月明り月暗がりの芭蕉かな/竹田ひさの

籾殻の塚より生えて芭蕉かな/野村泊月

俳句例:61句目~

賄の車来てゐる芭蕉かな/久保田万太郎

足あらふ来客をみる芭蕉かな/飯田蛇笏

風の来て未だ昂らぬ芭蕉かな/中根美保

みよしのゝ秋風うつす芭蕉かな/藤野古白

芭蕉葉の縁が焦げたる残暑かな/西山泊雲

さらさらと白雲わたる芭蕉かな/正岡子規

木枯やすかと芭蕉葉切りすてん/渡辺水巴

走りたる露に裂かれし芭蕉かな/岸風三樓

伐り倒し水ほとばしる芭蕉かな/沢木欣一

芭蕉葉の雨音の又かはりけり/松本たかし

芭蕉葉をくゞりて芭蕉へ歩むかな/原月舟

芭蕉葉や池にひたせる狩ごろも/飯田蛇笏

大寺の施餓鬼過ぎたる芭蕉かな/子規句集

屋根葺のごみ掃き落す芭蕉かな/正岡子規

退院の日を惜しむ窓の芭蕉かな/吉田冬葉

大芭蕉葉のあを~と極暑かな/高橋淡路女

あさあさと空の波うつ芭蕉かな/山西雅子

芭蕉葉に二重写しの守宮かな/阿波野青畝

芭蕉葉にぷすと針金突き刺さり/岸本尚毅

ひろびろと露曼陀羅の芭蕉かな/川端茅舎

俳句例:81句目~

月蝕の海となりゆく芭蕉かな/鈴木しげを

芭蕉葉になほ残る色や脈を走る/高濱年尾

磴のぼる人に見え来し芭蕉かな/尾崎迷堂

丸き窓にともし火うつる芭蕉かな/高浜虚子

今日の月の出どころ仰ぐ芭蕉かな/岡本松浜

初秋の蚊帳を打つかに芭蕉かな/大谷碧雲居

くらうして廂うらなる芭蕉かな/楠目橙黄子

看護婦の一人髪結ふ芭蕉かな/久保田万太郎

芭蕉葉にちりたまりたる枯葉かな/西山泊雲

月を見る面かくしぬ芭蕉葉に/長谷川かな女

珠数かけて芭蕉葉をしく病尼かな/飯田蛇笏

雲あしの迅きをうれふ芭蕉かな/成瀬桜桃子

芭蕉うつ風があくびを奪ひ去る/水原秋櫻子

芭蕉葉の吹かれくつがへらんとせし/清崎敏郎

鷹の目や芭蕉葉に夜はまだをさなし/桜井博道

たてがみのごとく吹かるる芭蕉かな/下村梅子

窓あいて灯をこぼしゐる芭蕉かな/松根東洋城

生まれし子いまはじめての芭蕉かな/田中裕明

芭蕉葉やまぶしくも日のありどころ/高橋淡路女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ