季語/秋の日(あきのひ)を使った俳句

「秋の日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の日」について

【表記】秋の日

【読み方】あきのひ

【ローマ字読み】akinohi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋日(あきび:akibi)

・秋日影(あきひかげ:akihikage)

・秋日向(あきひなた:akihinata)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の日を含む俳句例

常の日の遠き体操秋日影/龍男

魚塚も包丁塚も秋日濃く/原裕

秋の日猫渡り居る谷の橋/原石鼎

眉焦がす秋日鴎の浮き沈み/原裕

秋の日や釣りする人の罔両/雲水

秋の日やちら~動く水の上/荷兮

秋の日の次第に低し藪の中/素十

秋日さす淡白の岩谿うづむ/篠原

秋の日の始めを明き松ふぐり/玄

秋の日のずんずと暮て花芒/成美

父こひし草山秋の日を湛へ/鷹女

是よりして秋の日弱る芒哉/成美

稲刈りて小草に秋の日の富る/蕪村

広縁や秋日に透ける猫の耳/上村占

秋の日を気長に咲くや仙翁花/七雨

秋の日や野に深みをる影法師/窓秋

秋の日や萱に道ある山畑/尾崎迷堂

墓踏むは愛か秋日を敬として/林翔

秋の日や猫渡りゐる谷の橋/原石鼎

掃落し窓より秋日秋の風/後藤夜半

俳句例:21句目~

秋の日や体内の水透けてきて/照敏

秋日皓々風化の岩を耕土とし/林翔

川の色俄に変り秋日落つ/小林耕生

秋の日の笛吹川も一見す/高野素十

秋の日の白壁に沿ひ影とゆく/林火

子規堂の子規の三畳秋日さす/暮石

満願の秋日厳し乳子通る/和田悟朗

秋日濃し縁側散歩されし縁/上野泰

金の箔おくごと秋日笹むらに/占魚

金的に秋の日弱き遠矢哉/会津八一

赤松の秋の日暮の真宗寺/高澤良一

帰り来し命美し秋日の中/細見綾子

仙石線待ちて秋日の箒売/横山房子

赤松の山の秋の日四十雀/岡井省二

梢なる秋日も志都能石屋かも/林翔

秋日閑雀下りたる朽葉いろ/瀧春一

光頭の兜太十雨に秋日燦/國島十雨

秋日濃し燈台守の事務机/棚山波朗

秋日負ひ唐寺の朱門目頭に/石塚友二

山脈に窪あり秋日包まんと/佐藤鬼房

俳句例:41句目~

秋日踏む菩提寺磴の梅落葉/西島麦南

馬籠とは秋日の坂に牛の糞/藤岡筑邨

紫禁城秋日乳房のごと落つる/皆吉司

美しき秋日の村に寺の磴/大岳水一路

聖壇に一筋冷ゆる秋日あり/小林碧郎

肌襦袢秋日にしろき三十代/中山純子

船先を白鷺渉る秋日かな/大場白水郎

艀の犬秋日が赤き陸を吠ゆ/右城暮石

色の浜家々秋日わかち住む/高木晴子

父の山母の山あり秋日濃く/福田蓼汀

落葉松の林を透きて白き秋日/瀧春一

廃墟中瓦礫の抱く秋日影/深見けん二

蜆蝶秋日の土に落ちつかず/右城暮石

慌しく大漁過ぎし秋日かな/前田普羅

はや秋日はや秋風の遮れず/後藤夜半

高原の秋日に主婦の馴染顔/飯田蛇笏

瓢として尊き秋日一つかな/飯田蛇笏

折角の秋日薄れし子規墓前/高木晴子

鬼瓦出羽の秋日を捉へけり/石川文子

麦の秋日に三便の定期バス/山田和子

俳句例:61句目~

新しき秩序秋日を照り返す/日野草城

新築の隅まで秋日畑見え/柴田白葉女

旅の日の秋日を金に雄物川/細見綾子

うまし国の秋の日暮の棒置場/原田喬

にこらいの会堂に秋の日赫たり/子規

方形に秋の日容るる石ノ庭/高澤良一

暫くは秋日濃くともこの縁に/星野椿

朝過ぎゆく小さき時計秋日の中/綾子

二三本山吹咲ける秋日かな/下村槐太

白豚や秋日に透いて耳血色/杉田久女

旧約の秋の日のあり漁師町/平井照敏

伏籠の軍鶏寂然と秋日虧く/飯田蛇笏

伶人に秋日のもとの雁来紅/石原舟月

楡ふかく秋の日にぬれ山蛤/石原舟月

秋の日に鏡廻して梳る/阿部みどり女

秋の日に露命を影す道辺草/飯田蛇笏

秋の日の日覆につよし浜庇/飯村閑古

友引や死んで休める秋日傭/安東次男

秋の日の生干に寒し土人形/尾崎紅葉

秋の日の貌のごとくに石畳/吉田鴻司

俳句例:81句目~

秋の日の鏡にさせば夕化粧/後藤夜半

秋の日や不二の嶺変の朝朗/上島鬼貫

向日葵の秋日の蕊となりにけり/麦南

秋の日や啼いて眠りし枝蛙/渡邊水巴

旅人に秋日のつよし東大寺/飯田蛇笏

国興り国亡びたる秋日かな/高野素十

氷海に秋日踊らす白夜行/殿村莵絲子

秋の日や竹の実垂るる垣の外/龍之介

秋の日を幹重なりて遮りぬ/高浜虚子

沓掛や秋日にのびる馬の顔/室生犀生

墳の中滅法赤き秋日さす/佐野まもる

秋日の鶏己が白さに瞼閉づ/羽部洞然

稲刈れば小草に秋の日のあたる/蕪村

大鐘の下に童遊ぶ秋日かな/宮武寒々

大阪のある道の果秋日落つ/高濱年尾

秋日受く額うっすら膩じみ/高澤良一

天檀の扉の一枚に秋日炎ゆ/横山房子

秋日失せ易きを教ふ杣人は/西村和子

秋日沁む埠頭に晒す糞尿車/小林康治

秋日澄み巌群奇しき影みだる/瀧春一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ