季語/良夜(りょうや)を使った俳句

「良夜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「良夜」について

【表記】良夜

【読み方】りょうや

【ローマ字読み】ryoya_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・良宵(りょうしょう:ryosho_)

・佳宵(かしょう:kasho)

季節による分類

・「り」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

良夜を含む俳句例

熔岩山に梟鳴ける良夜哉/篠原

名月にゑのころ捨る下部哉/蕪村

月天心貧しき町を通りけり/蕪村

君堂の灯暗き良夜かな/野村泊月

山賤に良夜の野菊真平ら/清原枴童

秤屋の信心ゆらぐ良夜かな/仁平勝

鯉幟飜るべき良夜なり/相生垣瓜人

中中にひとりあればぞ月を友/蕪村

良夜坐すわが生涯の古机/宇山雁茸

床の間に置きて良夜の旅鞄/轡田進

学園に裏山のある良夜かな/上野燎

玄関に蟇の来てゐし良夜かな/原裕

音楽が体を流れおり良夜/細井啓司

釘隠良夜の釘を隠しをり/真鍋呉夫

山の蟇二つ露の眼良夜かな/森澄雄

墓良夜金剛不壊の文字泛ぶ/有働亨

水道の雫切る音良夜なり/高澤良一

身の闇の頭巾も通る月見かな/蕪村

行合の川波曇る良夜かな/石塚友二

良夜なり心の力もて眠る/岡井省二

俳句例:21句目~

茫々と薄雲寒き良夜かな/増田龍雨

上陸の良夜の影を古仁屋港/松山足羽

丘に出て牛の反芻良夜かな/太田土男

師に蹤きて跨ぐ良夜の潦/猿橋統流子

庭石を二つ渡りし良夜なる/高澤良一

人貌のしろく良夜の舟通る/石原舟月

水口に田の神在す良夜かな/藤原款冬

村中は大戸開きしまま良夜/茂里正治

我庭の良夜の薄湧く如し/松本たかし

兵馬俑軍団動き出す良夜/文挟夫佐恵

縁先にパナマ編みゐる良夜かな/篠原

猿放つ相談成りし良夜かな/永井龍男

少年の脚隠し睡る良夜かな/赤尾兜子

放生の池に鯉浮く良夜かな/松崎純生

渚なる白浪見えて良夜かな/高浜虚子

天寿とは無限と思う良夜かな/宮脇龍

大木の四五本を過ぐ良夜なり/森澄雄

家々に良夜迎へる窓のあり/高澤良一

立枯るる樅の白さの良夜かな/有働亨

小流れに鍋釜洗ふ良夜かな/田中冬二

俳句例:41句目~

小煙突吐く煙ため良夜なり/中山純子

楽屋への階段急に良夜かな/宮武寒々

良夜かな盥に紺の衣漬けて/塚本邦雄

良夜かな金平糖を十粒ほど/木下野生

良夜待つ襖の鶴の八十姿態/荒井正隆

薄紙を以て水拭く良夜かな/桑原三郎

薬師寺の良夜仏の下にあり/田中冬二

蝿一つ良夜の硯舐ぶり居り/川端茅舎

身弱の影歴と良夜や立尿る/楠本憲吉

郵便の船の横たふ良夜かな/平松良子

金銀の鯉と遊べる良夜かな/茂里正治

産院へ向かふ良夜の救急車/中村和子

生涯にかかる良夜の幾度か/福田蓼汀

水槽を平目の走る良夜かな/黒田杏子

いで入りの蹠の白き良夜かな/長谷川双

良夜のまだうらわかき鞄かな/攝津幸彦

船底に水たまりたる良夜かな/辻美奈子

うら口に舟繋ぎある良夜かな/原田青児

舟虫の出でて遊べる良夜かな/高橋重男

山々のみな丹波なる良夜かな/大野林火

俳句例:61句目~

くらがりに筧の音す良夜かな/西山泊雲

致死量のことば頂く良夜かな/櫂未知子

湯の町の辻に猫ゐる良夜かな/山本洋子

この良夜わがたち去りし後の縁/原石鼎

絵の如き日本の国に居る良夜/京極杞陽

簑虫のそぞろ歩きの良夜かな/行方克巳

筆硯に多少のちりも良夜かな/飯田蛇笏

ちらばれる良夜の雲や日本海/伊藤柏翠

窯中にわが白磁成る良夜かな/県多須良

池に引きし水の音のみ良夜かな/及川貞

稲原に良夜の濤はきくべかり/石田波郷

なほ沖へ舟を進むる良夜かな/柏井古村

神佛のまづ暮れ給ふ良夜かな/西川織子

石臼を牛舐めてゐる良夜かな/澤本三乗

山門に霧ほうほうと良夜かな/近藤一鴻

石段を犬のぼりくる良夜かな/野村泊月

皓々と見慣れし石の良夜なり/甲賀山村

甲板に遍路が二人良夜かな/玉置ときわ

町裏に堤すぐある良夜かな/八木林之介

琉球の壺と睦める良夜かな/山田みづえ

俳句例:81句目~

妻眠り胎の子めざめゐる良夜/小川軽舟

灯を消して弾き弾く影よ子の良夜/林翔

子が膝に黙つて坐る良夜かな/毛塚静枝

子の木馬良夜の庭に濡れてをり/大塚麓

子を送る良夜の辻を曲るまで/飯田豊子

子守歌ながす良夜の愛の鐘/古賀まり子

別々の径を良夜の客として/秋山ひろし

宮島に土産物買ふ良夜かな/冨田みのる

反撃のごとき暑さの良夜まで/関森勝夫

椎茸の耳立てゝゐる良夜かな/渡辺桂子

新幹線一を引くなる良夜かな/岩崎照子

小流れに釜洗ひゐる良夜かな/田中冬二

噴煙の立ちはだかれる良夜かな/森重昭

小火跡の良夜の空家匂ひいづ/福海一幹

戻りきて机に向かふ良夜かな/黒田杏子

仏足のくるぶし厚き良夜かな/後藤綾子

坐皺ついてしまひし良夜かな/能村研三

北國のどこか小暗き良夜かな/伊藤柏翠

歩きつつ身の軽くなる良夜かな/石嶌岳

良夜とて傀儡師の妻呵と笑ふ/小原洋一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ